日ごろ見たアニメやTV番組の感想など趣味をことを書き綴ったブログです
★新作商品紹介★


★ース騎のハセガワ版がバンダイ版に遅れること3か月後にリリース。バンダイ版とは違いファイター固定。バンダイ版は変形付きのものは立たせにくいという欠点があるのでハセガワ版を購入しようかな?★ ★VF-31Jハヤテ機のスーパーパック装備型が9月に登場。スーパーパック単体も同時リリース★ ★3D格闘ゲーのパイオニア「バーチャファイター」の晶がfigmaに登場。カクカクポリゴンの1仕様で立体化。サラも同時期に発売予定。(晶同様1仕様)ゲーム自体はガードボタンが別個に存在しているため、「鉄拳」よりも遊び辛かったな・・・★ ★第1部を元に実写化されているが、登場人物が全員日本人したりと出来は実写版進撃ばりの酷評を受けてしまった。★

【送料無料】仮面ライダーアギト Blu-ray BOX 1 【Blu-ray】
価格:16893円(税込、送料無料) (2016/9/4時点)



★元祖ワイルド系でギルスのご先祖・アマゾンがBDでリリース。必殺技が手刀で血が噴き出す描写はインパクト大。映像特典としてアマゾン役の岡崎徹とマサヒコ役の松田洋治の新規インタビュー収録。★ ★平成ライダー第二弾のアギトがBDに登場。平成の中では思い入れのある作品の一つで、合成まみれの戦闘シーンは好かんが、ドラマは良かったなぁ★ ★ワルキューレの2ndアルバムが秋にリリース。やはり美雲は小清水さんも歌えたのに他人のJUNNAに歌パートをやらせたのはおかしい。★ ★「レイアース」の主人公の一人・光がfigmaに登場。顔は原作ベースで作中でも印象深い猫耳用前髪パーツ付属。風ちゃん、海ちゃんも企画中★
★さらに新作★




★ギャバンの必殺武器・レーザーブレードが大人のトイとして登場。OPにBGMが流れ、大葉健二のセリフも聞けるがこの玩具用に新録。 ★マクロスΔのメインヒロイン・フレイアがデフォルトのステージ衣装で立体化。パーツの差し替えで「ルンピカ状態」も再現。★ ★原作版をイメージしたセーラームーンのフィギュアーツがリリース。第3部ver.で立体化するが、TVアニメ版とは異なり表情パーツが付かない。★ ★あの変態仮面実写版の第2弾が登場。世界中からパンティが消えるという事件に変態仮面が挑むが・・・鈴木亮平の肉体美、変態仮面の変態技が再びみられる。★

アイアムアヒーロー DVD通常版 [ 大泉洋 ]
価格:3160円(税込、送料無料) (2016/9/5時点)


機動戦士ガンダム THE ORIGIN 4【Blu-ray】 [ 矢立肇 ]
価格:5508円(税込、送料無料) (2016/9/5時点)


S.H.フィギュアーツ デビルマン D.C.[バンダイ]《01月予約》
価格:6550円(税込、送料別) (2016/9/7時点)


牙狼<GARO> Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ 小西大樹 ]
価格:28350円(税込、送料無料) (2016/9/7時点)


★同時期公開になったテラフォ実写版の惨さの陰に隠れていたものの、実はかなり好評だった「アイアム ア ヒーロー」がDVD・BDに登場。発売日は11月2日で通常版と豪華版の2種類リリース。ダメ男な主人公がゾンビ病が蔓延する世界で唯一の特技である射撃のスキルを活かしてサバイバルすることに・・という内容。原作は小学館漫画賞受賞作。★ ★シャアとセイラの過去を描いたORIGIN4部作の最終巻はシャアとララァの出会いを描く。主題歌は森口博子が担当するとのこと。来年からルウム編も制作予定とか。★ ★ありそうでなかったデビルマンがTVアニメ版で立体化。付属の鉄骨パーツでED「今日もどこかでデビルマン」の1シーンを再現可能★ ★昨年で10周年を迎えた牙狼の1期がBD化。TV版25話+未放送エピソード、TVSP「白夜の魔獣(DC版)」を収録。新規オーディオコメントなどの特典もあり。★
・OPが「sh0ut」に変更。OPフィルムにはアクションに不向きな女の子(ラブコメのヒロイン?)とバンダナをし、三節棍を持った青年が登場。後者は弥勒寺が言ってた「翔」か?(ED1で弥勒寺がガン飛ばしてたレイヤーと同じ格好をしてるので)
・アニメ会社、出版社、ゲーム会社を巻き込んでのプロジェクト立ち上げの日にプロジェクトを説明する菊地原。プロジェクトの締切が短いことで無茶だなどと声を上げるクリエイターさんらに対して「皆さんに「死ね」と言ってる」と一喝する菊地原。まとめる方も作る方も大変だ。
「Naked」で例のプロジェクトには「『精霊機想曲フォーゲルシュバリエ』の松原とまりね、制作スタジオの日本ホーネット。『追憶のアヴァルケン』のタイタンデジタルソフトの開発部。『無限神機モノマギア』の制作会社T.A.Cプロダクツと中乃鐘、『閉鎖区 underground -dark night-』の「月刊サプライズ」編集部、八頭司と制作スタジオのkalnacks。『緋色のアリステリア』の「月刊チューズデー」編集部。「code・Babylon」の「月刊BENPATSU」編集部。『夜窓鬼録』の「電光LN文庫」編集部。アルタイルの元ネタである『悠久大戦メガロスフィア』の製作元、believe・projectの開発部。そして企画製作のアニプレックス、SNS『ニコニコ動画』等の関係者が集まってる」と説明されてるがアニメでは尺の問題からかカット。
・クロスオーバーのアニメ制作の方は「モノマギア」の会社が関わることになるが、スタッフは人が足りないと指摘。人材の調達を菊地原が斡旋すると切り出すんだけど、アニメ業界の暗部みたいなもの(人が少ない)なんかが・・・
・まずは「フォーゲルシュバリエ」のスピンオフ短編を企画の第1弾とすることになり、あーでもないこーでもないと思案している一同。颯太はまりねに頼まれたものを持ってきたんだけど、画材などにまじってぬいぐるみが・・ぬいぐるみがなければ寝られないらしい。
「~Naked」では中乃鐘がシナリオライターの調達のため知り合いに何名か声をかけたと話すシーンがあるが、アニメではカット。
・イベント会場の下見をしてるセレジアら。被造物の面々は周辺の目撃情報を元に他の被造物探しに出かけることに。
・まりねは外伝の挿絵に取り掛かるのだが、駿河が素早く書いた「cord:Babylon」関連の絵を迷いなく書いた所を見て急に部屋から出ていった。颯太に思いをぶつけるんだけど、自分より絵がうまい人がいるとショックを受けるよな。自分も絵をたまに書いているが、自分より絵がうまい人を見てると劣等感を感じるってのはよくわかる。
・クロスオーバーのシナリオを練ってる所で中乃鐘が八頭司と喧嘩。仲裁するのは意外にも八頭司を苦手と言ってる松原。松原は八頭司に承認力を上げられるアイディアをメモにして渡すが一度捨てられた。けど後でメモに何かを書き足して、承認力を上げられるアイディアを松原に提出したけど、他のクリエイターが言うようにツンデレ?
・颯太は松原に自分もプロジェクトに参加させてほしいと志願。自分の過去と向き合う気持ちだ。「naked」ではアニメ本編12話のシマザキセツナの事を話すシーンがプロジェクト参加を決意したシーンで登場する。
「~naked」では「ウチはまた別。ややこしい責任なんて、別に感じる事もあれへんけどね。その子は気の毒やったけど、妬み嫉みに悪口陰口、色んなとこで言われながらみんな書いてるんやもの」
「ただね、ウチが思うのは、水篠くん。書き手が己のものも見せへんで僻みだけ見せとったら君、こら右に出るもんない位カッコ悪いで」
「そない当てつける様な言い方せんで、褒めるなら褒める、気に食わんなら八頭司はんみたいに、その子の書いてるもんが気に食わん、ウチは認めへん、云う言い方する方が、まだ通る筋や」
「そうタンカ切って、自分で見せたもんがしょぼいもんやったら、ヘタレの恥を自分で背負う訳やしねえ。それで初めて、面目立つんちゃいますの」と物書きとして筋を通せと駿河が颯太に意見するシーンがあるのだがなんでアニメではカットしたんだろう。
・情報を頼りに他の被造物を探しに行っていたセレジアと瑠偉は引っ込み思案の女の子と遭遇。瑠偉はすぐに被造物とわかったが・・って所で次へ
・EDフィルムはセレジアがちびキャラになって原画を書いているアニメーターさん、PCモニターを眺めてる等実写を合成したものに。


BD Re:CREATORS 2 完全生産限定版 (Blu-ray Disc)[アニプレックス]《07月予約※暫定》


CD 三月のパンタシア / ルビコン 通常盤 DVD付 (TVアニメ Re:CREATORS EDテーマ)[SME]《08月予約※暫定》
スポンサーサイト

【2017/07/15 12:10】 | アニメ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック