日ごろ見たアニメやTV番組の感想など趣味をことを書き綴ったブログです
★新作商品紹介★


★ース騎のハセガワ版がバンダイ版に遅れること3か月後にリリース。バンダイ版とは違いファイター固定。バンダイ版は変形付きのものは立たせにくいという欠点があるのでハセガワ版を購入しようかな?★ ★VF-31Jハヤテ機のスーパーパック装備型が9月に登場。スーパーパック単体も同時リリース★ ★3D格闘ゲーのパイオニア「バーチャファイター」の晶がfigmaに登場。カクカクポリゴンの1仕様で立体化。サラも同時期に発売予定。(晶同様1仕様)ゲーム自体はガードボタンが別個に存在しているため、「鉄拳」よりも遊び辛かったな・・・★ ★第1部を元に実写化されているが、登場人物が全員日本人したりと出来は実写版進撃ばりの酷評を受けてしまった。★

【送料無料】仮面ライダーアギト Blu-ray BOX 1 【Blu-ray】
価格:16893円(税込、送料無料) (2016/9/4時点)



★元祖ワイルド系でギルスのご先祖・アマゾンがBDでリリース。必殺技が手刀で血が噴き出す描写はインパクト大。映像特典としてアマゾン役の岡崎徹とマサヒコ役の松田洋治の新規インタビュー収録。★ ★平成ライダー第二弾のアギトがBDに登場。平成の中では思い入れのある作品の一つで、合成まみれの戦闘シーンは好かんが、ドラマは良かったなぁ★ ★ワルキューレの2ndアルバムが秋にリリース。やはり美雲は小清水さんも歌えたのに他人のJUNNAに歌パートをやらせたのはおかしい。★ ★「レイアース」の主人公の一人・光がfigmaに登場。顔は原作ベースで作中でも印象深い猫耳用前髪パーツ付属。風ちゃん、海ちゃんも企画中★
★さらに新作★




★ギャバンの必殺武器・レーザーブレードが大人のトイとして登場。OPにBGMが流れ、大葉健二のセリフも聞けるがこの玩具用に新録。 ★マクロスΔのメインヒロイン・フレイアがデフォルトのステージ衣装で立体化。パーツの差し替えで「ルンピカ状態」も再現。★ ★原作版をイメージしたセーラームーンのフィギュアーツがリリース。第3部ver.で立体化するが、TVアニメ版とは異なり表情パーツが付かない。★ ★あの変態仮面実写版の第2弾が登場。世界中からパンティが消えるという事件に変態仮面が挑むが・・・鈴木亮平の肉体美、変態仮面の変態技が再びみられる。★

アイアムアヒーロー DVD通常版 [ 大泉洋 ]
価格:3160円(税込、送料無料) (2016/9/5時点)


機動戦士ガンダム THE ORIGIN 4【Blu-ray】 [ 矢立肇 ]
価格:5508円(税込、送料無料) (2016/9/5時点)


S.H.フィギュアーツ デビルマン D.C.[バンダイ]《01月予約》
価格:6550円(税込、送料別) (2016/9/7時点)


牙狼<GARO> Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ 小西大樹 ]
価格:28350円(税込、送料無料) (2016/9/7時点)


★同時期公開になったテラフォ実写版の惨さの陰に隠れていたものの、実はかなり好評だった「アイアム ア ヒーロー」がDVD・BDに登場。発売日は11月2日で通常版と豪華版の2種類リリース。ダメ男な主人公がゾンビ病が蔓延する世界で唯一の特技である射撃のスキルを活かしてサバイバルすることに・・という内容。原作は小学館漫画賞受賞作。★ ★シャアとセイラの過去を描いたORIGIN4部作の最終巻はシャアとララァの出会いを描く。主題歌は森口博子が担当するとのこと。来年からルウム編も制作予定とか。★ ★ありそうでなかったデビルマンがTVアニメ版で立体化。付属の鉄骨パーツでED「今日もどこかでデビルマン」の1シーンを再現可能★ ★昨年で10周年を迎えた牙狼の1期がBD化。TV版25話+未放送エピソード、TVSP「白夜の魔獣(DC版)」を収録。新規オーディオコメントなどの特典もあり。★
本日の映画は「エイリアン2(ALIENS)」。
「エイリアン」という言葉を定着させたモンスター映画の第2弾として1986年に公開。当時「続編は売れない」というジンクスがあったが、それを覆しヒットを飛ばした。
監督は「ターミネーター」「タイタニック」「アバター」のジェームズ・キャメロン
モンスター映画はあんまり見ないんですが、アクション重視の作風ということで視聴。

 ノストロモ号の惨劇(1)から生き残ったリプリー(シガニー・ウィーバー)はコールドスリープ状態で救助されたが、あれから57年が経過しており娘が地球帰還前に他界、会社の査問会ではノストロモ号を爆破した責任を問われ、エイリアンとの遭遇については証拠不足でその存在自体を誰も信じなかった。さらにエイリアンが発見された星ではテラフォーミングが進んでおり、すでに多くの入植者たちが居住していることを聞かされる。リプリーは精神の異常を疑われ、航海士としての資格も剥奪されてしまう。
 やがてLV-426からの連絡が途絶え住民157人が消息を絶った。調査のため植民地海兵隊が派遣されることになり、リプリーはアドバイザーとしてLV-426へ向かうことになり・・という内容。

2月に「オデッセイ」公開記念で放送されたものはテレビ朝日放送版(公開版)で今回はTV朝日放送版の完全版で放送。リプリーは故・弥永和子、ヒックスは田中秀幸、ニュートは玉川紗己子、ビショップは城達也。

*完全版で追加されたシーン
・リプリーがバークから娘アマンダの消息を聞かされる場面。
・ニュートの一家が異星の宇宙船を調査して父親がエイリアンに寄生される場面。
・セントリーガン(自動迎撃システム)に関する描写。
・リプリーがニュート救出に向かう前にヒックスとファーストネームを教え合う場面。
さらに完全版にも入っていなかったシーンとして終盤で単身リプリーがニュートを探しに行く道中で繭にされたバークを見つけ、バークが苦しみのあまりリプリーに助けを求めるが、リプリーは無言で手榴弾だけ手渡して去る場面が後に公開された。

 キャッチコピーは「今度は戦争だ(This time it's war.)」ということで最新鋭の装備を持った海兵隊がエイリアン相手に銃撃戦を繰り広げるんだけど、登場する武器は作り込みがいい。終盤でニュート(キャリー・ヘン)を助けに行ったリプリーがエイリアンの巣に乗り込んで火炎放射器やグレネードでエイリアンの卵を焼き払う所は爽快。また、クイーンとの決戦ではリプリーは人型フォークリフトなパワーローダーに乗り込み、対決。リモコンでスラコ号のハッチを開き、クィーンを宇宙に放出するという作戦に出るが、リプリーがパワーローダーを捨てて脱出しようとするシーンの前にパワーローダーの下敷きになったクイーンの尻尾の先がなくなっているとのことだが、本当だったよ。

 原題が「ALIENS」なのでエイリアンが群れで襲い掛かってくるんだが、全体的に暗い(地下施設がメインの舞台となるためか)ので、どこから襲い掛かってくるのかという恐怖感が・・バリケードが破られて籠城先がエイリアンに襲われるシーンでは紅いパラがかかっていてどこから現れるのかわからない恐怖感が話を盛り上げてる。

デザイナーの一人として日本では∀ガンダムで知られるシド・ミードが参加。降下艇の展開ギミックは日本の映画「宇宙からのメッセージ(劇場版)」からのイタダキらしい。

<裏話>
・本作は1986年度アカデミー賞視覚効果・音響効果編集賞受賞作でシガニー・ウィーバーは主演女優賞にノミネートされた。
・ウィーバーが銃規制法のシンパだったことからリプリーが銃を使うシーンについては「とても難しい決断だった」とコメントしていたが、実際に銃を撃った後のウィーバーの一言は「悪くないわね」とのこと。
・映画の中では100匹のエイリアンと戦ってるということになってるが、撮影ではエイリアンのスーツを着たSAは6~8人ほどだった
・撮影は英国で行われたが、撮影現場ではスタッフやキャストの間で人間関係でのトラブルが度々発生しており、英国スタッフたちが仕事の合間に行っていたお茶の時間を巡ってキャメロンと対立し、とうとう我慢の限界に達したキャメロンは「まじめにやらないならお前らクビにするぞ!」と現場で絶叫したらしい(この言葉は単なる脅しではなく、当初撮影監督を務めていたディック・ブッシュが本当に解雇された)。
・兵員輸送車はロンドンのヒースロー空港で、ボーイング747を牽引していた廃車予定の大型牽引車を改造したもの。廃車寸前のものを改造したためか輸送車がカメラに向かって突進してくる場面では、ブレーキが壊れてカメラが大破したり、車内の映像を撮影する際に天井の鉄板が抜け落ちて、ゴーマン役のウィリアム・ホープの頭部を直撃したり、車内の火災シーンでは火と塗装の化学反応で発生した有毒ガスで出演者たちが窒息しかけるなどのアクシデントが絶えなかった。
・クライマックスでクイーンによって体を真っ二つにされたビショップがニュートを助けるシーンをよく見ると下半身を入れている穴が見えてしまっている。(BD版で修正)
・後半で登場するバスケスがダクト内でエイリアンの頭をハンドガンで撃ち抜くシーン。ここのシーンでバスケスを演じたのはバスケス役のジェニットではなく、彼女の姿に扮したプロデューサーのゲイル・アン・ハードである。これは実弾を使っての撮影だったが、肝心のジェニットが一度も実弾の銃を使用した事が無かった為に急遽代役を使う事になり、スタッフと監督が話し合いを行った結果、監督が実弾の銃を使った経験を持つ、当時監督の妻だったゲイルに白羽の矢を立て、ゲイル本人も渋々承諾し撮影を行ったという経緯がある。また、撮影現場では常にスーツ姿だったゲイルが髪を切ってバスケスの姿でやってきた際はあまりの変わり様にスタッフや出演者を大変驚かせたという


日本版予告編


8/30発売の「吹替の帝王」版CM。ちなみに発売日は2の日本公開日と一緒。



<劇場公開版本編>
・1988年 TBS 鈴木弘子版 初収録
・1989年 テレビ朝日 戸田恵子版 初収録
・2004年 テレビ朝日 山像かおり版 初収録
・2003年 BD/DVD 幸田直子版
<完全版本編>
・1993年 テレビ朝日 弥永和子版 初収録
・1992年 DVD/VHS 幸田直子版
・2003年 BD/DVD 幸田直子版
と吹替え音声は「吹替えの帝王」シリーズ最多。
特典としてTV朝日放送版(公開版/特別編)とDVD/BD版の脚本、鈴木弘子(TBS放送版のリプリー役)、田中秀幸(TV朝日放送版のヒックス役)の貴重なインタビュー集を封入!
ダークホースコミックス社の貴重なコミックアートブック「30 YEARS TERROR」(24p)封入!
激レア! コンセプト・アートカード(10枚組)を封入!


スポンサーサイト

FC2blog テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

【2016/07/20 00:15】 | 映画
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック