FC2ブログ
日ごろ見たアニメやTV番組の感想など趣味をことを書き綴ったブログです
★新作商品紹介★


★ース騎のハセガワ版がバンダイ版に遅れること3か月後にリリース。バンダイ版とは違いファイター固定。バンダイ版は変形付きのものは立たせにくいという欠点があるのでハセガワ版を購入しようかな?★ ★VF-31Jハヤテ機のスーパーパック装備型が9月に登場。スーパーパック単体も同時リリース★ ★3D格闘ゲーのパイオニア「バーチャファイター」の晶がfigmaに登場。カクカクポリゴンの1仕様で立体化。サラも同時期に発売予定。(晶同様1仕様)ゲーム自体はガードボタンが別個に存在しているため、「鉄拳」よりも遊び辛かったな・・・★ ★第1部を元に実写化されているが、登場人物が全員日本人したりと出来は実写版進撃ばりの酷評を受けてしまった。★

【送料無料】仮面ライダーアギト Blu-ray BOX 1 【Blu-ray】
価格:16893円(税込、送料無料) (2016/9/4時点)



★元祖ワイルド系でギルスのご先祖・アマゾンがBDでリリース。必殺技が手刀で血が噴き出す描写はインパクト大。映像特典としてアマゾン役の岡崎徹とマサヒコ役の松田洋治の新規インタビュー収録。★ ★平成ライダー第二弾のアギトがBDに登場。平成の中では思い入れのある作品の一つで、合成まみれの戦闘シーンは好かんが、ドラマは良かったなぁ★ ★ワルキューレの2ndアルバムが秋にリリース。やはり美雲は小清水さんも歌えたのに他人のJUNNAに歌パートをやらせたのはおかしい。★ ★「レイアース」の主人公の一人・光がfigmaに登場。顔は原作ベースで作中でも印象深い猫耳用前髪パーツ付属。風ちゃん、海ちゃんも企画中★
★さらに新作★




★ギャバンの必殺武器・レーザーブレードが大人のトイとして登場。OPにBGMが流れ、大葉健二のセリフも聞けるがこの玩具用に新録。 ★マクロスΔのメインヒロイン・フレイアがデフォルトのステージ衣装で立体化。パーツの差し替えで「ルンピカ状態」も再現。★ ★原作版をイメージしたセーラームーンのフィギュアーツがリリース。第3部ver.で立体化するが、TVアニメ版とは異なり表情パーツが付かない。★ ★あの変態仮面実写版の第2弾が登場。世界中からパンティが消えるという事件に変態仮面が挑むが・・・鈴木亮平の肉体美、変態仮面の変態技が再びみられる。★

アイアムアヒーロー DVD通常版 [ 大泉洋 ]
価格:3160円(税込、送料無料) (2016/9/5時点)


機動戦士ガンダム THE ORIGIN 4【Blu-ray】 [ 矢立肇 ]
価格:5508円(税込、送料無料) (2016/9/5時点)


S.H.フィギュアーツ デビルマン D.C.[バンダイ]《01月予約》
価格:6550円(税込、送料別) (2016/9/7時点)


牙狼<GARO> Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ 小西大樹 ]
価格:28350円(税込、送料無料) (2016/9/7時点)


★同時期公開になったテラフォ実写版の惨さの陰に隠れていたものの、実はかなり好評だった「アイアム ア ヒーロー」がDVD・BDに登場。発売日は11月2日で通常版と豪華版の2種類リリース。ダメ男な主人公がゾンビ病が蔓延する世界で唯一の特技である射撃のスキルを活かしてサバイバルすることに・・という内容。原作は小学館漫画賞受賞作。★ ★シャアとセイラの過去を描いたORIGIN4部作の最終巻はシャアとララァの出会いを描く。主題歌は森口博子が担当するとのこと。来年からルウム編も制作予定とか。★ ★ありそうでなかったデビルマンがTVアニメ版で立体化。付属の鉄骨パーツでED「今日もどこかでデビルマン」の1シーンを再現可能★ ★昨年で10周年を迎えた牙狼の1期がBD化。TV版25話+未放送エピソード、TVSP「白夜の魔獣(DC版)」を収録。新規オーディオコメントなどの特典もあり。★
安彦良和氏が手掛けたガンダムの漫画「~THE ORIGIN」TV版を視聴。
シャアとセイラの過去を描き、キャスバルが如何にしてシャアとなったかを描いたOVA「シャアとセイラ編」6話をTV用に再編したもの。

OPはLUNA SEA。ギターのSUGIZOがガンダムファンだったため実現したらしいが、Z劇場版のGackt、OO(1期)のラルクといい、ファンを公言している人が主題歌担当とは・・・

 冒頭はジオン・ズム・ダイクンの死から描かれる。ジオン・ダイクンはコロニーの自治権を声明した演説を行おうとしたが心臓発作で死去。側近の一人であるデギンは一族を利用してジオン共和国内の地位を固めていく。
・ジオンの葬式の最中、ザビ家次男サスロがテロに遭って死去する。サスロは小説版では名前のみ登場していたのだが、映像で登場するのは本作が初めて。サスロの死はダイクン派のテロではなくキシリアが犯人?葬儀の前日、サスロとキシリアは口論を繰り広げていたので。
・キシリアはTV・映画よりも目つきの鋭い女性に変えられ、いかにも「女傑」って感じの容姿に変えられてる。
・ガルマは少年時代のキャスバルとは面識がちょっとあるって風になってるけど、前髪をいじる癖は子供の頃からだったようだ。
・ジオン・ダイクンの死はザビ家の陰謀だと思ってるジンバ・ラルの声は「0083」で出演していた茶風林。
・ランバ・ラルとハモンはジオン公国ができる前の付き合いである上、ハモンはアストライアの友人でもあった。ハモンが歌姫として働いているバーではランバ・ラルの部下たちがたむろしていた。いかにも下っ端なタチはハモンが好きみたいでやけ酒しているシーンも。
ダイクンの屋敷にキシリアが現れ、キャスバルはキシリアと対面することになるって所で次へ。
キャスバル(少年時代)の声はあの田中真弓。ガンダムは初出演ですよね?あのひと。


【中古】アニメBlu-ray Disc 機動戦士ガンダム THE ORIGIN I 青い瞳のキャスバル​​


【オリコン加盟店】初回限定盤A★安彦良和“機動戦士ガンダム THE ORIGIN”イラストジャケット仕様■LUNA SEA CD【宇宙の詩 〜Higher and Higher〜/悲壮美】19/5/29発売【楽ギフ_包装選択】
スポンサーサイト

【2019/04/30 23:31】 | アニメ
トラックバック(0) |
・S.I.C. 仮面ライダーフォーゼ ベースステイツ

S.I.C. 仮面ライダーフォーゼ ベースステイツ[BANDAI SPIRITS]《09月予約》

・S.I.C. 仮面ライダーゴースト オレ魂

S.I.C. 仮面ライダーゴースト オレ魂[BANDAI SPIRITS]《09月予約》

・S.H.Figuarts スパイダーマン アドバンスド・スーツ

【代引不可】【9月予約】 S.H.Figuarts スパイダーマン アドバンスド・スーツ(Marvel`s Spider Man) 塗装済み完成品〔BANDAI SPIRITS〕(190426予約開始)

・S.H.Figuarts スパイダーマン アップグレードスーツ

バンダイスピリッツ S.H.Figuarts スパイダーマン アップグレードスーツ (スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム) 【8月予約】

・S.H.Figuarts スパイダーマン

バンダイスピリッツ S.H.Figuarts スパイダーマン (スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム) 【7月予約】

・S.H.Figuarts ボバ・フェット

S.H.Figuarts ボバ・フェット(STAR WARS:Episode - Return of the Jedi)【BANDAI SPIRITS 2019年9月予約】

【2019/04/26 21:36】 | 情報
【タグ】 フィギュア情報  情報  
トラックバック(0) |
令和初のウルトラマンが放送決定。
タイトルは「ウルトラマンタイガ」で7月6日の朝9時から放送。
コピーは「タロウの息子の物語。そして「タイガ」がここにいる!」
コピーは「タロウ」OPのオマージュか?

<あらすじ>
地球には宇宙人が密かに移住してきている。だが、その事を知っているのはごく一部の人間のみで、一般的には知られていない。
そんな社会の中で、主人公の《工藤ヒロユキ》は、宇宙人が絡む事件をもその業務内容に含まれる民間の警備組織《E.G.I.S.(イージス)》に就職し日夜平和のために働いている。

そんな彼には、本人も知らないある大きな秘密が眠っていた。
それはウルトラマンタイガの光の粒子が体内に宿っているという秘密。
ヒロユキの体からタイガが蘇る時、新たな物語が始まる!(公式HPより)

<主人公>
工藤ヒロユキ
民間警備組織E.G.I.S.のメンバー。心優しく正義感の強い若者。
子供の頃に宇宙人に襲われたところを、偶然地球に行き着いたウルトラマンタイガの光に救われ、それ以降彼の体の中にタイガが宿っている。
ヒロユキ自身にはその認識はなく、ごく一般的な家庭で健全に育つ。
物語が進む中でタイタスやフーマといったウルトラマンにも出会い、彼らとバディーになっていく。
未知の存在を恐れず受け入れる優しい心を持ち、「人間」「宇宙人」「ウルトラマン」異なる種族の架け橋になる存在へと成長していく。

<ウルトラマン>
・タイガ;タロウの息子で正義感の強い熱血タイプ。本心では父親であるタロウに認めてもらいたいと思っているが素直になれない部分も。タイタス・フーマと共に「トライスクワッド」を結成して平和のため戦って行く
デザインはタロウをベースに新世代ウルトラマンのお約束が盛り込まれている。
・タイタス:ジョーニアス(アニメ「ザ・ウルトラマン」のウルトラ戦士)と同じU40惑星出身の戦士。鍛え抜かれた肉体と健全な精神を持つ好漢。マッチョなパワーファイター
・フーマ:オーブ・ロッソ・ブルが光の力を授かった惑星O-50出身。
アグル・コスモス(ルナモード)、ダイナ(ミラクル)同様青を基調としたウルトラマン。素早い身のこなし、多彩な技を持つ。
荒っぽい性格だが義理堅いところも。

<アイテム>
タイガスパークというアイテムで変身。タイガアクセサリーというアイテムをタイガスパークにリードすることでヒーローや怪獣の力を借りて戦う

<敵>
ウルトラマントレギア:劇場版ウルトラマンR/Bにも登場した、悪のウルトラマン。
元々は光の国の出身でウルトラマンタロウと親友であったが、闇に心を染めてしまう。
タイガを執拗に狙う本作通じての敵。


【2019/04/22 20:35】 | 特撮
トラックバック(0) |
本日見たアニメは「ルパン対複製人間(クローン)」。
11日に死去したモンキー・パンチ追悼企画として緊急放送された。
カリ城と並んでTV放送される回数が多く、今回ので14回目。

 TV第二期のヒットを受けて制作され、脚本・演出・絵コンテ・監督は「装甲騎兵ボトムズ」で知られる吉川惣司。
 ルパン映画の中ではカリ城がダントツの人気だが、本作は興行的にはカリ城より上だったりする。

 ルパンが何者かに処刑される事件が発生。それを疑った銭形は独自に捜査を開始。そんなの彼の前にるルパン本人。ルパンは不二子の依頼で賢者の石などの秘宝を盗むが、不二子を操っていたのはクローン技術を使い3万年ほど歴史の裏を操っていた怪人マモーだった・・・という内容。

 ずいぶん昔に見た記憶があり、シュールな建物に迷い込んだルパンがヒトラー(のクローン)と遭遇し、つい「ハイル・ヒットラー!」とナチス式敬礼をし、叫ぶシーンは覚えてました。
 本作のゲスト・マモーの声は二代目黄門様で知られる西村晃。マモーの容姿を見てウッチャンナンチャンのコントでウッチャンが演じていたマモーの元ネタだったと知ったのは最初に見た時。
 特別出演として漫画原作者の梶原一騎・赤塚不二夫・三波春夫が出演。演技は標準以上?
 カット割り、演出、セルワークともに素晴らしい。大衆受けする画風のカリ城よりは絵がアダルト

<カットされたシーン>
 実はTV放送版は尺の問題と今では不適切な放送禁止用語があるためカットされた部分があり、不自然な所が見受けられる
・次元と五右衛門が口論するシーン:「ヒステリックにわめくな、このキチガイ!」が引っかかってカット。
・ルパンがナポレオンのクローンと遭遇:なぜかその後のヒトラーのクローンと遭遇するシーンは残ってる
・アジトを破壊されたルパンらが砂漠をさまようシーンはカット
・ルパンが脱走するシーン
・ルパンがマモーと遭遇した時のセリフ:「ここは精神病院でもなければ仮装パーティーでもない」 → 「ここは仮装パーティーではない」に変更。「精神病院」が放送禁止用語?
・マモーの秘密を発見したルパン:科学者たちが研究室でクローンの実験をしているところにルパンが忍び込み、「どうやら正体が見えてきたな…」とつぶやくシーンがカット。そのため「瓶詰めの赤ん坊さえ見なきゃな!」のセリフとのつながりが消えてしまっている
・ルパンとマモーの会話
マモー「彼の相手をしているのは古代中国の哲人だよ」
ルパン「と思い込んでるパラノイアか」
マモー「彼は本物だ!」
というやり取りの後に「じゃあ本物のパー?」というセリフもあったがカット
・ルパンの深層心理を探るシーン:
本作はAGFとタイアップ契約を結んでおり、AGFはこの時、新製品「テレパッチ(日本初上陸の炭酸入りキャンディーで、後のドンパッチ。CMでナレーションを担当していたのはルパン役の声優、山田康雄だった)」を発売したばかりで、作中、ルパンがマモーに頭の中のイメージを映像化する装置を装着されるシーンでは、ルパンの頭の中の映像として、無数の女性のバストのコラージュや不二子のヌードなどとともに、ルパンがテレパッチを食べ、刺激を楽しんでいるカットが挿入されていたがTV放送分ではカットされた。
・ルパンの深層意識を見たマモーのセリフ:
「なんということだ!ルパンは夢を見ない!空間!虚無!それは白痴の、あるいは神の意識に他ならない!」となってたがテレビ放送版では「なんということだ!ルパンは夢を見ない!空間!虚無!それは神の意識に他ならない!」に変更。
「白痴」が差別用語になるため削除された
・銭形警部の食事シーン
警視総監と共に「花子」で食事をするシーンがカット。
がなくなっている。

<裏話>
・脚本は大和屋竺と吉川惣司の連名であるが、実際は吉川一人の執筆である。打ち合わせは2人で重ねていたものの、吉川一人で書き上げたものが初稿としてプロデューサーに提出された。その後、吉川は大和屋に直しを打診したがそのままでいいと了解を得たため、吉川の大和屋への敬意から連名クレジットとなった
・特別出演として漫画原作者の梶原一騎・赤塚不二夫・三波春夫が出演。三波春夫はED「ルパン音頭」を歌ってる。これも藤岡豊の指示で挿入されたものである。この一件は、経緯を承知していなかった監督の吉川惣司が降板すると言い出す騒ぎとなった。
・公開当時のパンフレットには、ルパンが死刑になったことで目的を達成した銭形は警察官を退職し、山寺の寺男になっているというあらすじが書かれている。実際にこのくだりは製作されたが、最終的にはカットされた。冒頭でルパンの検死報告が流れるシーンの背景が仏像なのは、この山寺のシーンに直結していたための名残である。この山寺のアイディアは、後に『ルパン三世 風魔一族の陰謀』に流用されている
・TV1期のキャラデザイナーだった大塚康生は、少し先行して製作されていた『未来少年コナン』の影響で参加が遅れて、監修・メカニックデザインとクレジットされているが本作に参加した時点で作画の80%が終わっており作画チェックの手伝いをしたのみだった。


4KBD版の宣伝映像

【2019/04/20 15:51】 | アニメ
トラックバック(0) |
本日読んだ本は「三島由紀夫と楯の会事件」。
1970年(昭和45年)11月25日、作家の三島由紀夫は自身が主宰する民兵組織「楯の会」の会員4名と共に陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地に赴き決起を呼び掛けたが無視され、「楯の会」会員森田必勝(まさかつ)と共に切腹という方法で自決。自決に至る経緯を「楯の会」結成~三島事件(楯の会事件)~その後を関係者への取材をもとに構成した本。

昭和40年代は学生運動が盛んで安保紛争、大学の自治、学費などの問題が原因で大学上層部とで激突するってこともあった時期。60年代末期になると赤軍が結成・・と世の中は混迷を極めていたころ、文豪三島由紀夫はこの頃になると創作活動よりも政治色を強めていき、創作面でも政治に関すること、「英霊の聲」「憂国」等戦中での美学を絶賛する内容の作品を書いていた。三島は何を思ったのか昭和41年ごろから自衛隊への体験入隊を口にするようになる。そうして三島は本名の平岡公威で昭和42年4月に自衛隊に体験入隊。後に持丸博ら民族派の学生も自衛隊に体験入隊するようになる。
三島は自衛隊体験入隊によって祖国防衛のための民兵組織の構想を固め集まった学生らで前身となる組織結成を経て「楯の会」を創立することになる。
会員の条件は
・自衛隊の体験入隊に耐えた人が第一条件
・学生長の面談を受け、合格通知を受け取ったものが三島と面会できる

 最初は事件当日の様子が描かれる。楯の会会員(4期・5期生中心)は事件当日例会のため市ヶ谷会館に集まっていたが、三島が市ヶ谷駐屯地にやってきて益田総監を人質に取ったと報道されると、市ヶ谷会館は大騒ぎとなり三島と森田が割腹自殺の後介錯受けて亡くなったと聞くや、市ヶ谷会館に待機していた会員2名が警官に突っかかったこともあった。
 楯の会の班長の一人・倉持清当ての遺書が掲載されており、前半は倉持個人、後半は楯の会会員宛てのものだった。

例の演説の時に撒かれた檄文がすべて掲載されており
『われわれ楯の会は、自衛隊によって育てられ、いわば自衛隊はわれわれの父でもあり、兄でもある。その恩義に報いるに、このような忘恩的行為に出たのは何故であるか。

かえりみれば、私は四年、学生は三年、隊内で準自衛官としての待遇を受け、一片の打算もない教育を受け、又われわれも心から自衛隊を愛し、もはや隊の柵外の日本にはない「真の日本」をここに夢み、ここでこそ終戦後ついに知らなかった男の涙を知った。ここで流したわれわれの汗は純一であり、憂国の精神を相共にする同志として共に富士の原野を馳駆した。このことには一点の疑いもない。われわれにとって自衛隊は故郷であり、生ぬるい現代日本で凛冽の気を呼吸できる唯一の場所であった。教官、助教諸氏から受けた愛情は測り知れない。しかもなお、敢えてこの挙に出たのは何故であるか。たとえ強弁と云われようとも、自衛隊を愛するが故であると私は断言する。
 われわれは戦後の日本が、経済的繁栄にうつつを抜かし、国の大本を忘れ、国民精神を失い、本を正さずして末に走り、その場しのぎと偽善に陥り、自ら魂の空白状態へ落ち込んでゆくのを見た。政治は矛盾の糊塗、自己の保身、権力欲、偽善にのみ捧げられ、国家百年の大計は外国に委ね、敗戦の汚辱は払拭されずにただごまかされ、日本人自ら日本の歴史と伝統を涜してゆくのを、歯噛みをしながら見ていなければならなかった。 

われわれは今や自衛隊にのみ、真の日本、真の日本人、真の武士の魂が残されているのを夢みた。しかも法理論的には、自衛隊は違憲であることは明白であり、国の根本問題である防衛が、御都合主義の法的解釈によってごまかされ、軍の名を用いない軍として、日本人の魂の腐敗、道義の頽廃の根本原因を、なしてきているのを見た。もっとも名誉を重んずべき軍が、もっとも悪質の欺瞞の下に放置されて来たのである。自衛隊は敗戦後の国家の不名誉な十字架を負いつづけて来た。自衛隊は国軍たりえず、建軍の本義を与えられず、警察の物理的に巨大なものとしての地位しか与えられず、その忠誠の対象も明確にされなかった。われわれは戦後のあまりに永い日本の眠りに憤った。自衛隊が目ざめる時こそ、日本が目ざめる時だと信じた。自衛隊が自ら目ざめることなしに、この眠れる日本が目ざめることはないのを信じた。憲法改正によって、自衛隊が建軍の本義に立ち、真の国軍となる日のために、国民として微力の限りを尽すこと以上に大いなる責務はない、と信じた。
 四年前、私はひとり志を抱いて自衛隊に入り、その翌年には楯の会を結成した。楯の会の根本理念は、ひとえに自衛隊が目ざめる時、自衛隊を国軍、名誉ある国軍とするために、命を捨てようという決心にあつた。憲法改正がもはや議会制度下ではむずかしければ、治安出動こそその唯一の好機であり、われわれは治安出動の前衛となって命を捨て、国軍の礎石たらんとした。国体を守るのは軍隊であり、政体を守るのは警察である。政体を警察力を以て守りきれない段階に来て、はじめて軍隊の出動によって国体が明らかになり、軍は建軍の本義を回復するであろう。日本の軍隊の建軍の本義とは、「天皇を中心とする日本の歴史・文化・伝統を守る」ことにしか存在しないのである。国のねじ曲った大本を正すという使命のため、われわれは少数乍ら訓練を受け、挺身しようとしていたのである。
 しかるに昨昭和四十四年十月二十一日に何が起ったか。総理訪米前の大詰ともいうべきこのデモは、圧倒的な警察力の下に不発に終った。その状況を新宿で見て、私は、「これで憲法は変らない」と痛恨した。その日に何が起ったか。政府は極左勢力の限界を見極め、戒厳令にも等しい警察の規制に対する一般民衆の反応を見極め、敢えて「憲法改正」という火中の栗を拾はずとも、事態を収拾しうる自信を得たのである。治安出動は不用になった。政府は政体維持のためには、何ら憲法と抵触しない警察力だけで乗り切る自信を得、国の根本問題に対して頬かぶりをつづける自信を得た。これで、左派勢力には憲法護持の飴玉をしやぶらせつづけ、名を捨てて実をとる方策を固め、自ら、護憲を標榜することの利点を得たのである。名を捨てて、実をとる! 政治家たちにとってはそれでよかろう。しかし自衛隊にとっては、致命傷であることに、政治家は気づかない筈はない。そこでふたたび、前にもまさる偽善と隠蔽、うれしがらせとごまかしがはじまった。
 銘記せよ! 実はこの昭和四十四年十月二十一日という日は、自衛隊にとっては悲劇の日だった。創立以来二十年に亘って、憲法改正を待ちこがれてきた自衛隊にとって、決定的にその希望が裏切られ、憲法改正は政治的プログラムから除外され、相共に議会主義政党を主張する自民党と共産党が、非議会主義的方法の可能性を晴れ晴れと払拭した日だった。論理的に正に、この日を境にして、それまで憲法の私生児であつた自衛隊は、「護憲の軍隊」として認知されたのである。これ以上のパラドックスがあろうか。
 われわれはこの日以後の自衛隊に一刻一刻注視した。われわれが夢みていたように、もし自衛隊に武士の魂が残っているならば、どうしてこの事態を黙視しえよう。自らを否定するものを守るとは、何たる論理的矛盾であろう。男であれば、男の衿がどうしてこれを容認しえよう。我慢に我慢を重ねても、守るべき最後の一線をこえれば、決然起ち上るのが男であり武士である。われわれはひたすら耳をすました。しかし自衛隊のどこからも、「自らを否定する憲法を守れ」という屈辱的な命令に対する、男子の声はきこえては来なかった。かくなる上は、自らの力を自覚して、国の論理の歪みを正すほかに道はないことがわかっているのに、自衛隊は声を奪われたカナリヤのように黙ったままだった。
 われわれは悲しみ、怒り、ついには憤激した。諸官は任務を与えられなければ何もできぬという。しかし諸官に与えられる任務は、悲しいかな、最終的には日本からは来ないのだ。シヴィリアン・コントロールが民主的軍隊の本姿である、という。しかし英米のシヴィリアン・コントロールは、軍政に関する財政上のコントロールである。日本のように人事権まで奪はれて去勢され、変節常なき政治家に操られ、党利党略に利用されることではない。
 この上、政治家のうれしがらせに乗り、より深い自己欺瞞と自己冒涜の道を歩もうとする自衛隊は魂が腐ったのか。武士の魂はどこへ行ったのだ。魂の死んだ巨大な武器庫になって、どこかへ行こうとするのか。繊維交渉に当っては自民党を売国奴呼ばはりした繊維業者もあったのに、国家百年の大計にかかわる核停条約は、あたかもかつての五・五・三の不平等条約の再現であることが明らかであるにもかかわらず、抗議して腹を切るジエネラル一人、自衛隊からは出なかった。
 沖縄返還とは何か? 本土の防衛責任とは何か? アメリカは真の日本の自主的軍隊が日本の国土を守ることを喜ばないのは自明である。あと二年の内に自主性を回復せねば、左派のいう如く、自衛隊は永遠にアメリカの傭兵として終るであらう。
 われわれは四年待った。最後の一年は熱烈に待った。もう待てぬ。自ら冒涜する者を待つわけには行かぬ。しかしあと三十分、最後の三十分待とう。共に起って義のために共に死ぬのだ。日本を日本の真姿に戻して、そこで死ぬのだ。生命尊重のみで、魂は死んでもよいのか。生命以上の価値なくして何の軍隊だ。今こそわれわれは生命尊重以上の価値の所在を諸君の目に見せてやる。それは自由でも民主主義でもない。日本だ。われわれの愛する歴史と伝統の国、日本だ。これを骨抜きにしてしまった憲法に体をぶつけて死ぬ奴はいないのか。もしいれば、今からでも共に起ち、共に死のう。われわれは至純の魂を持つ諸君が、一個の男子、真の武士として蘇えることを熱望するあまり、この挙に出たのである。 」
(原文は旧假名遣ひ)
演説内容もほぼ檄文通りだったが、三島の言うことは一理あるよな。警察予備隊を前身として作られた自衛隊だが、憲法違反の存在のため、存在意義ははっきりしない、国軍として存在する、しかし、自衛のためにしか軍事力を行使しないって憲法に書いておくべきです。

伝説の討論会・東大全共闘との対談の話の裏が描かれており万が一に備えて三島は短刀を忍ばせて討論会に赴いたが、三島に内緒で楯の会の会員が密かに討論会に行ったという話がでてきたり、この頃の三島が発表した評論も掲載している。
 国際反戦デーの時に楯の会と自衛隊の治安出動を望んでいた三島だったが、警察がデモを鎮圧したため自衛隊に不信感を抱くように。それ以前に教官役の自衛隊大佐・山本舜勝から街中がテロなどに巻き込まれたときの対策を受けていた話なども登場。

 後半はクーデター計画は如何にして行われていたかが中心。決起メンバーに選ばれた森田・古賀・小川・小賀はどのようにして選ばれたのか。決起メンバーは11/25日の前は「多分これが最後になるから」ということで旅行に行っていたとかが詳しく書かれている。
 最後は三島事件直後の話を紹介。
・市ヶ谷会館に集まった楯の会会員は現場に行こうとして取り押さえられた者がいた。任意同行を求められた時は「君が代」を歌って警察に向かった
・決起メンバーの小賀・小川・古賀は事件当日に命令書と一緒に弁護士費用3万円をもらっており、裁判の席で堂々と意見を述べた。
・三島の葬儀と一緒に楯の会解散が発表されたが、会場は報道関係者が特ダネを狙いにくい場所を選んでいた。楯の会解散前に会員たちは表立った行動をとっていなかった。

FC2blog テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

【2019/04/18 21:37】 | 読書・コミック
トラックバック(0) |
「ルパン三世」の作者・モンキー・パンチ(本名:加藤一彦)さんが11日に肺炎のために死去したとのこと。
「ルパン三世」で有名だが、アニメーションのキャラ原案でも参加されていましたね。

「人気アニメ「ルパン三世」の原作者で、漫画家のモンキー・パンチ(本名加藤一彦=かとう・かずひこ)さんが11日、誤嚥(ごえん)性肺炎のため死去した。81歳。北海道浜中町出身。葬儀は近親者のみで営まれた。後日、偲(しの)ぶ会が開かれる。世界的大泥棒ながら、半世紀以上も愛される“ダークヒーロー”ルパンを生み出し、漫画やアニメが大人も楽しめるジャンルとなる礎を築いた。

 70年代からお茶の間を魅了し続ける人気アニメの生みの親が逝った。

 アニメ関係者によると「2、3年前から体調を崩し、故郷の北海道浜中町で毎年参加していたイベントも欠席しがちだった」という。それでも作品50周年の2017年には車椅子で出席。「僕だけの力でなく、いろんな方に手伝ってもらったから。100年続けばいいな」と話していた。」(スポニチアネックスのHPより引用)


で、19日の金曜ロードショウで緊急追悼企画として「ルパンVS複製人間(クローン)」を放送。
実はあのカリ城よりも興行収入が良かった作品で、一度だけ見た記憶がありますね。

ご冥福をお祈りいたします。


ルパン三世 ルパンVS複製人間【4K ULTRA HD】 [ 山田康雄 ]

【2019/04/17 19:39】 | アニメ
トラックバック(0) |
本日行った展覧会は「文房四宝-清閑なる時を求めて-」。
中国の主に明~清の頃の文房具を紹介するもの。
凝った彫刻が施された筆、石の形をそのまま活かした硯は感激。あと、精巧にできている印鑑、墨置きも細工の見事さに惹かれました。

一緒に常設展も見たんですが、特に鼻煙草のケースコレクションは精巧にできてるものが多く、ガラス製のもの、天然石(水晶・瑪瑙など)でできたケース、陶器製・象牙でできたものなどいろいろありましたが、陶器製のものは絵が精巧で象牙製の彫刻の精巧さには驚きました。
















【2019/04/16 20:37】 | 美術館・展覧会めぐり
トラックバック(0) |
本日見た映画は「11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち」。
安保闘争、学生運動が活性化する1960年代。三島由紀夫は1960年代後半になると創作よりも政治色を強めており戦後民主主義に対する批判を書いていたりしていた。
自衛隊の体験入隊を経て祖国防衛のための私兵として1968年に「楯の会」を結成。
自衛隊の体験入隊~「楯の会」結成~市谷駐屯地での自決までを描く。

冒頭は「浅沼稲次郎暗殺事件」の犯人・山口 二矢の首つり自殺、三島が学習院初等部時代に遭遇した2.26事件の様子から描かれる。そのあとはノーベル賞候補になるほどの文豪となった三島の姿が描かれる。
 何を考えたのか自衛隊の体験入隊をする三島。この体験入隊、なかなか許しがなく、知り合いを通じて自衛隊関係者に交渉してもらったとか。体験入隊の様子を妻の瑤子が見舞いに来た。
で、三島の周囲には持丸博・森田必勝(まさかつ)ら民族派の学生らが集まり、自衛隊へ体験入隊するものも見られ、それに耐えた人たちで「楯の会」を結成。結成には紆余曲折があり、当初三島は外国の民兵組織を元に民兵組織を作るという構想があったものの、資金の関係で100名ほどの小規模な組織になったこと、資金援助をしようとした者もいたが断ったとか
 「楯の会」結成式前夜・・三島に共鳴するものが集まって血判を書き、「我々ハ皇国ノ礎とナランコトヲココニ誓フ」と誓いを書くという姿は前時代的。
 
伝説の討論会「VS東大全共闘」のシーン、ノーベル賞候補と言われてるのに「書くことはやめました」ときっぱり言うシーンが登場

 「楯の会」初代学生長・持丸博が「楯の会」を辞めるって話が登場。持丸は水戸学を学んだり、「論争ジャーナル」にもPNを使って投稿していたほどの理論派。「楯の会」入会後は会員の選抜、会の運営の中心だったが婚約し、就職の内定も決まっていた。三島からは「「楯の会の仕事に専念してくれれば(結婚後の)生活を保証する」と言われたものの、迷った末脱退することに。「楯の会」の集会で持丸の脱退、学生長の交代って話に。2代目学生長となった森田は理論派の持丸よりかは
 持丸が辞めた後、「楯の会」結成前に作った血判を燃やすシーンが登場するが、この行為を見るとすでに死ぬことを考えていたのか?

 昭和44年10月21日・・・国際反戦デーで暴動が起き、三島は自衛隊の出動、楯の会の出動を望んだものの、自衛隊ではなく警察がデモを鎮圧したことで、今の政府のあり方に疑問を抱くように。
 昭和45年・・・クーデターを考えるようになった三島は森田の他「楯の会」でも信用でき、なおかつ自分と一緒に死ぬ覚悟でいる人に計画に参加するよう呼びかけた。で、集まったのが小賀正義、小川正洋、古賀弘靖の3人。何度もサウナなどに集まり、計画を練るのだが最後の段階になて三島は小賀、小川、古賀には殉死せず「生きろ」と指示。「死」に対して異常ともいえるこだわりを持つ三島らしくないと言えるが、自身の決起を後世に伝えたいからか?

そして11月25日・・・中古の車で市ヶ谷へ向かう決起メンバー。市ヶ谷へ向かう最中、三島と決起メンバーの辞世の句が流される。
「益荒男が たばさむ太刀の 鞘鳴りに 幾とせ耐へて 今日の初霜
散るをいとふ 世にも人にも 先駆けて 散るこそ花と 吹く小夜嵐」(三島由紀夫)
「今日にかけて かねて誓ひし 我が胸の 思ひを知るは 野分のみかは 」(森田必勝)
「火と燃ゆる 大和心を はるかなる 大みこころの 見そなはすまで 」(小賀正義)
「雲をらび しら雪さやぐ 富士の根の 歌の心ぞ もののふの道 」(小川正洋)
「獅子となり 虎となりても 国のため ますらをぶりも 神のまにまに 」(古賀弘靖)

自衛隊市ヶ谷駐屯地で東部本部総監・益田兼利を人質に取り、演説をさせること、市ヶ谷会館にいる楯の会メンバーを招集すること(市ヶ谷会館にいたのは入会間もない人が多かった)などを要求。もし、それがかなわないのなら総監も刺し、自分は切腹すると言い出した。実はこの要求を言うまえに幕僚と乱闘になり、自衛官数名が怪我をしてるが、そこはカット。
で、総監室のバルコニーから演説をぶつ三島。
「諸君は去年の10.21(国際反戦デーのこと)からあとだ、もはや憲法を守る軍隊になってしまったんだよ。自衛隊が20年間血と涙で憲法改正ってものの機会はないんだ。もうそれは政治プログラムから外されたんだそれはどうしてそれに気付いてくれなかったんだ!
昨年の10.21から一年間俺は自衛隊が怒るのを待っていた。
もうこれで憲法改正のチャンスはない!自衛隊が国軍になる日はない!健軍の本義はない!それを私は最も嘆いていたんだ。
自衛隊にとって健軍の本義とはなんだ。日本を守ること。日本を守るとはなんだ。日本を守るとは天皇を中心とする歴史と文化の伝統を守ることである」
「お前ら聞けエ、聞けエ!静かにせい。静かにせい!話を聞け!
男一匹が命を懸けて諸君に訴えてるんだぞ。いいか。いいか。それがだ、今日本人がだ、ここでもって立ち上がらなければ、自衛隊が立ち上がらなきゃ憲法改正ってものはないんだよ。諸君らは永久にだね、ただアメリカの軍隊になってしまうんだぞ。(略)シビリアンコントロール毒されているんだ。シビリアンコントロールというのはだな新憲法下で拵えるのがシビリアンコントロールじゃないぞ。」
「諸君は武士だろう。諸君は武士だろう。武士ならばだ、自分を否定するような憲法を、どうして守るんだ。どうして自分の否定する憲法のため自分らを否定する憲法というものにペコペコするんだ。これがある限り、諸君てものは永久に救われんのだぞ。
諸君は永久にだね、今の憲法は政治的謀略に・・諸君が合憲だかのごとく装っているが、自衛隊は違憲なんだよ。自衛隊は違憲なんだ。貴様たちも違憲だ。」
「諸君らの中に一人でも俺と一緒に起つ奴はいないのか・・・
一人もいないんだな。よし!武というものはだ、刀というものはなんだ。自分の使命・・・(聴き取り不能)・・それでも武士か!それでも武士かァ!
まだ諸君は憲法改正のために立ち上がらないと見極めがついた。これで俺の自衛隊に対する夢はなくなったんだ。それで俺は天皇陛下万歳を叫ぶ」

と言ったのに、野次だけが飛び交い無視されてるだけ。自衛隊の創立(設立当初は警察予備隊)から20年経ったら自衛官も「平和ボケ」してしまったのだろうか?(事件当日に居合わせたある軍曹は「(野次で聞こえない箇所もあったが、三島の言うことには)一理ある」と言い、事件後、東京と近郊に勤務する陸上自衛官を対象に無選別に選ばれた1000名を対象にアンケートを取ると大半が「三島の言うことに共鳴する」って答えた者もいた)
 演説を終えた後、三島が切腹。最初森田が介錯を任されたが失敗したため、古賀に関の孫六を渡したあと古賀が介錯、森田も切腹した後に古賀が介錯。切腹に介錯という方法で死ぬってことが壮絶。三島は死ぬ寸前まで森田に「(殉死は)やめとけ」と言っていたのと、小川には高級腕時計を形見として渡してるがその描写がない

 ラストは古賀は釈放されててから瑤子夫人と酒場で再会。瑤子夫人に「あの事件で、何があなたに残ったか」と聞かれ、古賀はただ掌を上に向けて、三島と森田の首の重さを持つようにしてじっとそれを見詰めている・・って描写で終わる。出所後の古賀と実際会ったのは楯の会一期生の伊藤邦典。映画で古賀と再会した相手が瑤子夫人に変わったのは三島の生きざまについて問いかけるためか?

同時期に「三島由紀夫と楯の会事件」を読んだが、それをなぞる内容でしかない。井浦新の三島由紀夫って写真で見た三島由紀夫とは何か異なる印象。

今、憲法問題が取り沙汰されてるけど、憲法9条は改正するべきと思う。
憲法9条は戦争放棄を謳ってるが、自衛隊は三島の言う通り違憲ではっきりと「日本は祖国防衛のためだけに存在する」的なことを入れておけば自衛隊は違憲にならないと思う。


11・25 自決の日 三島由紀夫と若者たち / 邦画​​


【中古】afb_【単品】_三島由紀夫と楯の会事件_(ちくま文庫)

FC2blog テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

【2019/04/15 20:07】 | 映画
トラックバック(0) |
佐野史郎の出世作だった「ずっとあなたが好きだった」をTverで視聴。
美和(賀来千香子)は30前のOL。父の勧めでお見合い結婚をするが結婚相手の冬彦(佐野史郎)はエリート銀行マンだが、重度のマザコン。元カレの大岩洋介(布施博)と結婚式の会場で偶然再会したことから昔の愛が再燃し・・・っていう内容。

佐野史郎の出世作だが、のちに「踊る大捜査線」を手掛ける君塚良一の出世作でもある。続編の「誰にも言えない」は見たことがあるけど、本作の視聴は初めて。
話としては「マザコン男と結婚した女が夫と姑の異常さに耐え切れず、元カレと最後はよりを取り戻す・・・」って筋でヒットする要素はないと思われたが、佐野史郎と野際陽子の怪演ぶりで話題を呼び、初回は13%しかなかった視聴率は最終回で34.1%に(関東の場合。関西では38%)。初回と最終回の時の視聴率がかなり差があるって作品はまれで本作の他は「金八先生(第1シーズン)」「家なき子」「星の金貨」「イグアナの娘」「マルモのおきて」「家政婦のミタ」「半沢直樹」「逃げるは恥だが役に立つ」が該当する。

作品を支配する異常ぶりで笑いを誘う本作。銀行を辞めて怪しい金融業者に就職した冬彦の前に母親が現れて会社の中で溺愛ぶりを見せる所とか、会社の同僚に誘われてSMクラブに連れていかれた冬彦が異常興奮して自分がMになってるところを妄想する・・・ってシーン、子供用の木馬に乘ってる冬彦の姿は爆笑してました。

美和にSMグッズをプレゼントしたり、いい年こいて子供用の木馬に跨る冬彦の姿はシュールで端で美和にドン引きされてるが、見てる方もドン引きする。

 12話ラストで美和との離婚を了承しない母を口論の末刺してしまった冬彦。悦子は一命をとりとめたが今回の件で気落ちしてしまった模様。で、留置所に入れられた冬彦は面会に来た美和に実は子供の頃から美和が好きだったことを告白。マザコンとかの異常性のため気持ちを正確に伝えることが出来なかったんですね。これってマザコンじゃなくても不器用な性格の人にも云えたことでは?​


ずっとあなたが好きだった DVD-BOX [ 賀来千香子 ]

FC2blog テーマ:ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2019/04/14 20:25】 | テレビ番組
トラックバック(0) |
 「オリコンが発表したシングルとアルバムの売上枚数をまとめた「平成30年ランキング アーティスト別セールス」では、累積売上8262.4万枚(シングル3596.9万枚/アルバム4665.5万枚)を記録したB’zが、総合1位に輝いた。平成と共に歩み、日本の音楽シーンに多大な影響を与えたB’zの松本孝弘は、「日本の音楽界にとってのこの貴重かつ激動の時代に、最前線で我々の音楽を発信し続けられた事、そしてB’zの音楽に多くの方々に興味を持って頂いた事、心より嬉しく思うと共に感謝しています」と振り返り、稲葉浩志は「令和の時代もB’zなりの表現をしていきたいと思います」と意気込む。なおTOP5には、2位にAKB48、3位にMr.Children、4位に浜崎あゆみ、5位にDREAMS COME TRUEがランクインした。」


B'zは1990年(平成2年)にリリースした「太陽のkomachi Angel」でオリコン1位を獲得して以降、2017年6月発売の「声明/Still Alive」まで実に49作連続で1位を記録し「シングル連続1位獲得作品数」の歴代1位記録を現在も更新中。またシングル1位を獲得した週数を合計した「シングル1位獲得週数」も66週に更新し、同じく歴代1位を自己更新している。

4thアルバム『RISKY』(1990年)で、自身初の週間アルバムランキング1位を獲得して以降、2017年11月発売の20thアルバム『DINOSAUR』まで、通算28作1位を獲得しており、「アルバム1位獲得作品数」の歴代1位記録を現在も更新中。また「アルバム総売上枚数」も4665.5万枚で歴代1位と、圧倒的なセールスを誇っている。

・・・ってことですがB'zの記録はすごいってことがわかります。
「The 7th blues」以降ゴリゴリのロック路線になったけど自分は初期の打ち込み主体の音楽を発表していたころが好きだったなぁ。

【2019/04/11 20:27】 | 音楽
トラックバック(0) |