日ごろ見たアニメやTV番組の感想など趣味をことを書き綴ったブログです
★新作商品紹介★


★ース騎のハセガワ版がバンダイ版に遅れること3か月後にリリース。バンダイ版とは違いファイター固定。バンダイ版は変形付きのものは立たせにくいという欠点があるのでハセガワ版を購入しようかな?★ ★VF-31Jハヤテ機のスーパーパック装備型が9月に登場。スーパーパック単体も同時リリース★ ★3D格闘ゲーのパイオニア「バーチャファイター」の晶がfigmaに登場。カクカクポリゴンの1仕様で立体化。サラも同時期に発売予定。(晶同様1仕様)ゲーム自体はガードボタンが別個に存在しているため、「鉄拳」よりも遊び辛かったな・・・★ ★第1部を元に実写化されているが、登場人物が全員日本人したりと出来は実写版進撃ばりの酷評を受けてしまった。★

【送料無料】仮面ライダーアギト Blu-ray BOX 1 【Blu-ray】
価格:16893円(税込、送料無料) (2016/9/4時点)



★元祖ワイルド系でギルスのご先祖・アマゾンがBDでリリース。必殺技が手刀で血が噴き出す描写はインパクト大。映像特典としてアマゾン役の岡崎徹とマサヒコ役の松田洋治の新規インタビュー収録。★ ★平成ライダー第二弾のアギトがBDに登場。平成の中では思い入れのある作品の一つで、合成まみれの戦闘シーンは好かんが、ドラマは良かったなぁ★ ★ワルキューレの2ndアルバムが秋にリリース。やはり美雲は小清水さんも歌えたのに他人のJUNNAに歌パートをやらせたのはおかしい。★ ★「レイアース」の主人公の一人・光がfigmaに登場。顔は原作ベースで作中でも印象深い猫耳用前髪パーツ付属。風ちゃん、海ちゃんも企画中★
★さらに新作★




★ギャバンの必殺武器・レーザーブレードが大人のトイとして登場。OPにBGMが流れ、大葉健二のセリフも聞けるがこの玩具用に新録。 ★マクロスΔのメインヒロイン・フレイアがデフォルトのステージ衣装で立体化。パーツの差し替えで「ルンピカ状態」も再現。★ ★原作版をイメージしたセーラームーンのフィギュアーツがリリース。第3部ver.で立体化するが、TVアニメ版とは異なり表情パーツが付かない。★ ★あの変態仮面実写版の第2弾が登場。世界中からパンティが消えるという事件に変態仮面が挑むが・・・鈴木亮平の肉体美、変態仮面の変態技が再びみられる。★

アイアムアヒーロー DVD通常版 [ 大泉洋 ]
価格:3160円(税込、送料無料) (2016/9/5時点)


機動戦士ガンダム THE ORIGIN 4【Blu-ray】 [ 矢立肇 ]
価格:5508円(税込、送料無料) (2016/9/5時点)


S.H.フィギュアーツ デビルマン D.C.[バンダイ]《01月予約》
価格:6550円(税込、送料別) (2016/9/7時点)


牙狼<GARO> Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ 小西大樹 ]
価格:28350円(税込、送料無料) (2016/9/7時点)


★同時期公開になったテラフォ実写版の惨さの陰に隠れていたものの、実はかなり好評だった「アイアム ア ヒーロー」がDVD・BDに登場。発売日は11月2日で通常版と豪華版の2種類リリース。ダメ男な主人公がゾンビ病が蔓延する世界で唯一の特技である射撃のスキルを活かしてサバイバルすることに・・という内容。原作は小学館漫画賞受賞作。★ ★シャアとセイラの過去を描いたORIGIN4部作の最終巻はシャアとララァの出会いを描く。主題歌は森口博子が担当するとのこと。来年からルウム編も制作予定とか。★ ★ありそうでなかったデビルマンがTVアニメ版で立体化。付属の鉄骨パーツでED「今日もどこかでデビルマン」の1シーンを再現可能★ ★昨年で10周年を迎えた牙狼の1期がBD化。TV版25話+未放送エピソード、TVSP「白夜の魔獣(DC版)」を収録。新規オーディオコメントなどの特典もあり。★
国を巻き込んだイベント「エリミネーション・チャンバーフェス」。だが・・・事実上無敵のアルタイルには力技では勝てない。20話ラストで颯太が立てた最後のアイディアが発動。その話が来た段階でメテオラと菊地原さんは承認力などの問題で「無理だ」といっていたが、颯太の出したアイディアは成功。中身はアルタイルの作者「シマザキセツナ」を実体化させてアルタイルを説得するというもの。アルタイルは「卑怯だ」と言ったが、松原さんは颯太から話を聞いた段階で「えげつない」とは言ってたもんな・・・

・イベントは成功し、被造物らは打ち上げも兼ねた食事会で集合。中身は元の世界に戻るかそうではないか。彼等は思い思いの時間を過ごすことに。弥勒寺と翔はバイクで八頭司を連れだす。八頭司は弥勒寺がフェス内でネタバレをしてしまったことで続きをどうしようかという愚痴を言うものの、最初の時よりは態度が軟化している
・瑠偉は中乃鐘・大西・まりねと共にアキバと思しいところへ。お土産としてギガスマキナのプラモデルを買っていた瑠偉。「モノマギア」の2期を作ってるという話をしていたところでまりねが「鹿屋君の水着姿が見たい(大意)」と腐女子トークを展開。中乃鐘にドン引きされてる・・・
・颯太はメテオラと共にセツナのお墓参りに。あの時セツナがなぜ実体化したのかという質問を颯太に聞くメテオラ。颯太は少しズルをしたというのだが、メテオラは真鍳の能力が働いていたことを見抜いてた模様。
・で・・・被造物が元いた世界に帰る時が来た。一同は作者に別れの言葉を告げて帰っていくのだが、メテオラだけは現実世界に残ることに。というのもゲートの魔法は外から閉める必要があるからというのと、メテオラ自身も純粋に「創作」に関心を持つようになったから。全員現実世界に帰るのかなと思ってたけどこれは意外。
菊地原さんも対策室が解散になるのでそれを機にお役所勤めを辞めて出版業界で働くことを一同にこの時に打ち明けます
・講学社のパーティーで高良田と松原は再会。高良田が書いた「緋色のアリステリア」が講学社漫画賞を受賞したので松原はそのお祝いに参加したという展開なんだけど「講学社漫画賞」って講談社漫画賞のパロだよなぁ「緋色のアリステリア」の掲載誌がサンデーのパロだったし
高良田は松原に機会があれば一緒に組みませんか?と誘い、アリステリアとの約束を果たしたいと松原に語るんだが、業界の話・作家の裏が見え隠れしてる
・颯太は改めて創作と向き合うことを決意。前にしていた投稿サイトで活動を再開。絵を描き上げて投稿中しようとしたら「フォーゲルシュバリエ」アニメ版2期のアナウンスを感慨深く見る颯太。そんな中メテオラから連絡が・・・今度応募する新人賞の投稿作品の題名をどうするかという相談。で、メテオラが出した答えは「Re:CREATORS」・・と言う展開でEND。

ニュータイプが放送前からプッシュしていたこと、「BLACK LAGOON」の広江礼威がキャラ原案ということで視聴していたが、最初は劇中作の設定を持ちだされても話には入って行けなかったものの、総集編である13話とニュータイプの特集でバックボーンがわかってからはすんなりと入ることが出来ました。

アニメ雑誌で一番取り上げてたのはニュータイプ、アニメディアで2回取り上げたが、アニメージュは一度も取り上げられなかったよなぁ・・
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

【2017/09/20 17:22】 | アニメ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック