日ごろ見たアニメやTV番組の感想など趣味をことを書き綴ったブログです
★新作商品紹介★


★ース騎のハセガワ版がバンダイ版に遅れること3か月後にリリース。バンダイ版とは違いファイター固定。バンダイ版は変形付きのものは立たせにくいという欠点があるのでハセガワ版を購入しようかな?★ ★VF-31Jハヤテ機のスーパーパック装備型が9月に登場。スーパーパック単体も同時リリース★ ★3D格闘ゲーのパイオニア「バーチャファイター」の晶がfigmaに登場。カクカクポリゴンの1仕様で立体化。サラも同時期に発売予定。(晶同様1仕様)ゲーム自体はガードボタンが別個に存在しているため、「鉄拳」よりも遊び辛かったな・・・★ ★第1部を元に実写化されているが、登場人物が全員日本人したりと出来は実写版進撃ばりの酷評を受けてしまった。★

【送料無料】仮面ライダーアギト Blu-ray BOX 1 【Blu-ray】
価格:16893円(税込、送料無料) (2016/9/4時点)



★元祖ワイルド系でギルスのご先祖・アマゾンがBDでリリース。必殺技が手刀で血が噴き出す描写はインパクト大。映像特典としてアマゾン役の岡崎徹とマサヒコ役の松田洋治の新規インタビュー収録。★ ★平成ライダー第二弾のアギトがBDに登場。平成の中では思い入れのある作品の一つで、合成まみれの戦闘シーンは好かんが、ドラマは良かったなぁ★ ★ワルキューレの2ndアルバムが秋にリリース。やはり美雲は小清水さんも歌えたのに他人のJUNNAに歌パートをやらせたのはおかしい。★ ★「レイアース」の主人公の一人・光がfigmaに登場。顔は原作ベースで作中でも印象深い猫耳用前髪パーツ付属。風ちゃん、海ちゃんも企画中★
★さらに新作★




★ギャバンの必殺武器・レーザーブレードが大人のトイとして登場。OPにBGMが流れ、大葉健二のセリフも聞けるがこの玩具用に新録。 ★マクロスΔのメインヒロイン・フレイアがデフォルトのステージ衣装で立体化。パーツの差し替えで「ルンピカ状態」も再現。★ ★原作版をイメージしたセーラームーンのフィギュアーツがリリース。第3部ver.で立体化するが、TVアニメ版とは異なり表情パーツが付かない。★ ★あの変態仮面実写版の第2弾が登場。世界中からパンティが消えるという事件に変態仮面が挑むが・・・鈴木亮平の肉体美、変態仮面の変態技が再びみられる。★

アイアムアヒーロー DVD通常版 [ 大泉洋 ]
価格:3160円(税込、送料無料) (2016/9/5時点)


機動戦士ガンダム THE ORIGIN 4【Blu-ray】 [ 矢立肇 ]
価格:5508円(税込、送料無料) (2016/9/5時点)


S.H.フィギュアーツ デビルマン D.C.[バンダイ]《01月予約》
価格:6550円(税込、送料別) (2016/9/7時点)


牙狼<GARO> Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ 小西大樹 ]
価格:28350円(税込、送料無料) (2016/9/7時点)


★同時期公開になったテラフォ実写版の惨さの陰に隠れていたものの、実はかなり好評だった「アイアム ア ヒーロー」がDVD・BDに登場。発売日は11月2日で通常版と豪華版の2種類リリース。ダメ男な主人公がゾンビ病が蔓延する世界で唯一の特技である射撃のスキルを活かしてサバイバルすることに・・という内容。原作は小学館漫画賞受賞作。★ ★シャアとセイラの過去を描いたORIGIN4部作の最終巻はシャアとララァの出会いを描く。主題歌は森口博子が担当するとのこと。来年からルウム編も制作予定とか。★ ★ありそうでなかったデビルマンがTVアニメ版で立体化。付属の鉄骨パーツでED「今日もどこかでデビルマン」の1シーンを再現可能★ ★昨年で10周年を迎えた牙狼の1期がBD化。TV版25話+未放送エピソード、TVSP「白夜の魔獣(DC版)」を収録。新規オーディオコメントなどの特典もあり。★
時は1962年、冷戦の真っ只中。

アメリカの要請で、月面ロケット発射を妨害する不正電波を防ぐ工作をしていたジャマイカ駐在の英国諜報部員ジョン・ストラングウェイズとその新人助手メアリーが消息を絶つ。

英国情報部「MI6」に所属するエリート諜報員「007」こと、ジェームズ・ボンドはMから、その捜査を命じられる。

CIAのフィリックス・ライターや、クォレルらと協力し、ボンドはリモートコントロールによってジャイロスコープコントロールを狂わせる装置が使用され、その発信地がジャマイカ付近であることを突き止める。

アメリカの月面ロケット打ち上げを目前に控え、ボンドはその妨害者の発見と、危機回避のため、近付く者は一人として無事に帰ったことのない「ドラゴン」の伝説がある「クラブ・キー」へと乗り込むのだが……。という内容

・記念すべき007の1作目。原作小説版は6作目として刊行された。
・当初は『007 サンダーボール作戦』が第1作になるはずだったが、著作権に関する訴訟問題から暗礁に乗り上げ、SF色のある第6作『ドクター・ノオ』が選ばれた。結果的に、米ソの宇宙開発競争、偶然にも公開時に起きたキューバ危機などから、時事性を帯びた作品に。
・OPは「ジェームズ・ボンドのテーマ。(James Bond Them)」
・低予算で作られたため、全体的にチープだしボンドカーに秘密兵器が登場しないため、D・クレイグ出演作並に地味。
・冒頭の盲人に扮した3人の殺し屋のシーンは「マグマ大使」でパロディに使われたほどだが、殺し屋の動き(盲人に扮してるのに動きがぎこちない)に違和感が・・・
・ウルスラ・アンドレス扮するハニー・ライダーが海から上がってくるシーンは有名で20作目の「ダイ・アナザー・デイ」でハル・ベリー扮するジンクス登場シーンはこのシーンのオマージュ。
アンドレスは「カジノロワイヤル(67年版)」にも出演している。
・ノオ博士の部屋に招かれたボンドが一つの肖像画を見て動きを止めるが、この絵画は、ゴヤの『ウェリントン公爵の肖像』で、実物は1961年(映画公開前年)、ロンドンのナショナルギャラリーから盗まれていた。犯人はドクター・ノオだったというお遊び。実際に盗んだのはケンプトン・バントンという人物で、1965年になってこの絵を返還し、警察に出頭した。このシーンは本映画に冷淡だった批評家にも絶賛された。この出来事のパロディなのか、ウェリントン公爵は第15作『リビング・デイライツ』の終盤ボンドの命を救うことになった。
・この作品の段階で「スペクター」の名前が出てくるが、最初からシリーズ化するつもりだったのだろうか?
ノオの野望はミサイルだけでなくアメリカの月ロケットの妨害も企むというもの。本作公開前年の1961年にケネディ大統領が、1960年代中に人間を月に着陸させると声明を行い話題になっていた。しかし、劇中に出てくる映像は、前段階の有人宇宙飛行に過ぎないマーキュリー計画のものである。
・ノオの野望を阻止するため牢屋から脱出するボンド。電気攻めに水攻めとえらい目に遭ってるなぁ。牢から脱出したボンドはノオと生身で殴り合い、ここも低予算故のチープさが見られる。
・ノオ博士のアジトを脱出したボンドはハニーと甘いひと時を過ごすが、ここもシリーズのお約束となっていくんですよねぇ。

<裏話など>
・最初の邦題「007は殺しの番号」は字幕を担当した映画翻訳家の高瀬鎮夫が進言して採用された
・本作は100万ドルというシリーズ中最も低予算で製作されたが、6000万ドルに近い興行収入を上げ、1962年の映画の世界興行成績で第1位となっている。
・ジェームズ・ボンド役の第一候補はケイリー・グラントだったが、シリーズ物は御免だとあっさりと断られてしまう。また「プリズナーNo.6」のパトリック・マッグーハンや、後に三代目ボンドとなるロジャー・ムーアら、何人もの若手俳優の名前が候補に上がったが、ボンド役者選びは難航を極めたという。
・「007」シリーズのお約束、狙われた銃口に向けて、ボンドが撃ち返すいわゆる冒頭のガン・バレルシークエンス。これを考えたのはモーリス・ビンダー。
シリーズ第三作の「ゴールドフィンガー」までは、ショーン・コネリーではなくスタントのボブ・シモンズが演じている。(しかも帽子をかぶっている。「死ぬのは奴らだ」からガンバレルシークエンスでのボンドは帽子をかぶらなくなる)
・演技経験の浅いウルスラ・アンドレスは台詞に不安があったため、声はモニカ・バンダジルによって吹替られた
・ハニー登場シーンは2003年にBBCのチャンネル4が行った投票の「最もセクシーなシーン」に選ばれた。このときアンドレスが着ていたビキニは、2001年2月にクリスティーズのオークションに出品されプラネット・ハリウッドの共同創業者ロバート・アールによって3万5千ポンドで落札された
・本作品はパロディのネタにされており「マグマ大使」第21話「細菌を追え!!」で、冒頭に登場する聾唖者に偽装した3人組暗殺者の一連のシーンは、本作の冒頭から、「おぼっちゃまくん」に登場するサブレギュラーの悪役Dr.モオはノオ博士のパロディ。「オースティン・パワーズデラックス」でフェリシティの水着姿はハニー・ライダー登場シーンのパロ。
・ドクターノオは、原作者イアン・フレミングの従兄弟クリストファー・リーを意識して書かれたと言われている。そして、そのクリストファー・リーは、『007 黄金銃を持つ男』で悪役スカラマンガを演じている。


 007/ドクター・ノオ デジタルリマスター・バージョン/ショーン・コネリー【後払いOK】【2500円以上送料無料】



【送料無料】007/ドクター・ノオ【TV放送吹替初収録特別版】/ショーン・コネリー[DVD]【返品種別A】
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

【2016/02/13 15:07】 | 映画
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック