日ごろ見たアニメやTV番組の感想など趣味をことを書き綴ったブログです
★新作商品紹介★


★ース騎のハセガワ版がバンダイ版に遅れること3か月後にリリース。バンダイ版とは違いファイター固定。バンダイ版は変形付きのものは立たせにくいという欠点があるのでハセガワ版を購入しようかな?★ ★VF-31Jハヤテ機のスーパーパック装備型が9月に登場。スーパーパック単体も同時リリース★ ★3D格闘ゲーのパイオニア「バーチャファイター」の晶がfigmaに登場。カクカクポリゴンの1仕様で立体化。サラも同時期に発売予定。(晶同様1仕様)ゲーム自体はガードボタンが別個に存在しているため、「鉄拳」よりも遊び辛かったな・・・★ ★第1部を元に実写化されているが、登場人物が全員日本人したりと出来は実写版進撃ばりの酷評を受けてしまった。★

【送料無料】仮面ライダーアギト Blu-ray BOX 1 【Blu-ray】
価格:16893円(税込、送料無料) (2016/9/4時点)



★元祖ワイルド系でギルスのご先祖・アマゾンがBDでリリース。必殺技が手刀で血が噴き出す描写はインパクト大。映像特典としてアマゾン役の岡崎徹とマサヒコ役の松田洋治の新規インタビュー収録。★ ★平成ライダー第二弾のアギトがBDに登場。平成の中では思い入れのある作品の一つで、合成まみれの戦闘シーンは好かんが、ドラマは良かったなぁ★ ★ワルキューレの2ndアルバムが秋にリリース。やはり美雲は小清水さんも歌えたのに他人のJUNNAに歌パートをやらせたのはおかしい。★ ★「レイアース」の主人公の一人・光がfigmaに登場。顔は原作ベースで作中でも印象深い猫耳用前髪パーツ付属。風ちゃん、海ちゃんも企画中★
★さらに新作★




★ギャバンの必殺武器・レーザーブレードが大人のトイとして登場。OPにBGMが流れ、大葉健二のセリフも聞けるがこの玩具用に新録。 ★マクロスΔのメインヒロイン・フレイアがデフォルトのステージ衣装で立体化。パーツの差し替えで「ルンピカ状態」も再現。★ ★原作版をイメージしたセーラームーンのフィギュアーツがリリース。第3部ver.で立体化するが、TVアニメ版とは異なり表情パーツが付かない。★ ★あの変態仮面実写版の第2弾が登場。世界中からパンティが消えるという事件に変態仮面が挑むが・・・鈴木亮平の肉体美、変態仮面の変態技が再びみられる。★

アイアムアヒーロー DVD通常版 [ 大泉洋 ]
価格:3160円(税込、送料無料) (2016/9/5時点)


機動戦士ガンダム THE ORIGIN 4【Blu-ray】 [ 矢立肇 ]
価格:5508円(税込、送料無料) (2016/9/5時点)


S.H.フィギュアーツ デビルマン D.C.[バンダイ]《01月予約》
価格:6550円(税込、送料別) (2016/9/7時点)


牙狼<GARO> Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ 小西大樹 ]
価格:28350円(税込、送料無料) (2016/9/7時点)


★同時期公開になったテラフォ実写版の惨さの陰に隠れていたものの、実はかなり好評だった「アイアム ア ヒーロー」がDVD・BDに登場。発売日は11月2日で通常版と豪華版の2種類リリース。ダメ男な主人公がゾンビ病が蔓延する世界で唯一の特技である射撃のスキルを活かしてサバイバルすることに・・という内容。原作は小学館漫画賞受賞作。★ ★シャアとセイラの過去を描いたORIGIN4部作の最終巻はシャアとララァの出会いを描く。主題歌は森口博子が担当するとのこと。来年からルウム編も制作予定とか。★ ★ありそうでなかったデビルマンがTVアニメ版で立体化。付属の鉄骨パーツでED「今日もどこかでデビルマン」の1シーンを再現可能★ ★昨年で10周年を迎えた牙狼の1期がBD化。TV版25話+未放送エピソード、TVSP「白夜の魔獣(DC版)」を収録。新規オーディオコメントなどの特典もあり。★
デス・スターが陥落して3年後・・・反乱軍は帝国の反撃を受け、氷の惑星ホスにて抵抗戦を続けていた。これに対しダース・ベイダーは探査用ドロイドを使い各惑星を徹底的に調査。反乱軍はホスの基地を放棄せざるを得なくなり・・・という展開。

・偵察に出たルークはホスの原生生物ワンパに襲われた。このシーンはルーク役のマーク・ハミルは撮影前に自動車事故に遭い顔にけがをし、容貌が変わってしまったため他人が演じてるのでは?という噂が立った。話に整合性を持たせるため序盤のワンパとの戦闘シーンを入れているとのこと。
・帝国に見つかったためホスの基地を放棄することになった反乱軍。ルークは輸送艇脱出を援護するために戦闘機で出撃。4足歩行する帝国のメカ・AT-ATと戦うことに。AT-ATが登場するところは覚えていたなぁ
・レイアはソロと共にファルコン号でホスを脱出するが、ワープドライブが故障しているためワープできず、アステロイドベルトで帝国の戦闘機とドッグファイトすることに。このシーンではスタッフの遊び心でスニーカーとジャガイモが飛んでいるとのことだが見えなかった・・
帝国との戦いの中、ソロを嫌っていたレイアはソロにキスを奪われたがこれが恋につながるのか?
・帝国から逃れるため旧知のランドが統治するクラウドシティへと逃れることを提案するソロだが、クラウドシティは帝国とつるんでおりソロはベイダーの企みで炭素凍結の刑にされる羽目に。レイアとの別れではっきりと「愛してる」って言ってる。
・ランドの声は若本規夫さん。TV放送版の内海賢二さんとは甲乙つけがたいな。若本さんも島田さん同様「エルガイム」に出ていたなぁ。(「エルガイム」では若本紀昭名義)
・ヨーダの下でフォースを扱う修行を行っていたルークだが、仲間の危機を察知し修業を切り上げてクラウドシティへと向かい、ベイダーと対決。ライトセイバー同士の対決の中、ベイダーに片腕を斬られたうえ、衝撃の事実を知ることに。これを最初に見たとき驚いた記憶がある。

<裏話>
・クライマックスでベイダーがルークに言う「No,I am your father(違う、私がお前の父だ)」について、スタッフ・キャストの間でネタバレされることを恐れたルーカスは撮影時にベイダー役の人に本来のものとは違うセリフを言わせ、完成前にアフレコで差し替えるというネタバレ防止策を取った。これはベイダーが覆面をしていること、SAと声優が別々だったため出来たものでネタバレ防止策は徹底して行われ、キャストは自分の登場シーンのホンだけを渡されたという。
中身を知っていたのはルーカス、監督のアーヴィン・カーシュナー、M・ハミル、ベイダーの声優ジェームズ・アール・ジョーンズのみで撮影時のセリフは「オビ・ワンがお前の父を殺した」だった。
ことにベイダーのSA・デビット・プラウズは「本当のセリフを知っていたら、もっと違う演技が出来たのに」と不満を漏らしたという。
・ベイダーのSA・デビット・プラウズは殺陣が苦手で前作の撮影時にライトセイバーのプロップを何本も折ったためアクション部分のみフェンシング選手のボブ・アンダーソンが演じている。




スターウォーズの登場人物となり、各エピソードを追体験することが可能なアクションゲーム。


終盤でのDr.イーブルのセリフ「オースティン、私はお前の父だ(オチあり)」は「帝国の逆襲」のパロ。


「ロボットアニメ版スターウォーズ」として1984年にサンライズが制作したアニメ。
再発を含め3回リリースされているがこれは一番最初にリリースされたジュエルボックス版。
自分はデザイナーの永野氏のファンということで購入。スターウォーズの吹き替えで出演している島田さんと若本さんが出演している(御二方とも敵役なのだが)。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:最近見た映画 - ジャンル:映画

【2016/01/08 12:09】 | 映画
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック