日ごろ見たアニメやTV番組の感想など趣味をことを書き綴ったブログです
★新作商品紹介★


★ース騎のハセガワ版がバンダイ版に遅れること3か月後にリリース。バンダイ版とは違いファイター固定。バンダイ版は変形付きのものは立たせにくいという欠点があるのでハセガワ版を購入しようかな?★ ★VF-31Jハヤテ機のスーパーパック装備型が9月に登場。スーパーパック単体も同時リリース★ ★3D格闘ゲーのパイオニア「バーチャファイター」の晶がfigmaに登場。カクカクポリゴンの1仕様で立体化。サラも同時期に発売予定。(晶同様1仕様)ゲーム自体はガードボタンが別個に存在しているため、「鉄拳」よりも遊び辛かったな・・・★ ★第1部を元に実写化されているが、登場人物が全員日本人したりと出来は実写版進撃ばりの酷評を受けてしまった。★

【送料無料】仮面ライダーアギト Blu-ray BOX 1 【Blu-ray】
価格:16893円(税込、送料無料) (2016/9/4時点)



★元祖ワイルド系でギルスのご先祖・アマゾンがBDでリリース。必殺技が手刀で血が噴き出す描写はインパクト大。映像特典としてアマゾン役の岡崎徹とマサヒコ役の松田洋治の新規インタビュー収録。★ ★平成ライダー第二弾のアギトがBDに登場。平成の中では思い入れのある作品の一つで、合成まみれの戦闘シーンは好かんが、ドラマは良かったなぁ★ ★ワルキューレの2ndアルバムが秋にリリース。やはり美雲は小清水さんも歌えたのに他人のJUNNAに歌パートをやらせたのはおかしい。★ ★「レイアース」の主人公の一人・光がfigmaに登場。顔は原作ベースで作中でも印象深い猫耳用前髪パーツ付属。風ちゃん、海ちゃんも企画中★
★さらに新作★




★ギャバンの必殺武器・レーザーブレードが大人のトイとして登場。OPにBGMが流れ、大葉健二のセリフも聞けるがこの玩具用に新録。 ★マクロスΔのメインヒロイン・フレイアがデフォルトのステージ衣装で立体化。パーツの差し替えで「ルンピカ状態」も再現。★ ★原作版をイメージしたセーラームーンのフィギュアーツがリリース。第3部ver.で立体化するが、TVアニメ版とは異なり表情パーツが付かない。★ ★あの変態仮面実写版の第2弾が登場。世界中からパンティが消えるという事件に変態仮面が挑むが・・・鈴木亮平の肉体美、変態仮面の変態技が再びみられる。★

アイアムアヒーロー DVD通常版 [ 大泉洋 ]
価格:3160円(税込、送料無料) (2016/9/5時点)


機動戦士ガンダム THE ORIGIN 4【Blu-ray】 [ 矢立肇 ]
価格:5508円(税込、送料無料) (2016/9/5時点)


S.H.フィギュアーツ デビルマン D.C.[バンダイ]《01月予約》
価格:6550円(税込、送料別) (2016/9/7時点)


牙狼<GARO> Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ 小西大樹 ]
価格:28350円(税込、送料無料) (2016/9/7時点)


★同時期公開になったテラフォ実写版の惨さの陰に隠れていたものの、実はかなり好評だった「アイアム ア ヒーロー」がDVD・BDに登場。発売日は11月2日で通常版と豪華版の2種類リリース。ダメ男な主人公がゾンビ病が蔓延する世界で唯一の特技である射撃のスキルを活かしてサバイバルすることに・・という内容。原作は小学館漫画賞受賞作。★ ★シャアとセイラの過去を描いたORIGIN4部作の最終巻はシャアとララァの出会いを描く。主題歌は森口博子が担当するとのこと。来年からルウム編も制作予定とか。★ ★ありそうでなかったデビルマンがTVアニメ版で立体化。付属の鉄骨パーツでED「今日もどこかでデビルマン」の1シーンを再現可能★ ★昨年で10周年を迎えた牙狼の1期がBD化。TV版25話+未放送エピソード、TVSP「白夜の魔獣(DC版)」を収録。新規オーディオコメントなどの特典もあり。★
・ボーグは
地球人に対して恨み節をぶつけていたが空中騎士団(風の王国)が地球を攻撃してきた理由は?

・ヘルマンは
ボーグにマスターと呼ばれてるが、訓練生時代の教官?

・風の王国の人々と
遺跡は何か関係が?

・風の現国王
ハインツ2世は病弱らしい上にキースの腹違いの弟の模様。公式HPによるとキースは先王と妾の間の子と説明されていたのでハインツは正妻の子か?

・やはり
美雲のみ他人が歌っているのは納得いかない。最近アイドルアニメが乱立してて大概本人が歌ってるのに歌パートのみ分けてるのは古いと思うが。

・フレイアデビューのニュースは
TVで流されており、デビューライブのスケジュールも確約済み。

・裸喰娘々にて
アーネスト艦長同席でフレイアとハヤテの歓迎会が催された

・フレイアのデビューライブは
ヴァール事前対策ライブということでライブの内容を聞くことに

・レイナが
普段は無表情なレイナだけど、マキナの隣で食事しているときは笑顔が見られます。

・何故ライブ?
素朴な質問をマキナに聞くハヤテ。ワルキューレの歌は生体フォールド波を放ってるため、録音とかだと効果が薄くなってしまうとのこと。

・カナメとアラド隊長は
二人でカウンター席で飲んでいたのだが、同席のスタッフからは引っ付けばいいのにと言われてる。

・裸喰娘々での
歓迎パーティーには参加しなかった美雲。パーティーとかの類は苦手なのか?それとも?

・マクロスエリシオンの腕は
初代同様、他の戦艦をつなげてる様子。

・ハヤテのVF-31お披露目
ハヤテ機のカラーリングはブルーと白のラインの入ったもの。輝機・アルト機は赤と黒のラインが入っていたが、主人公機に青を使うのは珍しい。

・搭乗前に
マキナ・レイナによる解説ビデオを手渡されるハヤテ。VF-31もVF-25同様EX-ギアを脱出装置として使用している様子。

・フレイアが持つラジオ
ライブ前に曲を聞いていたフレイア。彼女にとって外の世界を知るキーアイテムだったこと、彼女の故郷に地球人が着ていたことも示唆されてます。

・ウィンダミア人の秘密
人生30年・・と言って飛び出すフレイア。ミラージュがウィンダミア人の特徴を言ってるが。高い身体能力と引き換えに平均寿命が30歳という短命の種族だった。

・輸送機からダイブするので
フレイアは怖がってすぐにダイブできない。「飛べばできる・・・」と呪文のように呟きます。

・初ステージだからなのか
降下時の着地に失敗、挨拶でアガっちゃうなどドジっ子ぶりを見せます。

・デフォルトのステージ衣装から
AKB風の青い衣装に変化。

・独断で動くハヤテ
歌でテンションUPのハヤテはガウォーク・バトロイドでパフォーマンスを繰り広げます。

・ライブ中に
空中騎士団が攻めてきた。新統合軍が応援に来るが、ヴァールにかかってしまった。

・ヴァール化の犯人は
風の王国の連中の仕業だった様子。

・VF-31も
YF-19・YF-21同様ピンポイントバリアが使えた。ハヤテの乗るJ型ってバトロイド時の頭部がYF-19エクスカリバーに似てる。

・美雲・フレイアのデュエットで
ヴァール化した人が元に戻った。

・アラドは
アンノウンが空中騎士団と知っていた。どこで情報を仕入れたの?

・ドラケンIIIが
今回バトロイドモードを披露。どっしりとしたフォルムはVF-17(171の原型機)、頭部はVF-27だ。

・風の王国は
フレイアの故郷にある様子でフレイアはロイドの顔を知っていた。

・ロイドは
空中騎士団のパフォーマンスと共に新統合政府に宣戦布告を行った。
彼らが新統合政府に宣戦布告をしたのは統合政府に対して何か思うところがあるから?
先に攻撃して宣戦布告って・・太平洋戦争などで日本もしていたな。

6/22日にマクロスΔのサントラがリリース。ハインツも美雲同様担当声優ではなく他人が歌っており、英会話番組などに出演しているメロディーチューバックさんが担当してるとのこと。
サントラ1収録曲
<収録曲>
1. A.D.2067
2. 一度だけの恋なら~TVサイズ~/歌:ワルキューレ
3. Immelmann Dance
4. Happiness☆
5. ごりごり
6. Welcome to Walkure World
7. ヴァール
8. オーラ・サーラ~光る風~/歌:ハインツ(メロディー チューバック)
9. 空中騎士団
10. 憧れ
11. Melody
12. ルンピカ
13. クラゲ音頭/歌:フレイア△鈴木みのり、レイナ△東山奈央、マキナ△西田望見(from ワルキューレ)
14. 裸喰娘娘の唄(ヨミ:らぐにゃんにゃん)
15. ワルキューレの休日
16. せつないサンセット
17. ザルド・ヴァーサ!~決意の風~/歌:ハインツ(メロディー チューバック)
18. Dog Fight
19. Jellyfish
20. Uncontrolled
21. Tsubasa
22. 悲しき戦場
23. Crisis
24. Analysis
25. Dark Empire
26. Platoon Delta
27. Xaos
28. Rhapsody in C Minor
29. Brave Wind
30. ルンがピカッと光ったら~TVサイズ~/歌:ワルキューレ
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:マクロスΔ(デルタ) - ジャンル:アニメ・コミック

【2016/04/26 20:28】 | マクロスΔ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック