日ごろ見たアニメやTV番組の感想など趣味をことを書き綴ったブログです
★新作商品紹介★


★ース騎のハセガワ版がバンダイ版に遅れること3か月後にリリース。バンダイ版とは違いファイター固定。バンダイ版は変形付きのものは立たせにくいという欠点があるのでハセガワ版を購入しようかな?★ ★VF-31Jハヤテ機のスーパーパック装備型が9月に登場。スーパーパック単体も同時リリース★ ★3D格闘ゲーのパイオニア「バーチャファイター」の晶がfigmaに登場。カクカクポリゴンの1仕様で立体化。サラも同時期に発売予定。(晶同様1仕様)ゲーム自体はガードボタンが別個に存在しているため、「鉄拳」よりも遊び辛かったな・・・★ ★第1部を元に実写化されているが、登場人物が全員日本人したりと出来は実写版進撃ばりの酷評を受けてしまった。★

【送料無料】仮面ライダーアギト Blu-ray BOX 1 【Blu-ray】
価格:16893円(税込、送料無料) (2016/9/4時点)



★元祖ワイルド系でギルスのご先祖・アマゾンがBDでリリース。必殺技が手刀で血が噴き出す描写はインパクト大。映像特典としてアマゾン役の岡崎徹とマサヒコ役の松田洋治の新規インタビュー収録。★ ★平成ライダー第二弾のアギトがBDに登場。平成の中では思い入れのある作品の一つで、合成まみれの戦闘シーンは好かんが、ドラマは良かったなぁ★ ★ワルキューレの2ndアルバムが秋にリリース。やはり美雲は小清水さんも歌えたのに他人のJUNNAに歌パートをやらせたのはおかしい。★ ★「レイアース」の主人公の一人・光がfigmaに登場。顔は原作ベースで作中でも印象深い猫耳用前髪パーツ付属。風ちゃん、海ちゃんも企画中★
★さらに新作★




★ギャバンの必殺武器・レーザーブレードが大人のトイとして登場。OPにBGMが流れ、大葉健二のセリフも聞けるがこの玩具用に新録。 ★マクロスΔのメインヒロイン・フレイアがデフォルトのステージ衣装で立体化。パーツの差し替えで「ルンピカ状態」も再現。★ ★原作版をイメージしたセーラームーンのフィギュアーツがリリース。第3部ver.で立体化するが、TVアニメ版とは異なり表情パーツが付かない。★ ★あの変態仮面実写版の第2弾が登場。世界中からパンティが消えるという事件に変態仮面が挑むが・・・鈴木亮平の肉体美、変態仮面の変態技が再びみられる。★

アイアムアヒーロー DVD通常版 [ 大泉洋 ]
価格:3160円(税込、送料無料) (2016/9/5時点)


機動戦士ガンダム THE ORIGIN 4【Blu-ray】 [ 矢立肇 ]
価格:5508円(税込、送料無料) (2016/9/5時点)


S.H.フィギュアーツ デビルマン D.C.[バンダイ]《01月予約》
価格:6550円(税込、送料別) (2016/9/7時点)


牙狼<GARO> Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ 小西大樹 ]
価格:28350円(税込、送料無料) (2016/9/7時点)


★同時期公開になったテラフォ実写版の惨さの陰に隠れていたものの、実はかなり好評だった「アイアム ア ヒーロー」がDVD・BDに登場。発売日は11月2日で通常版と豪華版の2種類リリース。ダメ男な主人公がゾンビ病が蔓延する世界で唯一の特技である射撃のスキルを活かしてサバイバルすることに・・という内容。原作は小学館漫画賞受賞作。★ ★シャアとセイラの過去を描いたORIGIN4部作の最終巻はシャアとララァの出会いを描く。主題歌は森口博子が担当するとのこと。来年からルウム編も制作予定とか。★ ★ありそうでなかったデビルマンがTVアニメ版で立体化。付属の鉄骨パーツでED「今日もどこかでデビルマン」の1シーンを再現可能★ ★昨年で10周年を迎えた牙狼の1期がBD化。TV版25話+未放送エピソード、TVSP「白夜の魔獣(DC版)」を収録。新規オーディオコメントなどの特典もあり。★
本日は「007 トゥモロー・ネヴァー・ダイ」を視聴。

 イギリスの戦艦が中国沿岸で領海侵犯の警告をされた直後に攻撃を受け撃沈、中国空軍機も何者かによって撃墜された!それは情報操作によって新たな火種を作り、世界紛争を誘発させようと企むメディア王・カーヴァーの仕業だった!ボンドは中国の女スパイとともにその陰謀に立ち向かう!

放送局はBSジャパンだが、素材はTV朝日放送版。ボンドは田中秀幸さん、マドンナのリンは深見梨香、カーヴァーは羽佐間道夫が担当。
昔、VHSの吹き替え版で見てるが「ゴールデンアイ」同様神谷さんと田中さんの演技は甲乙つけがたいなぁ。

・冒頭のアクションとボンドカーで疾走する場面は覚えていたがボンドカーを携帯のリモコンを使ってチェイスを繰り広げるシーンは素晴らしい。しかも搭載されてるハイテク兵器をバンバン駆使してるし。
・リンと共にカーヴァー社のビルから脱出するところ→バイクでチェイスもすごい。ビルから脱出って展開ではビルにかかっている
・メインマドンナ・ミシェル・ヨーも前作のナターリア(イザベラ・スコルプコ)同様ボンドと共に巨悪に立ち向かうんだが、彼女もボンドに負けないほどのアクションを見せます。
ステルス戦艦の中に潜入したボンドは腕時計の爆弾のリモコン機能を使用。過去作では時計は結構出てても「死ぬのは奴らだ」ほど時計のツールを多用してるって印象ではなかったがブロスナン時代は時計に仕込まれたハイテクツールで危機を切り抜けてる場面が今まで見た3作で見られる。

<裏話など>
・本作は1996年に逝去した映画シリーズの生みの親、アルバート・R・ブロッコリに捧げられている。
・今回の敵カーヴァーに大物俳優ジョナサン・プライスを起用している。作中のメディア王エリオット・カーヴァーは、イギリスのメディア王でヨットから転落し水死したロバート・マクスウェルをモデルにしていると思われるが、そのライバルで同じく実在のメディア王ルパート・マードックを皮肉った部分もある
・ボンドカーとしてBMW750iLが使用された。撮影のために複数の同型車が用意された。ホテル駐車場でのカーチェイスシーン(撮影は郊外のスーパーマーケット駐車場で行われた)では、ドアミラーにCCDカメラが埋め込まれた車やアルミホイール違いの車両も確認できる。携帯電話での遠隔操縦・防弾ガラス・防弾ボディ・サンルーフミサイル・エンブレムカッター・リヤまきびし・ノーパンクタイヤ・盗難防止装置などの特殊装備がフルに活用されている。このホテルの駐車場での撮影に関して実際の火災と勘違いして消防車が出動したという話がある。また750iLをボンドに手渡す際にQがエイビスレンタカーの従業員に扮しているがこれに対応するかのように同社の店舗に同車が突っ込むシーンがある。
・1997年9月1日、ダイアナ元王太子妃と交際相手のドディ・アルファイドが、本作を撮影中のパインウッド・スタジオを見学に訪れることになっていた。ドディと本作のプロデューサーのバーバラ・ブロッコリが幼馴染だったため、バーバラがドディとダイアナ元妃を招待したのだが、二人はその前日の8月31日、パリで事故死した。2008年3月13日、ロンドンの高等法院で行われていたダイアナ元妃の死因究明審問で、バーバラ・ブロッコリが明らかにした[9][10]。
・ピアース・ブロスナンはこの撮影の間、パリス・カーヴァー役のテリー・ハッチャーにしつこく付きまとわれるという「ストーカー」行為に悩まされていた。なお、ハッチャーは当時妊娠中で、撮影は彼女の体調を考慮して彼女の出演するシーンを先に終了させていた。



吹き替え音声はTV朝日放送版とフジテレビ放送版を収録(フジテレビ放送版のボンドは江原正二)
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

【2016/01/14 19:52】 | 映画
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック