日ごろ見たアニメやTV番組の感想など趣味をことを書き綴ったブログです
★新作商品紹介★


★ース騎のハセガワ版がバンダイ版に遅れること3か月後にリリース。バンダイ版とは違いファイター固定。バンダイ版は変形付きのものは立たせにくいという欠点があるのでハセガワ版を購入しようかな?★ ★VF-31Jハヤテ機のスーパーパック装備型が9月に登場。スーパーパック単体も同時リリース★ ★3D格闘ゲーのパイオニア「バーチャファイター」の晶がfigmaに登場。カクカクポリゴンの1仕様で立体化。サラも同時期に発売予定。(晶同様1仕様)ゲーム自体はガードボタンが別個に存在しているため、「鉄拳」よりも遊び辛かったな・・・★ ★第1部を元に実写化されているが、登場人物が全員日本人したりと出来は実写版進撃ばりの酷評を受けてしまった。★

【送料無料】仮面ライダーアギト Blu-ray BOX 1 【Blu-ray】
価格:16893円(税込、送料無料) (2016/9/4時点)



★元祖ワイルド系でギルスのご先祖・アマゾンがBDでリリース。必殺技が手刀で血が噴き出す描写はインパクト大。映像特典としてアマゾン役の岡崎徹とマサヒコ役の松田洋治の新規インタビュー収録。★ ★平成ライダー第二弾のアギトがBDに登場。平成の中では思い入れのある作品の一つで、合成まみれの戦闘シーンは好かんが、ドラマは良かったなぁ★ ★ワルキューレの2ndアルバムが秋にリリース。やはり美雲は小清水さんも歌えたのに他人のJUNNAに歌パートをやらせたのはおかしい。★ ★「レイアース」の主人公の一人・光がfigmaに登場。顔は原作ベースで作中でも印象深い猫耳用前髪パーツ付属。風ちゃん、海ちゃんも企画中★
★さらに新作★




★ギャバンの必殺武器・レーザーブレードが大人のトイとして登場。OPにBGMが流れ、大葉健二のセリフも聞けるがこの玩具用に新録。 ★マクロスΔのメインヒロイン・フレイアがデフォルトのステージ衣装で立体化。パーツの差し替えで「ルンピカ状態」も再現。★ ★原作版をイメージしたセーラームーンのフィギュアーツがリリース。第3部ver.で立体化するが、TVアニメ版とは異なり表情パーツが付かない。★ ★あの変態仮面実写版の第2弾が登場。世界中からパンティが消えるという事件に変態仮面が挑むが・・・鈴木亮平の肉体美、変態仮面の変態技が再びみられる。★

アイアムアヒーロー DVD通常版 [ 大泉洋 ]
価格:3160円(税込、送料無料) (2016/9/5時点)


機動戦士ガンダム THE ORIGIN 4【Blu-ray】 [ 矢立肇 ]
価格:5508円(税込、送料無料) (2016/9/5時点)


S.H.フィギュアーツ デビルマン D.C.[バンダイ]《01月予約》
価格:6550円(税込、送料別) (2016/9/7時点)


牙狼<GARO> Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ 小西大樹 ]
価格:28350円(税込、送料無料) (2016/9/7時点)


★同時期公開になったテラフォ実写版の惨さの陰に隠れていたものの、実はかなり好評だった「アイアム ア ヒーロー」がDVD・BDに登場。発売日は11月2日で通常版と豪華版の2種類リリース。ダメ男な主人公がゾンビ病が蔓延する世界で唯一の特技である射撃のスキルを活かしてサバイバルすることに・・という内容。原作は小学館漫画賞受賞作。★ ★シャアとセイラの過去を描いたORIGIN4部作の最終巻はシャアとララァの出会いを描く。主題歌は森口博子が担当するとのこと。来年からルウム編も制作予定とか。★ ★ありそうでなかったデビルマンがTVアニメ版で立体化。付属の鉄骨パーツでED「今日もどこかでデビルマン」の1シーンを再現可能★ ★昨年で10周年を迎えた牙狼の1期がBD化。TV版25話+未放送エピソード、TVSP「白夜の魔獣(DC版)」を収録。新規オーディオコメントなどの特典もあり。★
本日はNHKで放送された「みをつくし料理帖」を視聴
以前ABCでスペシャルとして放送されていましたが、NHKが連続ドラマ化

大坂出身の女料理人・澪は洪水で天涯孤独になり、大坂の料亭で修行したほどの女料理人。江戸の小料理店「つる家」で働くことになったが上方風と江戸風の味の違いに戸惑いつつも、自分の味を確立し、料理人として成長していく・・という内容。

以前放送されていたABC版と比べると、澪は顔が地味、小松原はハンサムではないと容姿でギャップを感じてしまった。

本編終了後は作中に登場した料理を実演を交えて紹介。現代のキッチンで澪が作中の料理を作ってみせる内容だけど、違和感がありまくり。

感想(ABC版・1)
感想(ABC版・2)
スポンサーサイト

【2017/05/15 19:14】 | テレビ番組
トラックバック(0) |
金曜日に高松塚古墳の壁画に関する記事を読みましたが、今回のヒストリアは高松塚古墳がお題。
1972年に石棺に描かれた壁画が発見され、発掘調査以降、壁画は現状のまま現地保存することになり、保存のために色々設備投資したものの、2004年に石室が劣化したため、棺を出して復元作業してる・・わけですが、ある程度壁画が再現されたというニュースがあった記念で放送されたのかな?

・壁画の復元作業を紹介しているコーナーではコンピューターを使い壁画の輪郭や色を復元しようとするという最新技術が導入されてること、復元作業を元に復元された石室をCGで再現しているという演出もありました。婦人画・文官の絵の他は四聖獣の白虎・青龍が描かれていたこと、棺の上には二十八宿が描かれていたことも判明。復元技術を元にここまで再現できるところはすごい。
・壁画の通称「飛鳥美人」と文官の壁画を復元した上で、どういう風景が描かれていたのかを推察。
持ち物からして宮中行事の一コマを切り取ったものではないかとのことだけど断片だけしか見たことがなかったので面白い推察

FC2blog テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2017/05/13 19:06】 | テレビ番組
トラックバック(0) |
本日見たTV番組は「英傑の末裔」。
戦国武将の子孫を取材した内容で登場したのは・・・
上杉家、伊達政宗(直系)、毛利元就(ただし傍流)、長宗我部元親(傍流)、赤穂浪士、真田幸村。

・上杉家
謙信は生涯独身だったため、傍流の子孫が登場。杉家第17代当主・上杉邦憲さんは、なんと世界的なプロジェクトに携わったすごい人。
上杉家の秘法も紹介。馬上杯などが取り上げられていた

・伊達政宗
直系の子孫の存在は「独眼竜政宗」の冒頭のコーナーで紹介されていたのを見たことがあるが、その時の人と同じだったみたいで顔つきとか覚えてました。物腰が女性的で名家の子孫だったことに当初はコンプレックスがあったことを告白。
レポーターの笑福亭笑瓶が香道に挑戦してみたり、瑞宝殿の展示物、政宗の遺骨から推測される体格を紹介。あと、政宗の肖像画や銅像に両目がある理由が紹介されていた

・毛利元就
直系ではなく九男・秀包(ひでかね)の子孫が登場。今は総合格闘技の選手とのこと。

・長宗我部元親
 直系は盛親が大坂の陣で斬首刑にされたため絶えたので、傍流の子孫を紹介、別姓を名乗った弟・島親益の子孫にあたる人で、共同通信社に勤務し、退職後は出版社の経営者になって先祖の事を取り上げた本も書いており、そのうちの一冊は高知旅行で見かけました。
 長宗我部元親がゲームなどに取り上げられていることについてレポーターが質問したんだけど・・・何でBASARA元親を取り上げる・・・BASARA元親は史実無視の海賊大将設定がされているのに。
 
・真田幸村
真田の末裔は幸村筋と信之筋の二系統が存在するが、番組で紹介されたのは幸村筋の方。真田家の秘宝を紹介していたのだが、妙にお茶目なところを見せてくれます。


[Blu-ray] 大河ドラマ 真田丸 総集編


送料無料 真田幸村 戦国武将伝ミニタオル 諏訪原寛幸イラストタオル カッコイイ武将 真田幸村 ミニタオル 汗ふきに真田幸村 ミニタオル At021


FC2blog テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2017/05/05 19:36】 | テレビ番組
トラックバック(0) |
本日NHKBSプレミアムで昨日放送になった「発表!あなたが選ぶアニメベスト100」を視聴。
ネットで行われた投票を元にベスト100を公表するというもの。
総合ランキングの他、年代別ランキング、公開アフレコもサブ要素として登場。
総合100位を俯瞰して見た結果、2000年代アニメが割と100位内に喰いこんでおり、100位内に入ってもおかしくない7~80年代の作品は圏外という結果に。これはアニソンのランキングでも言えた話ですが。
ガンダム関連としては・・初代はわかるんですけど、鉄血と種が100位内でZは100位圏外は納得できない。鉄血はビーム兵器を使わないため面白みに欠ける、三日月がアムロやカミーユ君らとは違って悩まず淡々としている所は好きじゃなかったし。種は平井久司のデザインセンスを疑ってたし。
1位はタイバニという結果に。作品自体は面白かったのですが総合1位取るような作品ではないような気がする。
結果

気になった作品の事をちょっとコメント
<年代別・80年代>
特に80年代は思い入れのあるアニメが多いんですが・・・
・機動戦士Zガンダム(80年代:10位/総合:108位)
歴代ガンダムでは初代に次ぐ人気を誇るZが80年代10位になったのはいいが、総合では108位と糞ガンや鉄血以下ってのはあり得ない。Zは中学生時代に視聴し、UCガンダム信者となったきっかけだが歴代2位の人気を誇るんだし、100位内に入ってもおかしくなかったのだが・・
・聖闘士星矢(80年代:13位/総合:123位)
元祖鎧ヒーローなんだし、これも100位内におかしくなかったのだが。
リアルタイムで見ていたものの、当時は好きではなかった。高校生の頃やっていた地上波再放送がきっかけで好きになったんですよね。地上波再放送がきっかけでDVDを購入したし。今でも原作単行本を読むと脳内妄想で古谷徹さんらの声が聞こえてきます。
・イデオン・発動編(80年代9位/総合105位)
「発動編」はTV総集編の「接触編」との同時公開で話題になったが、弟にせがまれてビデオを借りたが、冒頭の首チョンパシーンで吐き気を催し、終盤になると頭を蜂の巣にされて殺されるカララ、子供さえも無残に死んでいく展開はトラウマ化必至の作品と言っても過言ではない。
・逆シャア(80年代:17位)
これも繰り返し見た作品。ラスト近くでシャアが「ララァ・スンは私の母になってくれたかもしれなかった女性だ!」と発言するのだが、男の本質って結局マザコン?
逆にアムロの「貴様のように急ぎすぎもしなければ、人類に絶望しちゃいない」というセリフはシャアと違って長年の経験を経て男らしくなったと思う。
・AKIRA:弟が見ていたビデオをチラ見していたけど、クオリティが半端じゃない。
・銀英伝(80年代:1位/総合:13位)
80年代1位は納得いかない。原作小説は高校時代に3か月で読破したし、堀川亮さん扮するラインハルトははまっていたよねぇ

<総合>
・マクロスF(総合73位)
25周年記念作だが、実際は2008年に放送と奇妙な作品に。
3ⅮCGを使ったVFの戦闘シーンは良かったし、歌も良かったもんな。ランカの「星間飛行」は80年代アイドルの歌を彷彿させるよなぁ(作詞も松田聖子の歌に歌詞を提供した松本隆)
・進撃の巨人(総合28位)
原作はものすごく絵が下手。(話は気になるので原作はチェックしているし、アニメ版もちゃんと見た)類似作で絵が綺麗めのテラフォの方は原作集めてる。原作の方、外伝やテラフォのように他の方を作画に回せばよかったのにと思う。そのテラフォも進撃とは逆にアニメ版は最低だったが。
・少女革命ウテナ(総合30位)
川上とも子の出世作だが、川上さんが早死にされたのは残念でならない。奥井雅美が歌うOPは素晴らしいと思う。
・名探偵コナン(総合24位)
ただいま映画新作「から紅の恋文」がヒットしてますが、原作・アニメ共にいつになったら終わるんでしょうか?同時期にヒットした「金田一少年」は不定期連載に移行してるが
・機動戦士ガンダム(総合17位)
劇場版BDを購入しているほど作品自体は嫌いではないが、初代を神聖化する傾向は嫌い
・エヴァンゲリオン(総合14位)
これは「ダンクーガ」「エルガイム」同様に高校時代の思い出のアニメの一つ。
・ジョーカー・ゲーム(総合12位)
これが総合12位ってのは納得いかない。D機関の構成員は皆顔が似ているので名前を覚えられなかった。堀内賢雄さん扮する結城中佐の演技は良かった。原作小説を読んだおり、結城中佐の声だけ脳内で聞こえたもんな。
・タイバニ(総合1位)
これが総合1位ってのはおかしすぎるだろ!?作品自体は面白くて全部見たけど。
虎徹とバーナビーの凸凹コンビが真のコンビになっていく過程、ヒーローが抱える事情(ブルーローズ=カリーナは会社の意向で女王様キャラやってる事に疲れてる、折紙サイクロン=イワンの養成所時代の話とか・・)に終盤、虎徹が抱える事情(NEXT能力が減退してしまっていること、娘の楓がNEXTと判明し・・とか)がドラマに絡んでくるところは面白かったけど。


【新品】【ブルーレイ】機動戦士Zガンダム メモリアルボックス Part.I 富野由悠季(原作、総監督)
歴代ガンダムの中で一番好きな作品。ラストの展開は茫然としていた。


[Blu-ray] 銀河英雄伝説 Blu-ray Vol.1

藤崎 竜 銀河英雄伝説 第1巻【中古】afb
アニメ版、これ以前に発表された道原かつみ版と比べると帝国軍の制服がダサいうえに、キャラの容姿がラインハルトとヤン以外は「コレジャナイ」感が強すぎる。


【中古】TIGER&BUNNY 1 <初回限定版>/平田広明ブルーレイ/SF
ヒーローの造形に関してはヒーローもののオマージュ漫画を何本か書いてる桂正和さんの力が大きいと思う。

FC2blog テーマ:アニメ - ジャンル:アニメ・コミック

【2017/05/04 20:14】 | テレビ番組
トラックバック(0) |
本日見た番組はBSプレミアムで放送されていたアニソンTOP100の番組の録画を視聴。
15日までネットで開催されていた投票を元に集計。結果発表の他、出演者によるライブを交えての放送。

司会はケンコバとしょこたんで両者ともアニメ好きということで妥当な人選。結果は昭和と平成が入り混じった内容で平成のアニメがベスト10を独占するといった結果に。

・自分は「シティーハンター」EDの「Get Wild」に投票してきましたけど、28位に入っていたのは嬉しい~。色んなアニメの歌を聞いてきたけど、TM NETWORKと80年代J-POP好きになったきっかけでもあるので。

・投票しなかったものの、「Zガンダム」後期OP「水の星に愛をこめて」、「F91」ED「Eternal wind」も100位内に入っていたのは嬉しい。
セーラームーンの歌は「ムーンライト伝説」が「MOON PRIDE」よりも上位に入っていたけど、やはりセーラームーンは「ムーンライト伝説」ですよね~
・ドラゴンボール劇場版「復活の『F』」主題歌「Zの誓い」がTV版「Z」OP「CHA-LA HEAD-CHA-LA」よりも上位ってのは意外。「CHA-LA HEAD-CHA-LA」は249位。

ライブコーナーでは・・・アイリスが「ナディア」OP「ブルーウォーター」に「マクロス」劇場版の「愛・おぼえていますか」、きだたにひろしによる「The GALAXY EXPRESS999」(オリジナルはゴダイゴ)と「Get Wild」(オリジナルはTM NETWORK)、ささきいさおによる「銀河鉄道999」「宇宙戦艦ヤマト」、水木一郎によるメドレー、しょこたんの「ムーンライト伝説」は感動ものでしたね。

1~100位
100位以降
100位内に入ると思っていた曲が100位以降になっていたのは意外な結果に・・・


【2000円以上で送料無料】【中古】『Z』の誓い 【『Z』盤】/ももいろクローバーZCDシングル/邦楽

 【中古】アニメ系CD ももいろクローバーZ/『Z』の誓い[『F』盤] [Blu-rayDisc付]~劇場版『ドラゴンボールZ 復活の「F」』主題歌


《送料無料》TM NETWORK/GET WILD Thanks 30th Anniversary(仮)(CD)





FC2blog テーマ:お笑い/バラエティ 全般 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2017/02/21 17:41】 | テレビ番組
トラックバック(0) |
今回のアメトーーークのお題はゲーセンの名作ゲームを紹介する内容。
出演者は学ラン姿やブルゾン姿で登場。
紹介されていたゲームは・・・
<黎明期~80年代前半>
・スペースインベーダー
・ゼビウス
・ギャラクシアン
・ギャラガ
・マッピー
・パックマン
・ディグタグ
・ニューラリーX
・ドンキーコング
・マリオブラザーズ
・クレイジークライマー
・ドルアーガの塔
・スターフォース
・グラディウス
・ツインビー
・スペースハリアー
・ハングオン
・アウトラン
・源平討魔伝
・魔界村
・空手道
・ダライアス
・ファンタジーゾーン
・戦場の狼
・熱血硬派くにお君

<80年代後半~現代>
・R-Type
・ダブルドラゴン
・スーパーリアル麻雀
・オペレーションウルフ
・ファイナルファイト
・アフターバーナーII
・テトリス
・ウィニングラン
・ワニワニパニック

・ストII
・龍虎の拳
・餓狼伝説
・ヴァンパイア
・サムライスピリッツ
・バーチャファイター
・鉄拳
・DOA
・電脳戦記バーチャロン
・ぷよぷよ
・DDR
・ドラムマニア
・ギターフリークス
・ポップンミュージック
・太鼓の達人・・・

90年代のゲームでも「鉄拳」は結構遊んだ格闘ゲー。2のPS版は弟と一緒に結構遊んだなぁ・・・2でよく使っていたキャラは風間準で、性能や技を引き継いだ風間飛鳥を6以降では使ってるんですが。弟がよく使っていたのはキング。投げ技→関節技のコンボで散々な目に遭ったのは懐かしい記憶・・・
「バーチャファイター」はガードボタンが鉄拳とは違って別個にあるため馴染めなかったなぁ・・
「DOA」はPS3版5無料版をプレイしたことがあるけどやはりバーチャ同様ガードボタンが別個にあるのが馴染めなかった・・・聞いてたらDOAって女性キャラばっかりフォーカス当たってるし(DLCの追加衣装も女性キャラ優遇)。

「バーチャロン」はBGMとカトキハジメがデザインしたバーチャロイドのデザインが良くて、見かけたらプレイしていたなぁ。これもSS版でプレイしまくってましたし。BGMではテムジンのテーマ「In The Blue Sky」とバイパーIIのテーマ「SHE'S LOST CONTROL」が一番良かった。

「太鼓の達人」はこれもやりたくなったらプレイしたくなるゲームで昔の勤め先の社員旅行でマネージャー格の人と対戦したのは懐かしい。

実際にゲームをプレイする場面があったり、ゲームの珍場面、ゲーセンで遭遇したエピソードを芸人が語るところもあり、「遭遇したエピソード」は面白かった。


【中古】 ナムコミュージアム /PSP 【中古】afb


【中古】 電脳戦機バーチャロン /セガサターン 【中古】afb​​


【中古ゲーム】PS 鉄拳2【中古】 afb


[100円便OK]【中古】【SS】バーチャファイター2【RCP】

FC2blog テーマ:お笑い/バラエティ 全般 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2017/02/18 17:56】 | テレビ番組
トラックバック(0) |
本日見た番組はピンクフロイドを扱った番組「Behind the Wall」。
フロイドのデビュー~アルバム「The Wall」発表後をメンバー・関係者の証言をまとめたドキュメンタリー。内容はデビュー前夜~シド・バレット脱退の話がメイン。
・フロイドのデビュー当時はアングラ・サイケが流行っていた頃でその当時のバックグラウンドも当時の映像と共に紹介。ロジャー・ウォータースとシド・バレットはケンブリッジの建築学校の出身であること、デビュー前のライブ活動の話を紹介。ライブ活動では1曲30分もの即興演奏をしていたという話は知っていた。
当時の映像の中にライブを見に行った女子の観客が失神してしまった映像も流されたがクスッと笑ってしまった。
・初代リーダーのシド・バレットの事も登場しており、結構ハンサムだったと証言があり、出てきた写真を見ると確かにハンサム。
・デビュー当時はLSDが流行っていて、メンバーも服用していたがシドは相当多用していて多用していたのは自分の音楽が大衆化するのを嫌っていたなどの証言が登場。アメリカライブの時ギターを演奏せず、突っ立ったままでいたとか、シドの奇行に頭を悩ませた関係者が外のミュージシャンに影武者を依頼した話が登場。
他、シドの奇行としてまともな会話ができない、寝ずに割れたガラスの上に乗っていたことをあかし、60年代後半は精神病について深く研究されていなかったため関係者はもっと努力すればシドを助けられたのに・・とコメントしている場面も。
・「The WALL」は「狂気(Dark side of the Moon)」と並ぶヒットを飛ばしたがロジャー・ウォータースと他メンバーの確執が明るみになり、解散するか否かと権利関係で裁判沙汰になったのだが、その辺の話、誕生秘話(ウォータースが「アニマルズ」のツアーで観客に唾を吐きかけたのがきっかけ)、ツアー当時の映像も紹介。




ピンク・フロイドの神秘 [ マーク・ブレイク ]
価格:2700円(税込、送料無料) (2016/11/22時点)






FC2blog テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2016/11/22 21:38】 | テレビ番組
トラックバック(0) |
本日見たTVはNHK・BSプレミアムで放送されていた「アナザーヒストリー」。
今回のお題は80年代のCMのコピー・製作の裏を紹介する内容。
「私はこれで会社を辞めました」(by禁煙パイポのCM)とか「ピッカピカの一年生」(小学1年生)、「幸せって何だっけ」「24時間戦えますか」(byリゲイン)など(そーいや小学館の小学生向け学習雑誌は「小学一年生」以外はもう廃刊になったようで)印象深いコピーが多かった80年代CM。その誕生の裏を3人のコピーライターに焦点を当てて特集。
 成功の裏には影がある・・ということでキンチョーの蚊取りマット、今でも販売されてる「ゴン」(箪笥用無臭防虫剤)の初期のCMは問題があって放送禁止になったけどその理由を紹介。今は些細なことがあるとすぐに規制したがる世の中になってますが、それは80年代も場合によっては同じだった模様で・・・
糸井重里を取り上げた折、宮崎アニメのコピー、矢沢永吉のエッセイ本「成り上がり」の取材を担当、沢田研二の「TOKIO」の​作詞を担当したのは意外
糸井が手掛けた西武百貨店のコピーはユニークで、本にも取り上げられた「おいしい生活」のコピーとCM製作の裏を紹介。
CMには映画役者で監督のウディ・アレンを採用したが、彼を口説き落とした時の裏を紹介。珍しいタレントや役者をCMに呼ぶための交渉にもドラマがあるんですね。

【中古】文庫 ≪日本文学≫ 成りあがり / 矢沢永吉【02P05Nov16】【画】【中古】afb

【2016/11/11 20:21】 | テレビ番組
トラックバック(0) |
今回の「歴史秘話ヒストリア」のお題は石川啄木。妻・節子との交流を中心とした秘話を紹介。

たはむれに母を背負ひて
そのあまり軽きに泣きて
三歩あゆまず

はたらけど
はたらけど猶(なほ)わが生活(くらし)楽にならざり
ぢっと手を見る

東海(とうかい)の小
島の磯の白砂に われ泣きぬれて
蟹とたはむる

(歌集「一握の砂」より)

など有名な短歌を残した啄木だが実態はというと・・・
・女遊び三昧、借金ばかりした挙句借金は踏み倒すほど。
・そのせいで家に仕送りを殆どしない。
・傲慢な一面があり、仕事先の先輩や同僚とはうまく行かず、就職してもすぐ退社。
という最悪の人間ということが判明。

その一方で代用教員をしていた先の学校では慕われてた、1908年に上京した折、小説を何本か書いているが黙殺された・・というのは初耳。

他、サイトで
・啄木は友人宛の手紙で蒲原有明を「余程食へぬやうな奴だがだましやすい」、薄田泣菫や与謝野鉄幹を「時代おくれの幻滅作家」と記すなど、自身が影響を受けたり世話になった作家を侮辱したほか、友人からの援助で生活を維持していたにも関わらず「一度でも我に頭を下げさせし 人みな死ねと いのりてしこと」と詠んだ句を遺すなど傲慢不遜な一面もあった。
・啄木は亡くなる前、節子に日記を燃やすように命じたが、節子は「愛着から燃やす事ができませんでした」と日記を金田一に託した。ただし彼女がこの日記を読んだかどうかは不明である(日記は浅草に通い娼妓と遊んだ件がローマ字で書かれているが、才女として知られていた節子ならローマ字の文を読む事は可能だったと考えられている)。
・今の日本円に換算して1400万~1500万ほどの借金をしていた
というゲスな一面がわかってしまった。

FC2blog テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2016/09/17 19:57】 | テレビ番組
トラックバック(0) |
本日見たドラマは「グ・ラ・メ-総理の料理番-」
「大使閣下の料理人」「信長のシェフ」と同じ原作者の作品で「大使閣下~」の女性版な内容。

吉田茂政権以来、約70年ぶりに総理任命の『官邸料理人』が復活。その座に抜擢されたのは、25歳の女性料理人・一木くるみ。以前からいた官邸料理人の反発に遭いながらも料理で外交の手助けをすることになり・・というもの。

冒頭が・・かなり原作を改悪してる。くるみが官邸料理人に抜擢されたのは師匠の推薦であること、くるみの前歴がワシントンで大使公邸の料理人をしていたと言うのが原作での設定だが、ドラマ版では色んな料理屋を転々としていた、官邸料理人になったのも総理の秘書・古賀の差し金という設定に変更されてるし。
お世話役の人も原作では官邸のスタッフではなく官邸勤務の料理人に変更。

元総理が官邸を訪問するということで、当初はコース物を予定していたが、急きょメニューを変更。出てきたのはリゾット一皿だけ・・って展開は原作通りでしたが。



FC2blog テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2016/07/23 00:29】 | テレビ番組
トラックバック(0) |