日ごろ見たアニメやTV番組の感想など趣味をことを書き綴ったブログです
★新作商品紹介★


★ース騎のハセガワ版がバンダイ版に遅れること3か月後にリリース。バンダイ版とは違いファイター固定。バンダイ版は変形付きのものは立たせにくいという欠点があるのでハセガワ版を購入しようかな?★ ★VF-31Jハヤテ機のスーパーパック装備型が9月に登場。スーパーパック単体も同時リリース★ ★3D格闘ゲーのパイオニア「バーチャファイター」の晶がfigmaに登場。カクカクポリゴンの1仕様で立体化。サラも同時期に発売予定。(晶同様1仕様)ゲーム自体はガードボタンが別個に存在しているため、「鉄拳」よりも遊び辛かったな・・・★ ★第1部を元に実写化されているが、登場人物が全員日本人したりと出来は実写版進撃ばりの酷評を受けてしまった。★

【送料無料】仮面ライダーアギト Blu-ray BOX 1 【Blu-ray】
価格:16893円(税込、送料無料) (2016/9/4時点)



★元祖ワイルド系でギルスのご先祖・アマゾンがBDでリリース。必殺技が手刀で血が噴き出す描写はインパクト大。映像特典としてアマゾン役の岡崎徹とマサヒコ役の松田洋治の新規インタビュー収録。★ ★平成ライダー第二弾のアギトがBDに登場。平成の中では思い入れのある作品の一つで、合成まみれの戦闘シーンは好かんが、ドラマは良かったなぁ★ ★ワルキューレの2ndアルバムが秋にリリース。やはり美雲は小清水さんも歌えたのに他人のJUNNAに歌パートをやらせたのはおかしい。★ ★「レイアース」の主人公の一人・光がfigmaに登場。顔は原作ベースで作中でも印象深い猫耳用前髪パーツ付属。風ちゃん、海ちゃんも企画中★
★さらに新作★




★ギャバンの必殺武器・レーザーブレードが大人のトイとして登場。OPにBGMが流れ、大葉健二のセリフも聞けるがこの玩具用に新録。 ★マクロスΔのメインヒロイン・フレイアがデフォルトのステージ衣装で立体化。パーツの差し替えで「ルンピカ状態」も再現。★ ★原作版をイメージしたセーラームーンのフィギュアーツがリリース。第3部ver.で立体化するが、TVアニメ版とは異なり表情パーツが付かない。★ ★あの変態仮面実写版の第2弾が登場。世界中からパンティが消えるという事件に変態仮面が挑むが・・・鈴木亮平の肉体美、変態仮面の変態技が再びみられる。★

アイアムアヒーロー DVD通常版 [ 大泉洋 ]
価格:3160円(税込、送料無料) (2016/9/5時点)


機動戦士ガンダム THE ORIGIN 4【Blu-ray】 [ 矢立肇 ]
価格:5508円(税込、送料無料) (2016/9/5時点)


S.H.フィギュアーツ デビルマン D.C.[バンダイ]《01月予約》
価格:6550円(税込、送料別) (2016/9/7時点)


牙狼<GARO> Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ 小西大樹 ]
価格:28350円(税込、送料無料) (2016/9/7時点)


★同時期公開になったテラフォ実写版の惨さの陰に隠れていたものの、実はかなり好評だった「アイアム ア ヒーロー」がDVD・BDに登場。発売日は11月2日で通常版と豪華版の2種類リリース。ダメ男な主人公がゾンビ病が蔓延する世界で唯一の特技である射撃のスキルを活かしてサバイバルすることに・・という内容。原作は小学館漫画賞受賞作。★ ★シャアとセイラの過去を描いたORIGIN4部作の最終巻はシャアとララァの出会いを描く。主題歌は森口博子が担当するとのこと。来年からルウム編も制作予定とか。★ ★ありそうでなかったデビルマンがTVアニメ版で立体化。付属の鉄骨パーツでED「今日もどこかでデビルマン」の1シーンを再現可能★ ★昨年で10周年を迎えた牙狼の1期がBD化。TV版25話+未放送エピソード、TVSP「白夜の魔獣(DC版)」を収録。新規オーディオコメントなどの特典もあり。★
久々のシュぺルター製作記です。

現在胴体と頭が完成し、腰パーツの接続で悪戦苦闘。
腰パーツはガンプラの場合はポリキャップに差し込んでおしまいで動くようになってますが、シュぺルターの腰パーツはポリキャップを仕込まないため接着が必要かつ失敗すると軸がずれてしまうとバランスを崩してしまうし、固定が難しいです。さすがにこの箇所はガンプラに軍配が挙がりますかね。何でポリキャップを仕込んで安定した接続をするようにしなかったのだろうか?
今は硬化を待ってます。

関節パーツでもガンプラであればそんな数のパーツはないのにわざわざ素体に他のパーツを引っ付ける仕組みもよくわからない。ガンプラは可動重視、IMSはディスプレイ重視だから?
(と言ってもガンプラは基本ディスプレイ重視で飾ってますけど)

胴体と頭の接続も接続完了後首はそんなに動かないことが判明。MHって頭がでかいのが多いから・・・
スポンサーサイト

【2012/11/27 00:13】 | ホビー
トラックバック(0) |
 IMSシュぺルターを日曜日から製作開始しましたが・・・初日から少々つまづき気味。
頭部パーツの裏面のフレームパーツの片方をなくすと云う失態を演じましたが、朝起きると髪の毛に絡まっていたことがわかり、事なきを得ました。これがガンプラだったら仮になくしても凹凸でわかる物ですが。
 ガンプラだったら一発成形で構成されているであろう頭部パーツはわざわざ別パーツにしていると言う拘りよう。HGのガンダムタイプのヘルメット一発成形も凄いですけど。
 とにかく、ガンプラのようになくした・破損したらパーツ単位での請求が効かない、代理店で請求してもらえると言うことができないのでLEDミラージュ並みに慎重に作らないといけません
 それにパーツがものすごく尖っていてるんですが、安全性重視の設計にしてしまったためにアンテナなどが丸くなってしまったガンプラとは大違いです。ガンプラも尖っている所は痛いほど尖っていないといけません。最初から尖っていればシャープ化という面倒な作業はしなくて済むんですが。

買った時ボークスの店員さんはMGが作ることが出来れば何とかできるレベルとは仰られていましたが、今の技術でどこまで通用するか。


【2012/10/16 21:41】 | ホビー
トラックバック(0) |
先月末にHGUC パラス・アテネが完成。
 旧キットでは武器が全く付いていませんでしたが、HGUC版はフル装備仕様で立体化。HGUCバンシィの隣に置いていますが、背のムーバブルシールド・大型ミサイルのためにバンシィよりも大きい上にボリュームが凄い。シナンジュも結構でかい印象でしたが、パラス・アテネもどっこいでしょう
 パラス・アテネは接着できる箇所は接着し、シールも使わず、足のライン・肩の拡散メガ粒子砲の部分、脚パーツの一部は塗装しました。(モノアイだけはシールを使いましたが)
 シールを使わず、塗装をしたといえばシナンジュもそうだったんですが、シールに頼らずに色を塗るのが普通でしょ。バンダイはスナップフィットを採用してから手抜き感が増してきた。
 動力パイプ部分は軟質素材(ゴム)を使用していて可動を干渉しないようにしていますが、結構面白い?

 最後の仕上げの一つ、デカール貼りはMGジ・O用、百式・ウィングガンダム、Hi-ν用等を使用。HGUC対応のデカールの種類が少ないので貼る場所に困るのはいつもどおりということで。
 トップコート吹きはまた日を改めて行いたいと思います。

  • P9030800.JPG

  • P9030802.JPG
  • P9030808.JPG


  • P9030809.JPG
  • P9030810.JPG

【2012/09/05 23:10】 | ホビー
トラックバック(0) |
1月中旬からこつこつ作っていましたHGUC”バンシィ”が完成しました。実際の完成は先月末でしたが写真撮影が上手くいかず、アップは今日になったというわけで・・・

 サイコフレーム部分がクリアではなかったため、全てゴールドで塗装。塗装前に接着する箇所は全て接着して継ぎ目を消しました。
サイコフレーム部分をゴールドにすることで渋さが出ています。フレームの墨入れはコピックチャオ・E37セピアでやっています。オレンジ系よりは少々引き締まったかな?
 アンテナは複雑怪奇なため、シャープ化はしていません。ガンプラは安全重視のため以前作ったレッドミラージュのようにシャープさはありません。さらにボロボロ取れます。接着したいが、どこで接着したらいいのかわからないので接着しないで今は置いています。

 シール・デカール貼りは「MG ウィングガンダム用」「HGUC シナンジュ用」「MG Hi-νガンダム用」を使用。シールも少々使っています。たくさんデカールを貼ると情報量が多くなると言うことで控えめにしています。
 肩マーキングには”AE”マークと”連邦マーク、シールドに”R-008”と入れましたが、最終的に”バンシィ”に乗るのがリディなのでそれを意識してデコレーション。

アニメ版で追加になったアームドアーマーを装備すると上半身がでかくなるのがネックです。何であんな無骨な武器をアニメで追加したのでしょうか?
アームドアーマーは撮影のみ使用し、今はマグナム・シールド装備で飾っています。

今回はHGUCシナンジュのとき以上に塗装を行いましたが、そろそろ調色を覚えてもいい頃かな?と思っています。調色ができないと究極の目標に近づけませんので。

  • P3240746.jpg

  • P3240747.jpg
  • P3260764.jpg
  • P3260765.jpg

  • P4030767.jpg

  • P4030771.jpg

【2012/04/04 22:12】 | ホビー
トラックバック(0) |
只今「無双OROCHI2」のプレイの合間に”バンシィ”を製作中。
 サイコフレーム部分は全て塗装すること・小説版仕様にすること前提で作ってますが、塗装が全て乾くまで時間がかかるのでじっくりと作っております。
・頭・胴体は完成済み。顔は全て塗りました。頭部ブレードアンテナがユニコーンよりも複雑なのでシャープにするのは少しだけやりました。最初から尖っていれば苦労しないのに。バンダイは安全性重視とかでガンダムタイプのアンテナに余剰パーツを設けたり、丸く加工しているのは癪です。ボークスのIMS、WAVEのレッドミラージュはシャープな所は安全重視の設計なんてしていないのに。
・サイコフレーム部分の墨入れはゴールドに塗装したあとコピックのE37セピアを使用。黒よりは引き締まって見えますよ。
ユニコーンはサイコフレーム部分をクリアにしていたのに、”バンシィ”は成型色をクリアイエローではなくオレンジがかったゴールドにしているのは失敗です。(MG版はクリア成型になるが)
・昨日はビームマグナム・シールドを製作。ランナーにはビームマグナムとシールドはあるのに、作り方は削除されており、アニメ新設定の武装をクローズアップした説明書構成は不満。某サイトでHGUCユニコーン(NT-D)のマニュアルのうち、ビームマグナム・シールドの組み立て方の箇所をDLして製作していました。”バンシィ”の説明書にはシールド・マグナムのパーツにxが振ってありましたが勿体無いです。

【2012/01/27 21:54】 | ホビー
トラックバック(0) |
 先週にHGUC ユニコーン2号機”バンシィ”を購入。NT-Dモードのみ購入しましたが、HGUCユニコーンガンダムが出た際、「仮に”バンシィ”が出たらユニコーンモードとNT-Dモードとの分割販売になるだろう」と予想していましたが案の定そうなったわけで・・・
 ”バンシィ”は基本HGUCユニコーンの成型色違い。アニメ版オリジナル武装のメガ粒子砲とクローアームが付き、ビームマグナム・シールドも付いているので小説版仕様で組み立てることも可能。
 サイコフレーム部分がユニコーンではクリアだったのが”バンシィ”ではオレンジの強いゴールドに変更されているので金色の塗装を施すこと前提で組み立てています。

【2012/01/13 00:09】 | ホビー
トラックバック(0) |
MGデルタプラスこのたび完成いたしました。
組み立ててみて気になったのは
・ZプラスC1と同じ構造があり、安定感が悪い。完全変形しない分HGUC版のほうが安定して立たせられる
・外れやすい箇所があるのに、素材をABSにしている箇所は接着できない。
・安全重視のためエッジがない。以前組み立てたWAVEのレッドミラージュの方がエッジ効いてる。安全性を捨ててでもエッジは効かせた方がいい。
・シールと転写式デカールがダメ。シールは使い勝手がいいが厚みが気になる。他社のプラモ同様、最初から水転写式を付けて欲しい。
転写式デカールは固定しにくい場合があるから余計水転写式の重要性を知った感じ。
・パーツの内側にパーティングラインが・・・
・変形するのだから強度を考慮してボークスのIMS同様要接着式の方がいい。
・成型色はカトキ氏の設定画に準じたHGUC版の方に軍配

P9030706.JPG
プラモデルについているのはテトロンシールと転写式デカール。シールは便利だが、転写デカールは面倒。
P9050709.JPG
スタビライザー部。”NA”のマーキングは備え付きの転写デカール、”AE”のマーキングはガンダムデカール・センチネルセットを使用。
P9030707.JPG
頭部アップ。
P9150713.JPG
肩部アップ

P9150710.JPG
P9150714.JPG

【2011/09/17 23:26】 | ホビー
トラックバック(0) |
 本体の方は完成し、翼を作っている最中ですが、翼部分はエッジを効かせるため、分厚いのを削っていくことに・・・かなり分厚いので削るのに時間がかかること。
 家にあったエッチング用のパーツを使っていたんですが、綺麗に削ることが出来ず、デザインカッターを本日購入。刃が鋭いため、綺麗に削れますが薄くするのに時間がかかること。
 ナイフで削った後やすりで削ってさらに滑らかにしたのですがやすりがけでも時間がかかり、二日間で完成ということに。
 ガンプラは安全上エッジが鋭くないのですが、昨年作ったLEDミラージュはトサカとかエッジが鋭い構造だったのでLEDミラージュみたいにしようと思ったら労力がいるんですよね。
最初からエッジが鋭かったら苦労しなかったんですが。
もう少し削ろうかな・・・・

【2011/08/30 00:05】 | ホビー
トラックバック(0) |
デルタプラス製作の状況ですが、只今脚部ユニットを製作中。脚部フレームはABS使用のため、PS樹脂で出来ている外装パーツとの相性がよくなく、接着できません。よく見たら外装パーツもヒケとパーティングラインが見えている箇所があり、脚部装甲(E-9)の裏側は難儀でした。一度カッターナイフで少々削り、そのあとヤスリがけしましたのですが中にパーティングラインが出来てるので処理が大変だった。
 E-9とE-8はグラつきを失くすため流し込み接着剤で接着。
 ニッパーでゲートを切り落とした時、パーツに抉れが出来てしまったことがあったので、ランナーを溶かして簡易パテを作り、パテ盛をしていました。引けは今の所大きな物は見られないのでいいのですが、後ろにタボ穴が付いているためヒケが出来るのだからタボ穴無しで要接着剤タイプのほうがいいわ。(あっても小さいのでOK)

【2011/08/15 21:30】 | ホビー
トラックバック(0) |
今日のデルタプラス製作レポートは胴体と腕が完成。

胴体はコクピットブロックと胸部パーツを引っ付ける作業。コクピットブロックは流し込みタイプの接着剤を使用して接着。継ぎ目消しが主目的ですが、見えないところといえど継ぎ目があっては見苦しいので。

デルタプラス・胴体.JPG
コクピットの箇所で継ぎ目が見える箇所は接着剤を使って接着。

腕ユニットは腕の箇所は難なく組み立てられましたが肩パーツの組み立てが難航してしまいました。
引っ掛ける箇所とかはめ込んだ後アーマーを引っ付ける時上手くはまりません。フレームがABS製のため、ABS用接着剤がないと接着は無理。時々アーマー部分も外れます。他にもアーマーの一部が引っ掛け式なのでしっかり止めないと脱落してしまいます。別に接着して固定できる風にしても悪くないが・・・

デルタプラス・腕.JPG
上手くひっつけられなかったためか少々接合ラインがずれています。ひっつけ方が悪いだけかもしれないですが。

【2011/08/11 22:33】 | ホビー
トラックバック(0) |