日ごろ見たアニメやTV番組の感想など趣味をことを書き綴ったブログです
★新作商品紹介★


★ース騎のハセガワ版がバンダイ版に遅れること3か月後にリリース。バンダイ版とは違いファイター固定。バンダイ版は変形付きのものは立たせにくいという欠点があるのでハセガワ版を購入しようかな?★ ★VF-31Jハヤテ機のスーパーパック装備型が9月に登場。スーパーパック単体も同時リリース★ ★3D格闘ゲーのパイオニア「バーチャファイター」の晶がfigmaに登場。カクカクポリゴンの1仕様で立体化。サラも同時期に発売予定。(晶同様1仕様)ゲーム自体はガードボタンが別個に存在しているため、「鉄拳」よりも遊び辛かったな・・・★ ★第1部を元に実写化されているが、登場人物が全員日本人したりと出来は実写版進撃ばりの酷評を受けてしまった。★

【送料無料】仮面ライダーアギト Blu-ray BOX 1 【Blu-ray】
価格:16893円(税込、送料無料) (2016/9/4時点)



★元祖ワイルド系でギルスのご先祖・アマゾンがBDでリリース。必殺技が手刀で血が噴き出す描写はインパクト大。映像特典としてアマゾン役の岡崎徹とマサヒコ役の松田洋治の新規インタビュー収録。★ ★平成ライダー第二弾のアギトがBDに登場。平成の中では思い入れのある作品の一つで、合成まみれの戦闘シーンは好かんが、ドラマは良かったなぁ★ ★ワルキューレの2ndアルバムが秋にリリース。やはり美雲は小清水さんも歌えたのに他人のJUNNAに歌パートをやらせたのはおかしい。★ ★「レイアース」の主人公の一人・光がfigmaに登場。顔は原作ベースで作中でも印象深い猫耳用前髪パーツ付属。風ちゃん、海ちゃんも企画中★
★さらに新作★




★ギャバンの必殺武器・レーザーブレードが大人のトイとして登場。OPにBGMが流れ、大葉健二のセリフも聞けるがこの玩具用に新録。 ★マクロスΔのメインヒロイン・フレイアがデフォルトのステージ衣装で立体化。パーツの差し替えで「ルンピカ状態」も再現。★ ★原作版をイメージしたセーラームーンのフィギュアーツがリリース。第3部ver.で立体化するが、TVアニメ版とは異なり表情パーツが付かない。★ ★あの変態仮面実写版の第2弾が登場。世界中からパンティが消えるという事件に変態仮面が挑むが・・・鈴木亮平の肉体美、変態仮面の変態技が再びみられる。★

アイアムアヒーロー DVD通常版 [ 大泉洋 ]
価格:3160円(税込、送料無料) (2016/9/5時点)


機動戦士ガンダム THE ORIGIN 4【Blu-ray】 [ 矢立肇 ]
価格:5508円(税込、送料無料) (2016/9/5時点)


S.H.フィギュアーツ デビルマン D.C.[バンダイ]《01月予約》
価格:6550円(税込、送料別) (2016/9/7時点)


牙狼<GARO> Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ 小西大樹 ]
価格:28350円(税込、送料無料) (2016/9/7時点)


★同時期公開になったテラフォ実写版の惨さの陰に隠れていたものの、実はかなり好評だった「アイアム ア ヒーロー」がDVD・BDに登場。発売日は11月2日で通常版と豪華版の2種類リリース。ダメ男な主人公がゾンビ病が蔓延する世界で唯一の特技である射撃のスキルを活かしてサバイバルすることに・・という内容。原作は小学館漫画賞受賞作。★ ★シャアとセイラの過去を描いたORIGIN4部作の最終巻はシャアとララァの出会いを描く。主題歌は森口博子が担当するとのこと。来年からルウム編も制作予定とか。★ ★ありそうでなかったデビルマンがTVアニメ版で立体化。付属の鉄骨パーツでED「今日もどこかでデビルマン」の1シーンを再現可能★ ★昨年で10周年を迎えた牙狼の1期がBD化。TV版25話+未放送エピソード、TVSP「白夜の魔獣(DC版)」を収録。新規オーディオコメントなどの特典もあり。★
今回見た映画は「007 スペクター」。
ダニエル・グレイグ主演作としては4作目で「スカイフォール」からの続きになっている。

少年時代を過ごした “スカイフォール” で焼け残った写真を受け取ったボンド 。その写真に隠された謎に迫るべく、Mの制止を振り切り単独でメキシコ、ローマへと赴く。そこでボンドは殺害された悪名高い犯罪者の未亡人であるルチア・スキアラ と出逢い、悪の組織スペクターの存在をつきとめる。その頃、ロンドンでは新国家保安センターの新しいトップ、マックス・デンビーがボンドの行動に疑問を抱き、Mが率いるMI6の存在意義を問い始めていた。ボンドは秘かにマネーペニーやQの協力を得ながら、スペクター解明の手がかりとなるかもしれないボンドの旧敵、ホワイトの娘マドレーヌ・スワンを追う。死闘を繰り広げながらスペクターの核心部分へと迫る中、ボンドは追い求めてきた敵と自分自身の恐るべき関係を知ることになる-。 (公式HPより)

・「死者の日」に参加したボンドは骸骨の模様が入ったスーツと仮面で仮装しているが、「死ぬのは奴らだ」でのサメディ(サミディ)男爵のオマージュか?公開された宣伝スチールの一つ(黒いハイネックのシャツにズボンといういでたち)も「死ぬのは~」のオマージュだし。
・映画館によっては日本語吹き替え版も公開されていたが、その日本語吹き替え素材をパッケージ化している模様。ボンドの声は藤真秀が担当しているが、「カジノ・ロワイヤル」パッケージ版の小杉十郎太さんの方がいいかも?
・スキアラの狙撃に失敗したボンド。建物が派手に倒壊してしまう所とか、ヘリでの逆さま飛行と「あり得ね~」な演出連発でOPアクションの派手さはD・グレイグ主演作共通。
・OP映像は完全なシルエット処理ではなく、グレイグも登場してます。
・メキシコから帰ってきたボンドはMからお叱りを受け、全ての任務から外されてしまった。何もすることはない(?)ということでQのラボを訪れるボンド。ハイテク機器満載の車とオメガの時計を渡された。ブロスナン時代に登場したのはオメガでグレイグ時もそれを踏襲したのか。
・スキアラ夫人・ルチアを訪れたボンド。彼は保険会社の人間と偽って近づくがルチアからはある組織の話を引き出すことに成功し、彼女が言う集会に潜入。
「組織」は表社会の裏に潜伏し、色々と暗躍。集会の席でボスの姿はシルエットになって見えないのはコネリー時代のスペクターのボスの描写と同じだが、ペルシャ猫を抱いてる・という描写はなし。ボスである男はボンドが集会に来ていることを知っており、しかもボンドとは知り合いらしい。
・正体が露見してしまったボンドは集会が開かれている屋敷を脱出し、ボンドカーでチェイスを繰り広げるんだが、今回は武装が搭載されているモデルのため、過去のシリーズでおなじみのハイテク機器を繰り出してのチェイスが久しぶりに見られた。復活した「冒頭のガンバレルシークエンス」同様これがないと007じゃないでしょう。(ボンドカーが出てこなかったり、登場してすぐさま大破する作品もあるが)
・ホワイトの遺言で彼の娘・マドレーヌを訪れるボンド。彼女は精神科医だが、プレイボーイなボンドは彼女を口説き落としている・・
列車でマドレーヌとディナーを楽しむボンドはその最中で巨漢の殺し屋に襲われるんだけど、ここもお約束ですよね。
・「組織」のアジトで拷問を受ける羽目になったボンド。Qから支給された時計に助けられたが、時計の起爆装置が始動する時赤くなるのは「死ぬのは~」の磁石付き腕時計と一緒。
アジトを脱出するシーンで使われた爆薬・石油は過去最大級でギネスブックものとのことですが確かに過去作とは規模が違う。
・ラストはロンドンが決戦の舞台に。オンラインの監視システムが完成するのを阻止するため行動を開始したボンドら。今回のMは前線に立ってるのはいいが、スペクターの企みを阻止した後、ボスを逮捕するという展開は意外。過去のシリーズでは悪事を企む親玉は大概ボンドに殺されてるから。

本作でD・グレイグは007引退を噂されているがこれ以降はどうなるんだろう。

<裏話>
・1961年の『サンダーボール作戦』製作に当たって、「スペクター」という組織の名称とそれに関係する登場人物の権利をめぐり、原作者のイアン・フレミングとプロデューサーのケヴィン・マクローリーの間で訴訟が起きた。それ以来、スペクターの使用権は007における紛争の種となっていた。この訴訟が原因で1971年の『ダイヤモンドは永遠に』以降、スペクターは映画に登場しなくなった。
2013年11月、メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)はマクローリーの遺産を管理するイーオン・プロダクションズの親会社であるダンジャックからスペクターとそれに関連する登場人物を映画に出す権利を購入した
・2014年11月23日に、ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントへのハッキング事件が発生し、本作の製作に関わる書類の一部が流出した。その中には、本作の脚本の草稿も含まれていた。
・本編とは関係ないが、パインウッド・スタジオズで撮影が行われた縁から『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』においてダニエル・クレイグがカメオ出演している


昨年にグレイグのコレクションは出ているが、こちらは「スペクター」も収録されている。


007/死ぬのは奴らだ(Blu−ray Disc)


スポンサーサイト

FC2blog テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

【2016/10/15 22:14】 | 映画
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック