日ごろ見たアニメやTV番組の感想など趣味をことを書き綴ったブログです
★新作商品紹介★


★ース騎のハセガワ版がバンダイ版に遅れること3か月後にリリース。バンダイ版とは違いファイター固定。バンダイ版は変形付きのものは立たせにくいという欠点があるのでハセガワ版を購入しようかな?★ ★VF-31Jハヤテ機のスーパーパック装備型が9月に登場。スーパーパック単体も同時リリース★ ★3D格闘ゲーのパイオニア「バーチャファイター」の晶がfigmaに登場。カクカクポリゴンの1仕様で立体化。サラも同時期に発売予定。(晶同様1仕様)ゲーム自体はガードボタンが別個に存在しているため、「鉄拳」よりも遊び辛かったな・・・★ ★第1部を元に実写化されているが、登場人物が全員日本人したりと出来は実写版進撃ばりの酷評を受けてしまった。★

【送料無料】仮面ライダーアギト Blu-ray BOX 1 【Blu-ray】
価格:16893円(税込、送料無料) (2016/9/4時点)



★元祖ワイルド系でギルスのご先祖・アマゾンがBDでリリース。必殺技が手刀で血が噴き出す描写はインパクト大。映像特典としてアマゾン役の岡崎徹とマサヒコ役の松田洋治の新規インタビュー収録。★ ★平成ライダー第二弾のアギトがBDに登場。平成の中では思い入れのある作品の一つで、合成まみれの戦闘シーンは好かんが、ドラマは良かったなぁ★ ★ワルキューレの2ndアルバムが秋にリリース。やはり美雲は小清水さんも歌えたのに他人のJUNNAに歌パートをやらせたのはおかしい。★ ★「レイアース」の主人公の一人・光がfigmaに登場。顔は原作ベースで作中でも印象深い猫耳用前髪パーツ付属。風ちゃん、海ちゃんも企画中★
★さらに新作★




★ギャバンの必殺武器・レーザーブレードが大人のトイとして登場。OPにBGMが流れ、大葉健二のセリフも聞けるがこの玩具用に新録。 ★マクロスΔのメインヒロイン・フレイアがデフォルトのステージ衣装で立体化。パーツの差し替えで「ルンピカ状態」も再現。★ ★原作版をイメージしたセーラームーンのフィギュアーツがリリース。第3部ver.で立体化するが、TVアニメ版とは異なり表情パーツが付かない。★ ★あの変態仮面実写版の第2弾が登場。世界中からパンティが消えるという事件に変態仮面が挑むが・・・鈴木亮平の肉体美、変態仮面の変態技が再びみられる。★

アイアムアヒーロー DVD通常版 [ 大泉洋 ]
価格:3160円(税込、送料無料) (2016/9/5時点)


機動戦士ガンダム THE ORIGIN 4【Blu-ray】 [ 矢立肇 ]
価格:5508円(税込、送料無料) (2016/9/5時点)


S.H.フィギュアーツ デビルマン D.C.[バンダイ]《01月予約》
価格:6550円(税込、送料別) (2016/9/7時点)


牙狼<GARO> Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ 小西大樹 ]
価格:28350円(税込、送料無料) (2016/9/7時点)


★同時期公開になったテラフォ実写版の惨さの陰に隠れていたものの、実はかなり好評だった「アイアム ア ヒーロー」がDVD・BDに登場。発売日は11月2日で通常版と豪華版の2種類リリース。ダメ男な主人公がゾンビ病が蔓延する世界で唯一の特技である射撃のスキルを活かしてサバイバルすることに・・という内容。原作は小学館漫画賞受賞作。★ ★シャアとセイラの過去を描いたORIGIN4部作の最終巻はシャアとララァの出会いを描く。主題歌は森口博子が担当するとのこと。来年からルウム編も制作予定とか。★ ★ありそうでなかったデビルマンがTVアニメ版で立体化。付属の鉄骨パーツでED「今日もどこかでデビルマン」の1シーンを再現可能★ ★昨年で10周年を迎えた牙狼の1期がBD化。TV版25話+未放送エピソード、TVSP「白夜の魔獣(DC版)」を収録。新規オーディオコメントなどの特典もあり。★
先週の「DEATH(TRUE)²」に続いて「THE END OF EVANGERION Air/まごころを君に」を視聴。
ちゃんと視聴したのは映画館で同作を見て以来なんだがもう20年も経つんだ。
3年前に日テレが本作を放送した時、規制が掛けられて賛否があったが、BSプレミアム版はどうなのかというと・・
・25話冒頭、シンジがアスカに慰めてもらおうとして、手には液体がべっとり・・は規制なし。
・弐号機が量産機に喰われ、内臓が引きちぎられるところは黒塗り規制なし。(日テレ版は黒塗り規制された)
・26話冒頭、レイの腕がもげるシーン、巨大レイ(リリス)の体がもげるシーンはボカシが入っている
・激しい光の点滅は控えめ。そのため絵が粗くなっている。
日テレ放送版は伝え聞いただけだが、BSプレミアム版は規制がひどくなくてちょっと良かった。

弐号機が量産機軍団にやられるシーンはエグイ、人類補完計画発動でみんな無に帰っていくところなどは20年前の映画館で見た時同様ポカーンとしていた。けど、引き込まれるよなぁ
今回のBSプレミアム版は黒塗り規制はなかったものの、最近のアニメで黒塗り規制がひどかったことで話題になったのは「テラフォーマーズ(1期)」だが(2期「Revenge」では規制はなくなっている)、アニメで規制をやたらかける(残虐シーンに黒塗り規制、煙草を吸うシーンが減ったなど)という風潮を見ると今は窮屈な世の中になったと思う。

<裏話>
・第25話ではEVA初号機のもとへ送り出されたシンジが、「やっぱり来るんじゃなかった……」と呟くセリフになる予定であったが、シンジ役の緒方恵美が「ミサトもアスカも皆も一生懸命に戦っていたのに、それはないでしょう」と庵野氏に話し、結果「だってエヴァに乗れないんだ。どうしようもないんだ」とのセリフへ変更された
・第26話の実写パートは、新宿ミラノ座(旧・新宿ミラノ1)で撮影された。同じく商店街のシーンがあるが、こちらは千歳烏山駅前で撮影されたもの。
・同じく第26話の実写パートで、ファンレターやインターネットの投稿、GAINAX SHOPへの落書きなどは、実際にGAINAXに送られた手紙や電子メール、パソコン通信、ウェブサイトの書き込みを元に、スタッフが作成したもの。
・第26話のラストシーンにおけるアスカの台詞は、元々の台本では「あんたなんかに殺されるのはまっぴらよ」となっていたが、後に「気持ち悪い」へと変更され、このシーンには挿入歌「Everything you've ever dreamed」が使われる予定だったがこの変更で幻となった。シンジ役の緒方恵美は、第26話のラストシーンにおけるシンジのアスカへの首絞めは、庵野氏の知人女性の体験談がモデルであると発言している
・本映画は公開3週目から、一部の映画館では『角川アニメフェスティバル'97』(同時上映:『スレイヤーズぐれえと』、『天地無用!真夏のイヴ』)として上映された。
・本作は1997年度の第21回日本アカデミー賞話題賞を受賞。
・幻の完全新作の劇場版は、もともと庵野が意図していたのは、テレビ版の25話と26話を作り直したものを1本、そして「(超時空要塞)マクロスの劇場版のように、テレビの世界観を捨てて、リライトして2時間で終わるようなエヴァンゲリオンを作る」ことを目的とした完全新作がもう1本だった。しかし、庵野が精神的、体力的な限界を迎えてしまい、「完全新作の劇場版は角川さんに頭を下げてなかったことにしてもらった」という。それでも庵野は、新作のプロットだけは書き上げていたといい「もう言ってもいいかもしれないけど、そのプロットが『進撃の巨人』にそっくりだったんですよ」と明かした。その内容を「人類はほとんど滅びて、こもっているんですよ。そこに橋が1本あって、その橋でしか外に出られない。そこの壁はATフィールドに守られている。そこから外に出ると使徒が来るというもの」と第27回東京国際映画祭のトークショーで解説。
 さらに「そしてテレビでできなかったのが人を食うということ。人間にとって一番怖いのは何かといえば、食われることですから。そしてその使徒に対抗するのはエヴァだけなんです。それもエントリープラグではなく、直接、腹の中に子供を埋め込んで、毎回摘出手術をする。さらにそれにはタイムリミットがあって、早く帝王切開をしないと人ではなくなり使徒になってしまう」というものだった

新世紀エヴァンゲリオン(14) [ 貞本義行 ]
価格:626円(税込、送料無料) (2017/4/2時点)



終盤は旧劇場版をベースにした展開となるが、男らしさを見せるシンジなど独自展開に。「気持ち悪い」なラストではなく、高校受験のため都会に出るシンジの姿は「つらいことはあるけど希望に踏み出す」という象徴で有終の美を飾った。

TERRAFORMARS Vol.1(初回限定版)(Blu-ray Disc) [ テラフォーマーズ ]
原作は進撃同様「このマンガがすごい」男1位受賞作だが、TV放送時は黒塗り規制がひど過ぎたのが災いしてか、進撃ほどの評価を得ることが出来なかった。話を端折りすぎたのも問題大アリで、TV放送の段階で規制なし、進撃同様1期26話構成であれば良かったと思う。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

【2017/04/01 13:03】 | アニメ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック