日ごろ見たアニメやTV番組の感想など趣味をことを書き綴ったブログです
★新作商品紹介★


★ース騎のハセガワ版がバンダイ版に遅れること3か月後にリリース。バンダイ版とは違いファイター固定。バンダイ版は変形付きのものは立たせにくいという欠点があるのでハセガワ版を購入しようかな?★ ★VF-31Jハヤテ機のスーパーパック装備型が9月に登場。スーパーパック単体も同時リリース★ ★3D格闘ゲーのパイオニア「バーチャファイター」の晶がfigmaに登場。カクカクポリゴンの1仕様で立体化。サラも同時期に発売予定。(晶同様1仕様)ゲーム自体はガードボタンが別個に存在しているため、「鉄拳」よりも遊び辛かったな・・・★ ★第1部を元に実写化されているが、登場人物が全員日本人したりと出来は実写版進撃ばりの酷評を受けてしまった。★

【送料無料】仮面ライダーアギト Blu-ray BOX 1 【Blu-ray】
価格:16893円(税込、送料無料) (2016/9/4時点)



★元祖ワイルド系でギルスのご先祖・アマゾンがBDでリリース。必殺技が手刀で血が噴き出す描写はインパクト大。映像特典としてアマゾン役の岡崎徹とマサヒコ役の松田洋治の新規インタビュー収録。★ ★平成ライダー第二弾のアギトがBDに登場。平成の中では思い入れのある作品の一つで、合成まみれの戦闘シーンは好かんが、ドラマは良かったなぁ★ ★ワルキューレの2ndアルバムが秋にリリース。やはり美雲は小清水さんも歌えたのに他人のJUNNAに歌パートをやらせたのはおかしい。★ ★「レイアース」の主人公の一人・光がfigmaに登場。顔は原作ベースで作中でも印象深い猫耳用前髪パーツ付属。風ちゃん、海ちゃんも企画中★
★さらに新作★




★ギャバンの必殺武器・レーザーブレードが大人のトイとして登場。OPにBGMが流れ、大葉健二のセリフも聞けるがこの玩具用に新録。 ★マクロスΔのメインヒロイン・フレイアがデフォルトのステージ衣装で立体化。パーツの差し替えで「ルンピカ状態」も再現。★ ★原作版をイメージしたセーラームーンのフィギュアーツがリリース。第3部ver.で立体化するが、TVアニメ版とは異なり表情パーツが付かない。★ ★あの変態仮面実写版の第2弾が登場。世界中からパンティが消えるという事件に変態仮面が挑むが・・・鈴木亮平の肉体美、変態仮面の変態技が再びみられる。★

アイアムアヒーロー DVD通常版 [ 大泉洋 ]
価格:3160円(税込、送料無料) (2016/9/5時点)


機動戦士ガンダム THE ORIGIN 4【Blu-ray】 [ 矢立肇 ]
価格:5508円(税込、送料無料) (2016/9/5時点)


S.H.フィギュアーツ デビルマン D.C.[バンダイ]《01月予約》
価格:6550円(税込、送料別) (2016/9/7時点)


牙狼<GARO> Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ 小西大樹 ]
価格:28350円(税込、送料無料) (2016/9/7時点)


★同時期公開になったテラフォ実写版の惨さの陰に隠れていたものの、実はかなり好評だった「アイアム ア ヒーロー」がDVD・BDに登場。発売日は11月2日で通常版と豪華版の2種類リリース。ダメ男な主人公がゾンビ病が蔓延する世界で唯一の特技である射撃のスキルを活かしてサバイバルすることに・・という内容。原作は小学館漫画賞受賞作。★ ★シャアとセイラの過去を描いたORIGIN4部作の最終巻はシャアとララァの出会いを描く。主題歌は森口博子が担当するとのこと。来年からルウム編も制作予定とか。★ ★ありそうでなかったデビルマンがTVアニメ版で立体化。付属の鉄骨パーツでED「今日もどこかでデビルマン」の1シーンを再現可能★ ★昨年で10周年を迎えた牙狼の1期がBD化。TV版25話+未放送エピソード、TVSP「白夜の魔獣(DC版)」を収録。新規オーディオコメントなどの特典もあり。★
本日NHKBSプレミアムで昨日放送になった「発表!あなたが選ぶアニメベスト100」を視聴。
ネットで行われた投票を元にベスト100を公表するというもの。
総合ランキングの他、年代別ランキング、公開アフレコもサブ要素として登場。
総合100位を俯瞰して見た結果、2000年代アニメが割と100位内に喰いこんでおり、100位内に入ってもおかしくない7~80年代の作品は圏外という結果に。これはアニソンのランキングでも言えた話ですが。
ガンダム関連としては・・初代はわかるんですけど、鉄血と種が100位内でZは100位圏外は納得できない。鉄血はビーム兵器を使わないため面白みに欠ける、三日月がアムロやカミーユ君らとは違って悩まず淡々としている所は好きじゃなかったし。種は平井久司のデザインセンスを疑ってたし。
1位はタイバニという結果に。作品自体は面白かったのですが総合1位取るような作品ではないような気がする。
結果

気になった作品の事をちょっとコメント
<年代別・80年代>
特に80年代は思い入れのあるアニメが多いんですが・・・
・機動戦士Zガンダム(80年代:10位/総合:108位)
歴代ガンダムでは初代に次ぐ人気を誇るZが80年代10位になったのはいいが、総合では108位と糞ガンや鉄血以下ってのはあり得ない。Zは中学生時代に視聴し、UCガンダム信者となったきっかけだが歴代2位の人気を誇るんだし、100位内に入ってもおかしくなかったのだが・・
・聖闘士星矢(80年代:13位/総合:123位)
元祖鎧ヒーローなんだし、これも100位内におかしくなかったのだが。
リアルタイムで見ていたものの、当時は好きではなかった。高校生の頃やっていた地上波再放送がきっかけで好きになったんですよね。地上波再放送がきっかけでDVDを購入したし。今でも原作単行本を読むと脳内妄想で古谷徹さんらの声が聞こえてきます。
・イデオン・発動編(80年代9位/総合105位)
「発動編」はTV総集編の「接触編」との同時公開で話題になったが、弟にせがまれてビデオを借りたが、冒頭の首チョンパシーンで吐き気を催し、終盤になると頭を蜂の巣にされて殺されるカララ、子供さえも無残に死んでいく展開はトラウマ化必至の作品と言っても過言ではない。
・逆シャア(80年代:17位)
これも繰り返し見た作品。ラスト近くでシャアが「ララァ・スンは私の母になってくれたかもしれなかった女性だ!」と発言するのだが、男の本質って結局マザコン?
逆にアムロの「貴様のように急ぎすぎもしなければ、人類に絶望しちゃいない」というセリフはシャアと違って長年の経験を経て男らしくなったと思う。
・AKIRA:弟が見ていたビデオをチラ見していたけど、クオリティが半端じゃない。
・銀英伝(80年代:1位/総合:13位)
80年代1位は納得いかない。原作小説は高校時代に3か月で読破したし、堀川亮さん扮するラインハルトははまっていたよねぇ

<総合>
・マクロスF(総合73位)
25周年記念作だが、実際は2008年に放送と奇妙な作品に。
3ⅮCGを使ったVFの戦闘シーンは良かったし、歌も良かったもんな。ランカの「星間飛行」は80年代アイドルの歌を彷彿させるよなぁ(作詞も松田聖子の歌に歌詞を提供した松本隆)
・進撃の巨人(総合28位)
原作はものすごく絵が下手。(話は気になるので原作はチェックしているし、アニメ版もちゃんと見た)類似作で絵が綺麗めのテラフォの方は原作集めてる。原作の方、外伝やテラフォのように他の方を作画に回せばよかったのにと思う。そのテラフォも進撃とは逆にアニメ版は最低だったが。
・少女革命ウテナ(総合30位)
川上とも子の出世作だが、川上さんが早死にされたのは残念でならない。奥井雅美が歌うOPは素晴らしいと思う。
・名探偵コナン(総合24位)
ただいま映画新作「から紅の恋文」がヒットしてますが、原作・アニメ共にいつになったら終わるんでしょうか?同時期にヒットした「金田一少年」は不定期連載に移行してるが
・機動戦士ガンダム(総合17位)
劇場版BDを購入しているほど作品自体は嫌いではないが、初代を神聖化する傾向は嫌い
・エヴァンゲリオン(総合14位)
これは「ダンクーガ」「エルガイム」同様に高校時代の思い出のアニメの一つ。
・ジョーカー・ゲーム(総合12位)
これが総合12位ってのは納得いかない。D機関の構成員は皆顔が似ているので名前を覚えられなかった。堀内賢雄さん扮する結城中佐の演技は良かった。原作小説を読んだおり、結城中佐の声だけ脳内で聞こえたもんな。
・タイバニ(総合1位)
これが総合1位ってのはおかしすぎるだろ!?作品自体は面白くて全部見たけど。
虎徹とバーナビーの凸凹コンビが真のコンビになっていく過程、ヒーローが抱える事情(ブルーローズ=カリーナは会社の意向で女王様キャラやってる事に疲れてる、折紙サイクロン=イワンの養成所時代の話とか・・)に終盤、虎徹が抱える事情(NEXT能力が減退してしまっていること、娘の楓がNEXTと判明し・・とか)がドラマに絡んでくるところは面白かったけど。


【新品】【ブルーレイ】機動戦士Zガンダム メモリアルボックス Part.I 富野由悠季(原作、総監督)
歴代ガンダムの中で一番好きな作品。ラストの展開は茫然としていた。


[Blu-ray] 銀河英雄伝説 Blu-ray Vol.1

藤崎 竜 銀河英雄伝説 第1巻【中古】afb
アニメ版、これ以前に発表された道原かつみ版と比べると帝国軍の制服がダサいうえに、キャラの容姿がラインハルトとヤン以外は「コレジャナイ」感が強すぎる。


【中古】TIGER&BUNNY 1 <初回限定版>/平田広明ブルーレイ/SF
ヒーローの造形に関してはヒーローもののオマージュ漫画を何本か書いてる桂正和さんの力が大きいと思う。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

【2017/05/04 20:14】 | テレビ番組
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック