日ごろ見たアニメやTV番組の感想など趣味をことを書き綴ったブログです
★新作商品紹介★


★ース騎のハセガワ版がバンダイ版に遅れること3か月後にリリース。バンダイ版とは違いファイター固定。バンダイ版は変形付きのものは立たせにくいという欠点があるのでハセガワ版を購入しようかな?★ ★VF-31Jハヤテ機のスーパーパック装備型が9月に登場。スーパーパック単体も同時リリース★ ★3D格闘ゲーのパイオニア「バーチャファイター」の晶がfigmaに登場。カクカクポリゴンの1仕様で立体化。サラも同時期に発売予定。(晶同様1仕様)ゲーム自体はガードボタンが別個に存在しているため、「鉄拳」よりも遊び辛かったな・・・★ ★第1部を元に実写化されているが、登場人物が全員日本人したりと出来は実写版進撃ばりの酷評を受けてしまった。★

【送料無料】仮面ライダーアギト Blu-ray BOX 1 【Blu-ray】
価格:16893円(税込、送料無料) (2016/9/4時点)



★元祖ワイルド系でギルスのご先祖・アマゾンがBDでリリース。必殺技が手刀で血が噴き出す描写はインパクト大。映像特典としてアマゾン役の岡崎徹とマサヒコ役の松田洋治の新規インタビュー収録。★ ★平成ライダー第二弾のアギトがBDに登場。平成の中では思い入れのある作品の一つで、合成まみれの戦闘シーンは好かんが、ドラマは良かったなぁ★ ★ワルキューレの2ndアルバムが秋にリリース。やはり美雲は小清水さんも歌えたのに他人のJUNNAに歌パートをやらせたのはおかしい。★ ★「レイアース」の主人公の一人・光がfigmaに登場。顔は原作ベースで作中でも印象深い猫耳用前髪パーツ付属。風ちゃん、海ちゃんも企画中★
★さらに新作★




★ギャバンの必殺武器・レーザーブレードが大人のトイとして登場。OPにBGMが流れ、大葉健二のセリフも聞けるがこの玩具用に新録。 ★マクロスΔのメインヒロイン・フレイアがデフォルトのステージ衣装で立体化。パーツの差し替えで「ルンピカ状態」も再現。★ ★原作版をイメージしたセーラームーンのフィギュアーツがリリース。第3部ver.で立体化するが、TVアニメ版とは異なり表情パーツが付かない。★ ★あの変態仮面実写版の第2弾が登場。世界中からパンティが消えるという事件に変態仮面が挑むが・・・鈴木亮平の肉体美、変態仮面の変態技が再びみられる。★

アイアムアヒーロー DVD通常版 [ 大泉洋 ]
価格:3160円(税込、送料無料) (2016/9/5時点)


機動戦士ガンダム THE ORIGIN 4【Blu-ray】 [ 矢立肇 ]
価格:5508円(税込、送料無料) (2016/9/5時点)


S.H.フィギュアーツ デビルマン D.C.[バンダイ]《01月予約》
価格:6550円(税込、送料別) (2016/9/7時点)


牙狼<GARO> Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ 小西大樹 ]
価格:28350円(税込、送料無料) (2016/9/7時点)


★同時期公開になったテラフォ実写版の惨さの陰に隠れていたものの、実はかなり好評だった「アイアム ア ヒーロー」がDVD・BDに登場。発売日は11月2日で通常版と豪華版の2種類リリース。ダメ男な主人公がゾンビ病が蔓延する世界で唯一の特技である射撃のスキルを活かしてサバイバルすることに・・という内容。原作は小学館漫画賞受賞作。★ ★シャアとセイラの過去を描いたORIGIN4部作の最終巻はシャアとララァの出会いを描く。主題歌は森口博子が担当するとのこと。来年からルウム編も制作予定とか。★ ★ありそうでなかったデビルマンがTVアニメ版で立体化。付属の鉄骨パーツでED「今日もどこかでデビルマン」の1シーンを再現可能★ ★昨年で10周年を迎えた牙狼の1期がBD化。TV版25話+未放送エピソード、TVSP「白夜の魔獣(DC版)」を収録。新規オーディオコメントなどの特典もあり。★
原作を読んだ上で視聴したアニメ版テラフォ。その総括を。

<構成>
何かと比較対象にされる「進撃の巨人」がじっくり話を書いていてなおかつ原作重視の作風だったのに対し(4巻収録分の訓練生時代の話を前に持ってきたが)、テラフォは1話の段階で原作4話分の話を詰め込んだ上、端折りすぎと言う作風にしたため説明不足だったり、登場人物の背景がわかり辛いところが見られ、さらに話が進んで行っても原作通りの流れではないため、原作のシーンからカットされたり、改悪されていたり重要と思われるセリフが端折られていたりとわかり辛さにつながってる。原作では謎はあっても進撃よりは少なかったのだが。

<声優>
おおむね悪くはないが、ミッシェルさんが伊藤静さんなのは私的には良くない。原作読んでもミッシェルさんは大原さやかさんのイメージで読んでるし。
予想外だったのは遊佐浩二さん。ウラタロスと言い、白澤と言い遊佐さん=ナンパマンキャラのイメージがあったので遊佐さんがナンパマンなジョセフをやると思っていたがアドルフを演じたのは意外です。
ハマりすぎなのは石塚さんのアシモフ隊長でしょ。

<YJ作品は>
「極黒のブリュンヒルデ」「東京喰種」が13話構成で(「グール」は2期放送決定)YJ作品のアニメ化は良くない酷評されたらしいがテラフォの方もそういう運命になってしまったか・・

放送話数が25・26話ほどあり(途中で終わるのは仕方ないとはいえ)構成がヤスカワショウゴと同じ「ジョジョ」の脚本家で「進撃」の構成だった小林靖子辺りが担当すれば良かったと思うのだが。(小林靖子云々って言ってるのはテラフォが進撃と似てるため)

<演出>
 1話の段階で黒塗り規制をやってしまったのがネック。「進撃」で巨人が人間を喰うシーン、同じ秋改編組の「寄生獣」でパラサイトが人間を喰らう描写は規制がかからなかったのに、テラフォでGに殺された人の描写に黒丸規制を入れてしまったりしたので評価が落ちてしまった所がネックすぎた。ニコ動・GYAOでは規制シーン解禁バージョンが限定で放送されたが、ディスク化にあたり規制解除ってのもねぇ。黒丸規制かかったのは演出の下手くそさだろう。
やたら止め絵が多く、アクションシーンに動きも感じられない。

全体的にアクション重視のシンプルな構造と考えると演出・脚本次第では進撃並みのポテンシャルはあったと思われるが、端折りすぎる構成、改悪の方が多い演出とかを見ると原作での出来(特に画力)は進撃以上でもアニメ版の出来は進撃以下としか言いようがない。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:テラフォーマーズ - ジャンル:アニメ・コミック

【2014/12/21 20:18】 | テラフォーマーズ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック