日ごろ見たアニメやTV番組の感想など趣味をことを書き綴ったブログです
★新作商品紹介★


★ース騎のハセガワ版がバンダイ版に遅れること3か月後にリリース。バンダイ版とは違いファイター固定。バンダイ版は変形付きのものは立たせにくいという欠点があるのでハセガワ版を購入しようかな?★ ★VF-31Jハヤテ機のスーパーパック装備型が9月に登場。スーパーパック単体も同時リリース★ ★3D格闘ゲーのパイオニア「バーチャファイター」の晶がfigmaに登場。カクカクポリゴンの1仕様で立体化。サラも同時期に発売予定。(晶同様1仕様)ゲーム自体はガードボタンが別個に存在しているため、「鉄拳」よりも遊び辛かったな・・・★ ★第1部を元に実写化されているが、登場人物が全員日本人したりと出来は実写版進撃ばりの酷評を受けてしまった。★

【送料無料】仮面ライダーアギト Blu-ray BOX 1 【Blu-ray】
価格:16893円(税込、送料無料) (2016/9/4時点)



★元祖ワイルド系でギルスのご先祖・アマゾンがBDでリリース。必殺技が手刀で血が噴き出す描写はインパクト大。映像特典としてアマゾン役の岡崎徹とマサヒコ役の松田洋治の新規インタビュー収録。★ ★平成ライダー第二弾のアギトがBDに登場。平成の中では思い入れのある作品の一つで、合成まみれの戦闘シーンは好かんが、ドラマは良かったなぁ★ ★ワルキューレの2ndアルバムが秋にリリース。やはり美雲は小清水さんも歌えたのに他人のJUNNAに歌パートをやらせたのはおかしい。★ ★「レイアース」の主人公の一人・光がfigmaに登場。顔は原作ベースで作中でも印象深い猫耳用前髪パーツ付属。風ちゃん、海ちゃんも企画中★
★さらに新作★




★ギャバンの必殺武器・レーザーブレードが大人のトイとして登場。OPにBGMが流れ、大葉健二のセリフも聞けるがこの玩具用に新録。 ★マクロスΔのメインヒロイン・フレイアがデフォルトのステージ衣装で立体化。パーツの差し替えで「ルンピカ状態」も再現。★ ★原作版をイメージしたセーラームーンのフィギュアーツがリリース。第3部ver.で立体化するが、TVアニメ版とは異なり表情パーツが付かない。★ ★あの変態仮面実写版の第2弾が登場。世界中からパンティが消えるという事件に変態仮面が挑むが・・・鈴木亮平の肉体美、変態仮面の変態技が再びみられる。★

アイアムアヒーロー DVD通常版 [ 大泉洋 ]
価格:3160円(税込、送料無料) (2016/9/5時点)


機動戦士ガンダム THE ORIGIN 4【Blu-ray】 [ 矢立肇 ]
価格:5508円(税込、送料無料) (2016/9/5時点)


S.H.フィギュアーツ デビルマン D.C.[バンダイ]《01月予約》
価格:6550円(税込、送料別) (2016/9/7時点)


牙狼<GARO> Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ 小西大樹 ]
価格:28350円(税込、送料無料) (2016/9/7時点)


★同時期公開になったテラフォ実写版の惨さの陰に隠れていたものの、実はかなり好評だった「アイアム ア ヒーロー」がDVD・BDに登場。発売日は11月2日で通常版と豪華版の2種類リリース。ダメ男な主人公がゾンビ病が蔓延する世界で唯一の特技である射撃のスキルを活かしてサバイバルすることに・・という内容。原作は小学館漫画賞受賞作。★ ★シャアとセイラの過去を描いたORIGIN4部作の最終巻はシャアとララァの出会いを描く。主題歌は森口博子が担当するとのこと。来年からルウム編も制作予定とか。★ ★ありそうでなかったデビルマンがTVアニメ版で立体化。付属の鉄骨パーツでED「今日もどこかでデビルマン」の1シーンを再現可能★ ★昨年で10周年を迎えた牙狼の1期がBD化。TV版25話+未放送エピソード、TVSP「白夜の魔獣(DC版)」を収録。新規オーディオコメントなどの特典もあり。★
OVAも実質前後編構成だったイゼルローン攻略編。新も前後編構成に。

・冒頭は
物資の調達をキャゼルヌに依頼するヤンってシーンから。
OVA冒頭は第13艦隊結成式のシーンの後、キャゼルヌに「勝てるのか?」と聞かれて・・・というシーンになっていたのだが。
ユリアン君のことを心配する描写も新で追加されてる。

・第13艦隊の幕僚を
第13艦隊の幕僚を決めることになったヤン。OVAでは描かれなかったが、新では道原版同様人選について描かれている。
副司令には元第4艦隊幕僚のフィッシャーを、参謀長には独創性には欠けるが緻密な立案を得意とするムライを、副参謀としてパトリチェフを指名することに。

・ムライの容姿
OVA版は寺田農をモデルにしていたと言うが、藤崎版同様メガネ有、髭有の容姿に。
声についていは新ヤマトで真田志郎を演じた大塚芳忠さんなのは妥当(OVAのムライの声は故・青野武でヤマト(オリジナル)で真田志郎役だった)なのだがOVAの方が容姿がいい。

・フレデリカ
新ではシェリル=遠藤綾さんに変更。
ハマーン様=榊原良子さんのOVA版の方が落ち着いていたし、容姿も大人びていた。

・ビュコック
OVAでは「キューティーハニー」(73年版とUniverse)で団兵衛を演じた富田耕生さんが演じていたが、新では全然知らない人がしている。

・ローゼンリッターの噂
OVAがローゼンリッターの噂を口にするのはムライだが、新ではフレデリカに言わせてる。
歴代の連隊長は12名。帝国との戦闘で戦死した者、将官になった後に退役した者より、帝国に逆亡命した者が多いのでシェーンコップが7人目の裏切り者になるのではと噂されてるというものだった。
原作小説の外伝では(もちろんOVA化もしている)逆亡命した元連隊長が登場する。

・シェーンコップとの出会い
OVAではキャゼルヌとの会話中、トリューニヒト派の軍人に絡まれた一般人をシェーンコップが助けたところを見たヤンがローゼンリッターをイゼルローン攻略作戦に使うことを決めたという描写が新ではヤン自らシェーンコップに会いに行くという描写に。

・シェーンコップの声
吹き替えメインの声優でマクロスのグローバル艦長を演じた羽佐間道夫さんがOVA版で担当しており、吹き替えメインの声優さんらしく渋さもあったが、羽佐間さんと比べると三木さんの声は若すぎる。(新での容姿も)

・リンツとブルームハルト
共にOVAでは若い容姿だったが、新でのリンツは無精髭を生やし、ブルームハルトは髭面に変更。
ちなみにOVAではリンツが小杉十郎太さん、ブルームハルトは難波圭一さんが担当

・作戦会議
OVAではビューベリオンのブリッジで作戦会議をするシーンになっていたが、新では第13艦隊のオフィスで・・という展開に

・イゼルローン要塞前に
大破寸前の帝国の巡洋艦がイゼルローン要塞に救援を求めてきた。
その艦長のラーケンは実は・・って所でおしまい。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:アニメ・感想 - ジャンル:アニメ・コミック

【2018/05/09 18:08】 | アニメ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック