日ごろ見たアニメやTV番組の感想など趣味をことを書き綴ったブログです
★新作商品紹介★


★ース騎のハセガワ版がバンダイ版に遅れること3か月後にリリース。バンダイ版とは違いファイター固定。バンダイ版は変形付きのものは立たせにくいという欠点があるのでハセガワ版を購入しようかな?★ ★VF-31Jハヤテ機のスーパーパック装備型が9月に登場。スーパーパック単体も同時リリース★ ★3D格闘ゲーのパイオニア「バーチャファイター」の晶がfigmaに登場。カクカクポリゴンの1仕様で立体化。サラも同時期に発売予定。(晶同様1仕様)ゲーム自体はガードボタンが別個に存在しているため、「鉄拳」よりも遊び辛かったな・・・★ ★第1部を元に実写化されているが、登場人物が全員日本人したりと出来は実写版進撃ばりの酷評を受けてしまった。★

【送料無料】仮面ライダーアギト Blu-ray BOX 1 【Blu-ray】
価格:16893円(税込、送料無料) (2016/9/4時点)



★元祖ワイルド系でギルスのご先祖・アマゾンがBDでリリース。必殺技が手刀で血が噴き出す描写はインパクト大。映像特典としてアマゾン役の岡崎徹とマサヒコ役の松田洋治の新規インタビュー収録。★ ★平成ライダー第二弾のアギトがBDに登場。平成の中では思い入れのある作品の一つで、合成まみれの戦闘シーンは好かんが、ドラマは良かったなぁ★ ★ワルキューレの2ndアルバムが秋にリリース。やはり美雲は小清水さんも歌えたのに他人のJUNNAに歌パートをやらせたのはおかしい。★ ★「レイアース」の主人公の一人・光がfigmaに登場。顔は原作ベースで作中でも印象深い猫耳用前髪パーツ付属。風ちゃん、海ちゃんも企画中★
★さらに新作★




★ギャバンの必殺武器・レーザーブレードが大人のトイとして登場。OPにBGMが流れ、大葉健二のセリフも聞けるがこの玩具用に新録。 ★マクロスΔのメインヒロイン・フレイアがデフォルトのステージ衣装で立体化。パーツの差し替えで「ルンピカ状態」も再現。★ ★原作版をイメージしたセーラームーンのフィギュアーツがリリース。第3部ver.で立体化するが、TVアニメ版とは異なり表情パーツが付かない。★ ★あの変態仮面実写版の第2弾が登場。世界中からパンティが消えるという事件に変態仮面が挑むが・・・鈴木亮平の肉体美、変態仮面の変態技が再びみられる。★

アイアムアヒーロー DVD通常版 [ 大泉洋 ]
価格:3160円(税込、送料無料) (2016/9/5時点)


機動戦士ガンダム THE ORIGIN 4【Blu-ray】 [ 矢立肇 ]
価格:5508円(税込、送料無料) (2016/9/5時点)


S.H.フィギュアーツ デビルマン D.C.[バンダイ]《01月予約》
価格:6550円(税込、送料別) (2016/9/7時点)


牙狼<GARO> Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ 小西大樹 ]
価格:28350円(税込、送料無料) (2016/9/7時点)


★同時期公開になったテラフォ実写版の惨さの陰に隠れていたものの、実はかなり好評だった「アイアム ア ヒーロー」がDVD・BDに登場。発売日は11月2日で通常版と豪華版の2種類リリース。ダメ男な主人公がゾンビ病が蔓延する世界で唯一の特技である射撃のスキルを活かしてサバイバルすることに・・という内容。原作は小学館漫画賞受賞作。★ ★シャアとセイラの過去を描いたORIGIN4部作の最終巻はシャアとララァの出会いを描く。主題歌は森口博子が担当するとのこと。来年からルウム編も制作予定とか。★ ★ありそうでなかったデビルマンがTVアニメ版で立体化。付属の鉄骨パーツでED「今日もどこかでデビルマン」の1シーンを再現可能★ ★昨年で10周年を迎えた牙狼の1期がBD化。TV版25話+未放送エピソード、TVSP「白夜の魔獣(DC版)」を収録。新規オーディオコメントなどの特典もあり。★
・ウィンダミアの電撃侵攻
ハインツの歌でアル・シャハルの人々と防衛隊の人がヴァールに罹り、あっさりと陥落

・遺跡の力を
例の船”シグル・バレンス”にある装置の力を目の当たりにし、驚愕するロイド。表情が崩れている。

・ケイオス・ラグナ支部には
周辺惑星に駐留していた部隊も集結。
今回の作戦は大規模になることが予測されます。

・例の船”シグル・バレンス”は
プロトカルチャーの遺産だった

・国王自ら出陣していることも
アーネスト艦長から話が出てきた。
Fはマクロス・クウォーター発進の話が1クール目のピークだったのでここがピークか?

・そう簡単には
すぐに攻撃は攻撃が来ないと美雲が発言すると他の隊員が反発。
美雲には風の歌の歌い手のことがわかるとのことだが、フレイア同様ウィンダミア人か、プロトカルチャーによって「造られた」存在だろうなぁ
マクロスシリーズに登場する歌姫の中にはバーチャルシンガーに宇宙人もいたわけだし。(黒歴史扱いされてるIIのヒロイン・イシュタルは宇宙人だったし)

・よく考えたら
歌はずっと響いているわけではないと言ことで先手を打つことに

・ウィンダミアは
周辺の次元断層が不安定なため直接ウィンダミアに行くのは容易ではないとのこと。

・作戦は
Δ小隊中心で行うことに

・ミラージュの昇進
中尉になったうえにアラドの副官に。

・グラミア王は
ハインツにねぎらいの言葉をかけるんだが、ここは父親らしいなぁ

・邪険にされる(?)ロイド
・ロイドとキースの会話
ハインツのこともあり、無駄に戦線を拡大させたくないロイド。戦いの後のことも考えるべきだとキースに進言するが、キースは命尽きるまで地球人を根絶やしにするつもりのようで、ロイドの意見には耳を貸そうとしない。
例の独立戦争、地球とウィンダミア側とで食い違いがあるから、Fみたいに第3者が仕組んだことなのかも?

・グラミア王の話
アーネスト艦長・アラド隊長・カナメがグラミア王のことについての話をするが、グラミア王は今35歳で地球人で言うところの老齢なのだが、アラド隊長は「執念深い」と発言。
アーネスト艦長は昔グラミアに艦隊戦の指揮官としてのイロハを教えたことがあったが、グラミアは昔の騎士道に則った考えを持っており、よそ者の力を借りたくないと言われ、例の戦争前に解任されたとのこと。

・新統合軍の使者
使者はラグナの遺跡破壊を上が決定したことを報告。
それについてアラドは「援軍も出さずに・・」と皮肉を言ってるし、カナメは例の遺跡は星の中心核と繋がっているので遺跡の破壊については難色を示してる。

・遺跡の破壊は
レディMが交渉したらしく延期が決定。決して姿を現さないオーナーって・・・正体が気になる

・ハヤテのペンダント
父親の形見でどこかの星で見つけたものらしい。共鳴現象があったことを考えるとシェリルのイヤリング同様フォールドクォーツか?

・フレイアとの食事シーンで
ハヤテがフレイアに自分の父親は軍人だったと話すが、そうなると前の話でのアラド隊長のセリフと関係が・・例の戦争に参加していたとか・・

・ミラージュは
陰に隠れてハヤテとフレイアの話を盗み聞きする羽目に。コール音が響いて気づかれてしまう描写も恋愛もののお約束だ。

・ハヤテは
ミラージュにいいセリフを言うんだけど、フレイアは複雑な気持ち。三角関係が本格的にスタートか?

・今回
マクロス・エリシオンが発進。クウォーター発進より遅いなぁ(クウォーター発進は7話)

・フォールドした先には
”シグル・バレンス”が目の前に・・ってところで次へ。

・次回、マクロス・エリシオンが戦闘するんだろうけど、ダイダロスアタックが来るのか?マクロスキャノンが登場するのか、どっちだ?




ワルキューレ/Walkure Attack!(通常盤)
価格:3132円(税込、送料無料)





スポンサーサイト

FC2blog テーマ:マクロスΔ(デルタ) - ジャンル:アニメ・コミック

【2016/06/21 20:12】 | マクロスΔ
【タグ】 マクロスΔ  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック