日ごろ見たアニメやTV番組の感想など趣味をことを書き綴ったブログです
★新作商品紹介★


★ース騎のハセガワ版がバンダイ版に遅れること3か月後にリリース。バンダイ版とは違いファイター固定。バンダイ版は変形付きのものは立たせにくいという欠点があるのでハセガワ版を購入しようかな?★ ★VF-31Jハヤテ機のスーパーパック装備型が9月に登場。スーパーパック単体も同時リリース★ ★3D格闘ゲーのパイオニア「バーチャファイター」の晶がfigmaに登場。カクカクポリゴンの1仕様で立体化。サラも同時期に発売予定。(晶同様1仕様)ゲーム自体はガードボタンが別個に存在しているため、「鉄拳」よりも遊び辛かったな・・・★ ★第1部を元に実写化されているが、登場人物が全員日本人したりと出来は実写版進撃ばりの酷評を受けてしまった。★

【送料無料】仮面ライダーアギト Blu-ray BOX 1 【Blu-ray】
価格:16893円(税込、送料無料) (2016/9/4時点)



★元祖ワイルド系でギルスのご先祖・アマゾンがBDでリリース。必殺技が手刀で血が噴き出す描写はインパクト大。映像特典としてアマゾン役の岡崎徹とマサヒコ役の松田洋治の新規インタビュー収録。★ ★平成ライダー第二弾のアギトがBDに登場。平成の中では思い入れのある作品の一つで、合成まみれの戦闘シーンは好かんが、ドラマは良かったなぁ★ ★ワルキューレの2ndアルバムが秋にリリース。やはり美雲は小清水さんも歌えたのに他人のJUNNAに歌パートをやらせたのはおかしい。★ ★「レイアース」の主人公の一人・光がfigmaに登場。顔は原作ベースで作中でも印象深い猫耳用前髪パーツ付属。風ちゃん、海ちゃんも企画中★
★さらに新作★




★ギャバンの必殺武器・レーザーブレードが大人のトイとして登場。OPにBGMが流れ、大葉健二のセリフも聞けるがこの玩具用に新録。 ★マクロスΔのメインヒロイン・フレイアがデフォルトのステージ衣装で立体化。パーツの差し替えで「ルンピカ状態」も再現。★ ★原作版をイメージしたセーラームーンのフィギュアーツがリリース。第3部ver.で立体化するが、TVアニメ版とは異なり表情パーツが付かない。★ ★あの変態仮面実写版の第2弾が登場。世界中からパンティが消えるという事件に変態仮面が挑むが・・・鈴木亮平の肉体美、変態仮面の変態技が再びみられる。★

アイアムアヒーロー DVD通常版 [ 大泉洋 ]
価格:3160円(税込、送料無料) (2016/9/5時点)


機動戦士ガンダム THE ORIGIN 4【Blu-ray】 [ 矢立肇 ]
価格:5508円(税込、送料無料) (2016/9/5時点)


S.H.フィギュアーツ デビルマン D.C.[バンダイ]《01月予約》
価格:6550円(税込、送料別) (2016/9/7時点)


牙狼<GARO> Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ 小西大樹 ]
価格:28350円(税込、送料無料) (2016/9/7時点)


★同時期公開になったテラフォ実写版の惨さの陰に隠れていたものの、実はかなり好評だった「アイアム ア ヒーロー」がDVD・BDに登場。発売日は11月2日で通常版と豪華版の2種類リリース。ダメ男な主人公がゾンビ病が蔓延する世界で唯一の特技である射撃のスキルを活かしてサバイバルすることに・・という内容。原作は小学館漫画賞受賞作。★ ★シャアとセイラの過去を描いたORIGIN4部作の最終巻はシャアとララァの出会いを描く。主題歌は森口博子が担当するとのこと。来年からルウム編も制作予定とか。★ ★ありそうでなかったデビルマンがTVアニメ版で立体化。付属の鉄骨パーツでED「今日もどこかでデビルマン」の1シーンを再現可能★ ★昨年で10周年を迎えた牙狼の1期がBD化。TV版25話+未放送エピソード、TVSP「白夜の魔獣(DC版)」を収録。新規オーディオコメントなどの特典もあり。★
『去年10月期に放送され、酷評が相次いだTVアニメ『テラフォーマーズ』の続編が、来年4月より放送されることが決定。タイトルが『テラフォーマーズ リベンジ』と何やら意味深なものになっているが、前作で失望したファンからは「リベンジは不可能」という声が上がっており、すでに雲行きが怪しい。

 前回放送されたTVアニメでは、原作の残虐シーンをぶち壊すかのような黒塗り放送が話題を集め、原作ファンからは「黒塗りだらけで何やってるかすら不明」「規制するにしても、あまりに雑すぎる」「グロ要素あるのは知ってただろ。最初から黒塗りでやろうとしていたなら、その罪は重い」など、お叱りの声が噴出した。

「そんな失敗、2度とするものか!」とも受け取れる、気合いを入れたタイトル『テラフォーマーズ リベンジ』。同作ではタイトルだけでなく、主要スタッフも監督・浜崎博嗣氏から『ぬらりひょんの孫 ~千年魔京~』や『桜蘭高校ホスト部』など、多くの作品に携わってきたアニメーター・福田道生氏に、キャラクターデザインを筱雅律氏&木村智氏から、『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』の碇谷敦氏&『AKB0048』の相澤伽月氏に、シリーズ構成もヤスカワショウゴ氏から『俺、ツインテールになります。』の荒川稔久氏に、それぞれ変更している。ただ、「声優だけは豪華」と言われていたキャスト陣は、細谷佳正、木内秀信、伊藤静など、前回から引き継ぐ形となった。リベンジに向け、万全の体制を整えたのだろう。

 しかし、『テラフォーマーズ リベンジ』放送発表が行われても、「前作の酷さに対してのリベンジってこと?」「リベンジは無理だろ」「正直、スタッフ変えたからって良くなるもんでもないと思う。原作自体があまりアニメに向いてない」「どうせ戦いの最中に、虫の解説と過去回想ばかりなんだろ。誰がやっても、大して変わらないよ」「原作も人気ガタ落ちなのに、爆死アニメの2期とか死にたいのかよ」「『トランスフォーマー/リベンジ』のパクリ」などなど、いい声はまるで上がらない。

 さらに、やはりというか「暗い画面はやめてほしい」「暗い画面のバトルおんりー」「画面真っ暗でよくわからんアニメ。ストーリーが進まない」「画面2/3以上真っ黒に塗り潰すくらいなら最初から放映するな!馬鹿にしてんのか!?」「●」と、前作の黒塗りという黒歴史は消せないようだ。

 アニメ2期も実写映画も、去年のTVアニメの失敗を見事リベンジしてほしいものだが、1度失った信頼を再び取り戻すのは難しいようだ。』

とネットで掲載されていた。
 
1期のTV放送版は
*黒丸規制をした・残酷描写に黒靄を入れてる(DVD・BD化の折、黒塗り部分は無くなっているが)
*火星に向かう前のエピソードを丸々カット。(マルコスとアレックスが火星調査隊に志願した動機(原作2話)はDVD・BD2巻同梱のCDドラマで語られたが)
*1期は単行本6巻収録分までをアニメ化したが進撃とは違って伏線と思しいものは殆どカット
・原作では火星出発前にロシア組が伏線を語ってるがそこがカット(ロシア組が燈の存在を知っていたこと、ドイツの手術リストに難易度の高いベースがあると言ってる)
・ミッシェルと燈の特異体質の謎
・燈がデザイナーズチャイルドであることが6巻で語られてるが、アニメでは語られなかった
・アネックス計画が予定より早まった理由
・A.Eウィルスの謎が少し語られてるがカット
*アドルフ回(4巻後半~5巻にあたる)を3話にわたって放送したため、アドルフの戦死→日米合同1班のシーンに移る時端折りすぎた。(蚕Gを見た小吉の心理描写などがない)
*アクションシーンが売りの作品なのにアクションシーンの見せ方が下手。
進撃と違って1クールしか放送されなかったため粗が目立ち、駄作と化してしまった。

いくら進撃の巨人と同じ「このマンガがすごい」1位受賞作と言っても進撃にはなれなかった作品だからリベンジと銘打っても、スタッフを挿げ替えても爆死は免れないか?

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:テラフォーマーズ - ジャンル:アニメ・コミック

【2015/11/18 23:58】 | テラフォーマーズ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック