日ごろ見たアニメやTV番組の感想など趣味をことを書き綴ったブログです
★新作商品紹介★


★ース騎のハセガワ版がバンダイ版に遅れること3か月後にリリース。バンダイ版とは違いファイター固定。バンダイ版は変形付きのものは立たせにくいという欠点があるのでハセガワ版を購入しようかな?★ ★VF-31Jハヤテ機のスーパーパック装備型が9月に登場。スーパーパック単体も同時リリース★ ★3D格闘ゲーのパイオニア「バーチャファイター」の晶がfigmaに登場。カクカクポリゴンの1仕様で立体化。サラも同時期に発売予定。(晶同様1仕様)ゲーム自体はガードボタンが別個に存在しているため、「鉄拳」よりも遊び辛かったな・・・★ ★第1部を元に実写化されているが、登場人物が全員日本人したりと出来は実写版進撃ばりの酷評を受けてしまった。★

【送料無料】仮面ライダーアギト Blu-ray BOX 1 【Blu-ray】
価格:16893円(税込、送料無料) (2016/9/4時点)



★元祖ワイルド系でギルスのご先祖・アマゾンがBDでリリース。必殺技が手刀で血が噴き出す描写はインパクト大。映像特典としてアマゾン役の岡崎徹とマサヒコ役の松田洋治の新規インタビュー収録。★ ★平成ライダー第二弾のアギトがBDに登場。平成の中では思い入れのある作品の一つで、合成まみれの戦闘シーンは好かんが、ドラマは良かったなぁ★ ★ワルキューレの2ndアルバムが秋にリリース。やはり美雲は小清水さんも歌えたのに他人のJUNNAに歌パートをやらせたのはおかしい。★ ★「レイアース」の主人公の一人・光がfigmaに登場。顔は原作ベースで作中でも印象深い猫耳用前髪パーツ付属。風ちゃん、海ちゃんも企画中★
★さらに新作★




★ギャバンの必殺武器・レーザーブレードが大人のトイとして登場。OPにBGMが流れ、大葉健二のセリフも聞けるがこの玩具用に新録。 ★マクロスΔのメインヒロイン・フレイアがデフォルトのステージ衣装で立体化。パーツの差し替えで「ルンピカ状態」も再現。★ ★原作版をイメージしたセーラームーンのフィギュアーツがリリース。第3部ver.で立体化するが、TVアニメ版とは異なり表情パーツが付かない。★ ★あの変態仮面実写版の第2弾が登場。世界中からパンティが消えるという事件に変態仮面が挑むが・・・鈴木亮平の肉体美、変態仮面の変態技が再びみられる。★

アイアムアヒーロー DVD通常版 [ 大泉洋 ]
価格:3160円(税込、送料無料) (2016/9/5時点)


機動戦士ガンダム THE ORIGIN 4【Blu-ray】 [ 矢立肇 ]
価格:5508円(税込、送料無料) (2016/9/5時点)


S.H.フィギュアーツ デビルマン D.C.[バンダイ]《01月予約》
価格:6550円(税込、送料別) (2016/9/7時点)


牙狼<GARO> Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ 小西大樹 ]
価格:28350円(税込、送料無料) (2016/9/7時点)


★同時期公開になったテラフォ実写版の惨さの陰に隠れていたものの、実はかなり好評だった「アイアム ア ヒーロー」がDVD・BDに登場。発売日は11月2日で通常版と豪華版の2種類リリース。ダメ男な主人公がゾンビ病が蔓延する世界で唯一の特技である射撃のスキルを活かしてサバイバルすることに・・という内容。原作は小学館漫画賞受賞作。★ ★シャアとセイラの過去を描いたORIGIN4部作の最終巻はシャアとララァの出会いを描く。主題歌は森口博子が担当するとのこと。来年からルウム編も制作予定とか。★ ★ありそうでなかったデビルマンがTVアニメ版で立体化。付属の鉄骨パーツでED「今日もどこかでデビルマン」の1シーンを再現可能★ ★昨年で10周年を迎えた牙狼の1期がBD化。TV版25話+未放送エピソード、TVSP「白夜の魔獣(DC版)」を収録。新規オーディオコメントなどの特典もあり。★
鎧武の後番として放送される新ライダーの詳細が発表。

新作ライダーのタイトルは「仮面ライダードライブ」。
車がモチーフのライダーで今回はバイクに乗らず車に乗るとのこと。
「RX]「響鬼」で車使っていたとはいえ、バイクなしではもうライダーじゃないだろと言いたい。

・ドライブ自体はアクセルに車のパーツを付けたデザイン。
・主人公は刑事で意思を持つベルトの力でドライブに。刑事ライダーは前例があるので驚かないがまた改造人間じゃないぞ。「ロボコップ」風に謎の怪人と戦って殉職したが、警察の特務チームが研究していたサイボーグ計画の被験者として改造手術を受けた・・・の方が・・・
・構成は三条陸氏で仮面ライダーの世界観に「謎解き」と「事件解決」という刑事ドラマの魅力を加え、子供たちだけでなく幅広い世代が楽しめる「仮面ライダー×刑事ドラマ」をコンセプトに掲げている。これも「W」で2話完結ではあるものの探偵ドラマ+解決編をやってるからねぇ。
・主題歌はW劇場版+Vシネマに出演した松岡充率いる限定バンドの「「Mitsuru Matsuoka EARNEST DRIVE」で「SURPRISE-DRIVE」。

<ライダー>
 主人公である刑事・泊進ノ介が、仲間のミニカー=「シフトカー」を左手首に装着した「シフトブレス」に挿入。変身ベルト「ドライブドライバー」で変身した姿。
 戦いの基盤となるスーパーマシン=トライドロンを駆使、さらに「シフトカー」に秘められた様々な超能力で戦います。「シフトカー」の力で胸のタイヤを交換し、攻撃能力も変化。その都度、トライドロンのタイヤが変化し、射出され、仮面ライダードライブの武装に。

<ライダーのベルト・ドライブドライバー>
仮面ライダードライブのベルト。ベルトでありながら人間と同様の意思を持っています。言葉を発して進ノ介を仮面ライダーとして教育、成長させていくことから、進ノ介は「ベルトさん」と呼んでいます。
「ベルトさん」はドライブと協力して、すべてのシステムをコントロール。シフトカーに指令を出す。
 トライドロンではデッキボードの周辺に格納され、進ノ介らドライバーと会話をしながら走行。(昔やってた「ナイトライダー」や「サイバーフォーミュラ」か?)

<シフトカー>
それぞれが意思を持ったミニカーで、調査などにも活躍する仮面ライダードライブの仲間。様々なシフトカーをシフトブレスに挿入、その都度スーパーマシン=トライドロンのタイヤも変化し、ドライブに射出され武装となります。基本のフォームは赤の「タイプスピード」。これにシフトカーを挿入することでタイヤ交換を行い、様々に能力を変化させます。
 そのほか、シフトカーには仮面ライダードライブのフォームを変化させるものもあり、ドライブのボディも変化。「タイプスピード」から様々なタイプへと変化。現段階ではマックスフレア・シフトスピード・ミッドナイトシャドー・ファンキースパイクが判明

<今回のキモ・ドライドロン>
仮面ライダードライブが運転するスーパーマシン。普段は警視庁・特状課が所有する車ですが、敵の存在をドライブドライバーが感知すると左前輪がむき出しとなる形態へと変化します。さらにドライブドライバーの指令によって、基本形のタイプスピードから、様々な環境に対応できるよう形態も変化。

<敵>
成長進化するアンドロイドのような存在。人間になることに強いあこがれを持っており、世界一斉蜂起を狙っています。現在は一部のリーダーを残してネットワーク内に「光」として四散していますが、一斉蜂起のため、リーダーたちは「光」を残された基盤に入れ、ロイミュードの復活を試みます。一方で独自にネットワークから復活しようとする者もいます。その際にウェブ上の情報の中から濃い人間の思念を学習、超能力を持つようになります。これが市井の人々にアクセスし、様々な怪事件を引き起こします。

<登場人物>(TV朝日の公式サイトから抜粋)
【警視庁特状課】
泊進ノ介(とまり・しんのすけ)/仮面ライダードライブ……竹内涼真(たけうち・りょうま)
 仮面ライダードライブに変身する青年。警視庁特状課・巡査。
 特状課に“島流し”となり、やる気を失っている。以前は熱血漢のエリートだったが、過去の部署である事件に遭遇。同僚刑事を再起不能にしてしまったことがトラウマとなっていた。
 ドライブドライバーと出会い、秘密のヒーロー、仮面ライダードライブとなることで新たな目標を見出していく。
詩島霧子(しじま・きりこ)……内田理央(うちだ・りお) 
警視庁特状課・巡査。本作のヒロイン。
 美人だが、恐ろしいほど笑わず、機械的に仕事を遂行する。実は仮面ライダードライブの正体を知る人物で、実戦では進ノ介の片腕として活躍する。格闘戦などにも長けた、スーパーアシスタント。
追田現八郎(おった・げんぱちろう)……井俣太良(いまた・たいら) 
警視庁捜査一課・警部補。捜査一課から協力連絡員として派遣されている現役バリバリの刑事。
 特状課の仕事を完全に厄介事と思っており、「オカルト同好会」などとバカにする。口は悪いが頼れる刑事で、意外と進ノ介とは手が合う。実は物凄い子煩悩で、それだけは誰にも知られたくないと思っている。
沢神りんな(さわがみ・りんな)……吉井 怜(よしい・れい) 
警視庁特状課・客員電子物理学者。敵怪人の能力などの研究を行っている。
 メカニック担当として進ノ介の二重捜査を助ける。
 独身。内心ちょっと焦っている。明るい性格で特状課のムードメーカー。
西城 究(さいじょう・きゅう)……浜野謙太(はまの・けんた) 
警視庁特状課客員ネットワーク研究家。ネットワーク関連の著書を多数持つデジタルの専門家。情報収集能力も高い。いわゆるオタク的風貌。独身。オカルト的な趣味もやや危険な領域に入ってきており、事件に対するアプローチは時として一同のひんしゅくを買うことも。
本願寺純(ほんがんじ・じゅん)……片岡鶴太郎(かたおか・つるたろう) 
警視庁特状課・課長(役職・警視)。
 トラブルが大嫌いな穏健派。サボり癖のある進ノ介のことで、霧子に見張りを命じている。占いや風水が気になるらしく、ネクタイの色はその日のラッキーカラー。
【敵役】
ハート(ハート・ロイミュード)……蕨野友也(わらびの・ともや)
 ロイミュードの幹部。近寄りがたい風貌の黒いコートの男。ロイミュードの指導者として暗躍する。
 細かいことを気にしない目立ちたがり屋で、時に強引に事を進めるが、その力は未だ未知数。
ブレン(ブレン・ロイミュード)……松島庄汰(まつしま・しょうた) 
ロイミュードの幹部。ロイミュードの頭脳で分析や情報収集を担当する。神経質な性格で仮面ライダードライブをもっとも危険視している。神経に作用する攻撃を行うことができる。
チェイス……上遠野太洸(かとおの・たいこう)
「死神」の異名をとるバイクに乗ったロイミュードの殺し屋。仮面ライダーのライバル戦士となる寡黙な色男だが、その正体は謎に包まれている。
スポンサーサイト

【2014/08/28 18:02】 | 特撮
トラックバック(1) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
今日、仮面ライダードライブの制作発表が行われました。 7月下旬~8月上旬に制作発表が行われる噂が立ちましたが、鎧武の時よりさらに1ヶ月遅い発表でした。 バイクには一切乗らず、車に乗る掟破りの仮面ライダー。過去には車に乗る仮面ライダーはいましたが、バイクには乗っていました。 主人公は刑事なので、刑事ドラマとして話が展開されていく。刑事ライダーといえばG3やアクセルがいましたよね。 ちな...
2014/08/29(Fri) 03:30:00 |  Hybrid-Hills