日ごろ見たアニメやTV番組の感想など趣味をことを書き綴ったブログです
★新作商品紹介★


★ース騎のハセガワ版がバンダイ版に遅れること3か月後にリリース。バンダイ版とは違いファイター固定。バンダイ版は変形付きのものは立たせにくいという欠点があるのでハセガワ版を購入しようかな?★ ★VF-31Jハヤテ機のスーパーパック装備型が9月に登場。スーパーパック単体も同時リリース★ ★3D格闘ゲーのパイオニア「バーチャファイター」の晶がfigmaに登場。カクカクポリゴンの1仕様で立体化。サラも同時期に発売予定。(晶同様1仕様)ゲーム自体はガードボタンが別個に存在しているため、「鉄拳」よりも遊び辛かったな・・・★ ★第1部を元に実写化されているが、登場人物が全員日本人したりと出来は実写版進撃ばりの酷評を受けてしまった。★

【送料無料】仮面ライダーアギト Blu-ray BOX 1 【Blu-ray】
価格:16893円(税込、送料無料) (2016/9/4時点)



★元祖ワイルド系でギルスのご先祖・アマゾンがBDでリリース。必殺技が手刀で血が噴き出す描写はインパクト大。映像特典としてアマゾン役の岡崎徹とマサヒコ役の松田洋治の新規インタビュー収録。★ ★平成ライダー第二弾のアギトがBDに登場。平成の中では思い入れのある作品の一つで、合成まみれの戦闘シーンは好かんが、ドラマは良かったなぁ★ ★ワルキューレの2ndアルバムが秋にリリース。やはり美雲は小清水さんも歌えたのに他人のJUNNAに歌パートをやらせたのはおかしい。★ ★「レイアース」の主人公の一人・光がfigmaに登場。顔は原作ベースで作中でも印象深い猫耳用前髪パーツ付属。風ちゃん、海ちゃんも企画中★
★さらに新作★




★ギャバンの必殺武器・レーザーブレードが大人のトイとして登場。OPにBGMが流れ、大葉健二のセリフも聞けるがこの玩具用に新録。 ★マクロスΔのメインヒロイン・フレイアがデフォルトのステージ衣装で立体化。パーツの差し替えで「ルンピカ状態」も再現。★ ★原作版をイメージしたセーラームーンのフィギュアーツがリリース。第3部ver.で立体化するが、TVアニメ版とは異なり表情パーツが付かない。★ ★あの変態仮面実写版の第2弾が登場。世界中からパンティが消えるという事件に変態仮面が挑むが・・・鈴木亮平の肉体美、変態仮面の変態技が再びみられる。★

アイアムアヒーロー DVD通常版 [ 大泉洋 ]
価格:3160円(税込、送料無料) (2016/9/5時点)


機動戦士ガンダム THE ORIGIN 4【Blu-ray】 [ 矢立肇 ]
価格:5508円(税込、送料無料) (2016/9/5時点)


S.H.フィギュアーツ デビルマン D.C.[バンダイ]《01月予約》
価格:6550円(税込、送料別) (2016/9/7時点)


牙狼<GARO> Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ 小西大樹 ]
価格:28350円(税込、送料無料) (2016/9/7時点)


★同時期公開になったテラフォ実写版の惨さの陰に隠れていたものの、実はかなり好評だった「アイアム ア ヒーロー」がDVD・BDに登場。発売日は11月2日で通常版と豪華版の2種類リリース。ダメ男な主人公がゾンビ病が蔓延する世界で唯一の特技である射撃のスキルを活かしてサバイバルすることに・・という内容。原作は小学館漫画賞受賞作。★ ★シャアとセイラの過去を描いたORIGIN4部作の最終巻はシャアとララァの出会いを描く。主題歌は森口博子が担当するとのこと。来年からルウム編も制作予定とか。★ ★ありそうでなかったデビルマンがTVアニメ版で立体化。付属の鉄骨パーツでED「今日もどこかでデビルマン」の1シーンを再現可能★ ★昨年で10周年を迎えた牙狼の1期がBD化。TV版25話+未放送エピソード、TVSP「白夜の魔獣(DC版)」を収録。新規オーディオコメントなどの特典もあり。★
youtube東映公式チャンネルで配信されていた「超人機メタルダー」が配信最終回。
最終章は前半同様ハードな展開となり、ゴッドネロスの謎に迫っていくドラマを描き最終決戦という展開に。
 外国で特派員をやっている舞の父親が日本に帰国。彼は舞の依頼で古賀博士の事を調べていたが、一緒にゴッドネロスの謎にも迫っていたためネロス帝国の刺客に狙われていた。彼が突き止めたゴッドネロスの正体は古賀博士の元助手だった村木国男という人物。助手時代のノウハウを元にして巨大な悪の組織を作っていたことが判明。

37話からは最終決戦。打ち切りが決まった当初は37話で終わる予定だったが「世界忍者戦ジライヤ」のスケジュールの遅れから2話延長し、39話で完結することになった経緯がある。そのためメインライターの高久進の都合が付かず、ラスト2本は藤井邦夫が書いている(藤井は現在時代劇作家として有名)。
 37話はトップガンダーと共にゴーストバンクに乗り込んだメタルダー。迎撃に現れた軍団員を倒しゴッドネロスも倒すがあっけなさすぎ。実際は罠だったとはいえあっけない演出をしていいのかと思ったら・・トップガンダーはクールギンの不意打ちで倒されてしまった。当初のプロットではトップガンダーは最終決戦の渦中に機甲軍団の集中砲火やドランガーとの相討ちで再起不能となってしまい、無二の親友となったメタルダーの手で最後を迎えることを望み、メタルダーが介錯を取る形で自分が愛用していた狙撃銃で生涯を終える・・という展開だったという。また 夏頃のインタビューで高久が「トップガンダーの最後は、敵にやられてボロボロになったトップガンダーをメタルダーが助けに来るというのにしたい。これは最終回の数話前になると思う」と語っていた通り、シナリオ準備稿では第33話のラストでメタルダーの介錯(この場合はレーザーアーム)によってトップガンダーは息を引き取ることになっていた

 38話はバルスキーの最期を描いた回。これは追加で描かれた話で修理は必要だったものの生き延びたバルスキー。戦闘ロボット軍団の女性軍団員・ローテールはバルスキーに思いを寄せており、一緒に添い遂げようとするも、バルスキーから「他の仲間を弔ってひっそり生きろ」と言われてしまう。これら一連のやり取りをロボットにやらせても「ええ話やわー」と言いたい。

 最終回・・・部下を捨て石にしたゴッドネロスにメタルダーの怒りが爆発。単身アジトに乗り込んだ。そのことを流星が残したビデオから知った舞と八荒は流星の下に行こうとするが、それを見送る舞の父・信吾がOPの一節を持ち出す所は青春もののノリも混じってた作品だったことを感じさせる一コマ。
 単身竜生の形見の剣を持ってゴッドネロスに単身挑むメタルダーだが、メイン動力炉の超重力制御装置を破壊されてしまった。超重力制御装置が破壊されれば、エネルギーが暴走し地球さえも破壊しかねないというシロモノだった。結構危険なもん積んでたんだ。メタルダーって。
 竜生の形見の剣で怯んだ隙を突いたメタルダーはレーザーアームでゴッドネロスを倒すが超重力制御装置を八荒に壊してもらうよう依頼。超重力制御装置を完全に破壊してしまうと超人機としての力を失い、流星の姿に戻れなくなる・・最初は躊躇った八荒だったがクールギンの剣で超重力制御装置の機能をストップさせるという展開はシリアスな初期編に戻ったわけか。
 当初考えられていた最終回はメタルダーと相棒スプリンガーもまたネロス帝国と刺し違え、敵基地もろとも爆散する。爆散した後の海原にメタルダーとスプリンガーの幻影が漂う中、砂浜にはトップガンダーとネロス帝国の軍団員の残骸が打ち上げられ、物語は終わる・・という展開だったという。

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:特撮ヒーロー - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2015/12/12 21:31】 | 特撮
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック