日ごろ見たアニメやTV番組の感想など趣味をことを書き綴ったブログです
★新作商品紹介★


★ース騎のハセガワ版がバンダイ版に遅れること3か月後にリリース。バンダイ版とは違いファイター固定。バンダイ版は変形付きのものは立たせにくいという欠点があるのでハセガワ版を購入しようかな?★ ★VF-31Jハヤテ機のスーパーパック装備型が9月に登場。スーパーパック単体も同時リリース★ ★3D格闘ゲーのパイオニア「バーチャファイター」の晶がfigmaに登場。カクカクポリゴンの1仕様で立体化。サラも同時期に発売予定。(晶同様1仕様)ゲーム自体はガードボタンが別個に存在しているため、「鉄拳」よりも遊び辛かったな・・・★ ★第1部を元に実写化されているが、登場人物が全員日本人したりと出来は実写版進撃ばりの酷評を受けてしまった。★

【送料無料】仮面ライダーアギト Blu-ray BOX 1 【Blu-ray】
価格:16893円(税込、送料無料) (2016/9/4時点)



★元祖ワイルド系でギルスのご先祖・アマゾンがBDでリリース。必殺技が手刀で血が噴き出す描写はインパクト大。映像特典としてアマゾン役の岡崎徹とマサヒコ役の松田洋治の新規インタビュー収録。★ ★平成ライダー第二弾のアギトがBDに登場。平成の中では思い入れのある作品の一つで、合成まみれの戦闘シーンは好かんが、ドラマは良かったなぁ★ ★ワルキューレの2ndアルバムが秋にリリース。やはり美雲は小清水さんも歌えたのに他人のJUNNAに歌パートをやらせたのはおかしい。★ ★「レイアース」の主人公の一人・光がfigmaに登場。顔は原作ベースで作中でも印象深い猫耳用前髪パーツ付属。風ちゃん、海ちゃんも企画中★
★さらに新作★




★ギャバンの必殺武器・レーザーブレードが大人のトイとして登場。OPにBGMが流れ、大葉健二のセリフも聞けるがこの玩具用に新録。 ★マクロスΔのメインヒロイン・フレイアがデフォルトのステージ衣装で立体化。パーツの差し替えで「ルンピカ状態」も再現。★ ★原作版をイメージしたセーラームーンのフィギュアーツがリリース。第3部ver.で立体化するが、TVアニメ版とは異なり表情パーツが付かない。★ ★あの変態仮面実写版の第2弾が登場。世界中からパンティが消えるという事件に変態仮面が挑むが・・・鈴木亮平の肉体美、変態仮面の変態技が再びみられる。★

アイアムアヒーロー DVD通常版 [ 大泉洋 ]
価格:3160円(税込、送料無料) (2016/9/5時点)


機動戦士ガンダム THE ORIGIN 4【Blu-ray】 [ 矢立肇 ]
価格:5508円(税込、送料無料) (2016/9/5時点)


S.H.フィギュアーツ デビルマン D.C.[バンダイ]《01月予約》
価格:6550円(税込、送料別) (2016/9/7時点)


牙狼<GARO> Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ 小西大樹 ]
価格:28350円(税込、送料無料) (2016/9/7時点)


★同時期公開になったテラフォ実写版の惨さの陰に隠れていたものの、実はかなり好評だった「アイアム ア ヒーロー」がDVD・BDに登場。発売日は11月2日で通常版と豪華版の2種類リリース。ダメ男な主人公がゾンビ病が蔓延する世界で唯一の特技である射撃のスキルを活かしてサバイバルすることに・・という内容。原作は小学館漫画賞受賞作。★ ★シャアとセイラの過去を描いたORIGIN4部作の最終巻はシャアとララァの出会いを描く。主題歌は森口博子が担当するとのこと。来年からルウム編も制作予定とか。★ ★ありそうでなかったデビルマンがTVアニメ版で立体化。付属の鉄骨パーツでED「今日もどこかでデビルマン」の1シーンを再現可能★ ★昨年で10周年を迎えた牙狼の1期がBD化。TV版25話+未放送エピソード、TVSP「白夜の魔獣(DC版)」を収録。新規オーディオコメントなどの特典もあり。★
24回 ソウル(1988年)
・1964年の東京についでアジアで開催された大会。1972年のミュンヘン大会以来、五輪は度重なるボイコット騒動に見舞われたが、ソウルで開催された今大会には、久々に東西の両陣営が顔を揃えた。
・開会式では、オリンピック賛歌を合唱する事と、五輪旗・開催国旗掲揚、開催国の国歌斉唱、最終聖火ランナーによるトーチ点灯、そして平和の象徴の鳩が飛ばされる事になっているが、本来なら点火式の後に放つはずだった鳩を先に放ってしまい、何羽かの鳩が聖火台に止まり、ランナーがそのまま聖火を点灯して焼いてしまったというパフニングが発生。1998年の長野(冬季)以降は映像を流す、着ぐるみなど代替で行うようになった
・陸上競技男子100mで、カナダのベン・ジョンソンが、前年の世界陸上ローマ大会で自ら出した当時の世界最高記録9秒83を100分の4秒短縮する9秒79の新記録で、9秒92だった2位のカール・ルイスを数m引き離し優勝したが、レース後のドーピング検査でステロイド系の筋肉増強剤であるスタノゾロールの陽性反応により金メダルを剥奪され、カール・ルイスが金メダルを獲得した。
また、ジョンソンの記録については、この大会のもののみにとどまらず、前年記録した9秒83も1989年に取り消された
・競泳・男子100メートル背泳ぎ、鈴木大地が「バサロスタート」を武器に世界記録保持者バーコフをタッチの差で退け、金メダルを獲得。私、高校の公演で本物を見たんですよ。

25回 バルセロナ(1992年)
・冷戦終結後に開催されたオリンピック
・バルセロナ市内のオリンピック体育館を磯崎新が設計したほか、開会式では坂本龍一がマスゲームの音楽を作曲、会場でオーケストラを指揮するなど、日本人が競技以外でも活躍した大会となった。
・男子柔道の吉田秀彦が金メダルを獲得。大会直前に同71キロ級の古賀稔彦と練習(乱取り)を行ったが、その最中に古賀が左膝を負傷するという事故が発生した。しかし古賀はその負傷をおして出場し、吉田とともに金メダルを獲得している。
・女子柔道が本大会から採用。当時高校生だった田村(現:谷)亮子らが出場し、7階級で銀3個、銅2個を獲得したが、金メダルを獲得することはできなかった。
・男子陸上マラソンでは、森下広一がメキシコシティオリンピック(1968年)の君原健二以来24年ぶりの銀メダルを獲得した。
・女子陸上では、マラソンの有森裕子がアムステルダムオリンピック(1928年)の800mの人見絹枝以来64年ぶりの銀メダルを獲得した。ちなみに有森は人見と同じ岡山出身。
・男子バスケットボールでは、アメリカがNBAプレイヤーで固めた「ドリームチーム」を結成し、他チームを圧倒して金メダルを獲得した。

26回 アトランタ(1996年)
・近代オリンピック百周年にあたるこの大会の開催地は、第一回大会開催地のアテネでの開催が有力視されていたが、アトランタに決定した。この決定について、五輪最大のスポンサーであるコカ・コーラ社の本社がアトランタにあることから、商業主義に走った決定ではないかという批判もあった。
・最終聖火ランナーはローマで金メダルを取ったモハメド・アリ

27回 シドニー(2000年)
・1956年のメルボルン以来南半球で開催。ミレニアムに開催されたので「ミレニアムオリンピック」とも。競輪やトランポリン、トライアスロンなどが登場
・最終聖火ランナーはアボジリニーのキャシー・フリーマン。
・柔道で田村亮子が悲願の金メダル。他にも柔道では2大会連続金メダルの野村忠宏をはじめ、井上康生や瀧本誠らが金メダルを獲得した。一方、篠原信一が決勝で審判の誤審により銀メダルになるというトラブルも起こった。
・マラソンでは、高橋尚子が日本の女子陸上競技として初の金メダルを獲得(オリンピック新記録)。女子マラソン中継の平均視聴率が40%を超えるなど日本中で話題になり、国民栄誉賞となった。

28回 アテネ(2004年)
・女子レスリングが正式種目に
・柔道男子60kg級で、日本の野村忠宏が前人未到の3大会連続で金メダルを獲得。また女子48kg級で同じく日本の谷亮子が2大会連続の金メダル(メダル獲得は4大会連続)を獲得した。この他、日本勢は男女合わせて8階級を制覇。
・体操男子総合でモントリオール以来の金メダルを獲得。
・男子バスケットボールでは、アメリカのドリームチームが初めて金メダルを逃した。同国を破った勢いでアルゼンチンが金メダルを獲得。
・男子ハンマー投で優勝したハンガリーのアドリアン・アヌシュが、試合後のドーピング検査を拒否し失格、金メダル剥奪処分となった。代わって2位だった日本の室伏広治が繰上げで金メダルを獲得した。
・男子マラソンでは、ブラジルのバンデルレイ・デ・リマが先頭だった35km地点過ぎで乱入男にコース外へ押し出され約10秒間のロス、大きくリズムを崩すも、3位でゴール。国際オリンピック委員会は、スポーツマンシップを讃えるとしてピエール・ド・クーベルタンの名前を冠した特別メダルを授与した。女子マラソンでは日本の野口みずきが優勝した。
・日本のメダル総数は37個で金メダルは東京とタイ記録。

29回 北京(2008年)
・アジアでの夏季五輪開催は1988年のソウル以来20年ぶり
•競泳の北島康介が男子平泳ぎ100m、200mでアテネ大会に続く2大会連続2種目制覇を達成。
•レスリング女子では55kg級の吉田沙保里、63kg級の伊調馨が2連覇を達成。
•フェンシング・男子フルーレ個人で太田雄貴が日本フェンシング史上初のメダルとなる銀メダルを獲得。

30回 ロンドン(2012年)
・これまでイスラム教の戒律に基づき、男性しか出場させていなかったサウジアラビア、カタール、ブルネイが女性選手を派遣することになり、オリンピック史上初めてすべての国・地域から女性選手が参加できる大会となった(諸事情で女子が参加できなかった国・地域も存在)
・陸上競技では夏季オリンピックで初となる電子式スターターピストルが導入された。
・この大会は日本にとってストックホルムオリンピック(1912年)での近代オリンピック初参加からちょうど100年を迎える大会である。また、ロンドンオリンピック自体は3回目(非開催の1944年大会も数えると4回目)の開催だが、日本は1908年大会には選手を派遣せず、1948年大会は敗戦国で参加が認められなかったため、この2012年大会が初めてのロンドンオリンピック参加となった。
•サッカー女子“なでしこジャパン”は決勝でアメリカに敗れるも史上初のメダル獲得となる銀メダル。男子は1968年メキシコシティ大会で銅メダルを獲得して以来、44年ぶりのベスト4に入った。
•ボクシング男子でミドル75kg級の村田諒太が日本人として1964年東京大会以来48年ぶりとなる金メダルを獲得。
•体操男子個人総合で内村航平が日本人では1984年ロサンゼルス大会の具志堅幸司以来となる金メダル。内村は団体と種目別ゆかでも銀メダルを獲得。
•レスリングは女子フリースタイル55kg級の吉田沙保里、63kg級の伊調馨がそろって3連覇を達成。48kg級の小原日登美、男子フリースタイル66kg級の米満達弘も金メダルを獲得した。
•柔道は金メダル獲得が女子57kg級の松本薫の1個のみ。男子は1964年東京大会でオリンピック競技に採用されて以来初の金メダルなしに終わった。


スポンサーサイト

【2013/09/22 00:44】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック