日ごろ見たアニメやTV番組の感想など趣味をことを書き綴ったブログです
★新作商品紹介★


★ース騎のハセガワ版がバンダイ版に遅れること3か月後にリリース。バンダイ版とは違いファイター固定。バンダイ版は変形付きのものは立たせにくいという欠点があるのでハセガワ版を購入しようかな?★ ★VF-31Jハヤテ機のスーパーパック装備型が9月に登場。スーパーパック単体も同時リリース★ ★3D格闘ゲーのパイオニア「バーチャファイター」の晶がfigmaに登場。カクカクポリゴンの1仕様で立体化。サラも同時期に発売予定。(晶同様1仕様)ゲーム自体はガードボタンが別個に存在しているため、「鉄拳」よりも遊び辛かったな・・・★ ★第1部を元に実写化されているが、登場人物が全員日本人したりと出来は実写版進撃ばりの酷評を受けてしまった。★

【送料無料】仮面ライダーアギト Blu-ray BOX 1 【Blu-ray】
価格:16893円(税込、送料無料) (2016/9/4時点)



★元祖ワイルド系でギルスのご先祖・アマゾンがBDでリリース。必殺技が手刀で血が噴き出す描写はインパクト大。映像特典としてアマゾン役の岡崎徹とマサヒコ役の松田洋治の新規インタビュー収録。★ ★平成ライダー第二弾のアギトがBDに登場。平成の中では思い入れのある作品の一つで、合成まみれの戦闘シーンは好かんが、ドラマは良かったなぁ★ ★ワルキューレの2ndアルバムが秋にリリース。やはり美雲は小清水さんも歌えたのに他人のJUNNAに歌パートをやらせたのはおかしい。★ ★「レイアース」の主人公の一人・光がfigmaに登場。顔は原作ベースで作中でも印象深い猫耳用前髪パーツ付属。風ちゃん、海ちゃんも企画中★
★さらに新作★




★ギャバンの必殺武器・レーザーブレードが大人のトイとして登場。OPにBGMが流れ、大葉健二のセリフも聞けるがこの玩具用に新録。 ★マクロスΔのメインヒロイン・フレイアがデフォルトのステージ衣装で立体化。パーツの差し替えで「ルンピカ状態」も再現。★ ★原作版をイメージしたセーラームーンのフィギュアーツがリリース。第3部ver.で立体化するが、TVアニメ版とは異なり表情パーツが付かない。★ ★あの変態仮面実写版の第2弾が登場。世界中からパンティが消えるという事件に変態仮面が挑むが・・・鈴木亮平の肉体美、変態仮面の変態技が再びみられる。★

アイアムアヒーロー DVD通常版 [ 大泉洋 ]
価格:3160円(税込、送料無料) (2016/9/5時点)


機動戦士ガンダム THE ORIGIN 4【Blu-ray】 [ 矢立肇 ]
価格:5508円(税込、送料無料) (2016/9/5時点)


S.H.フィギュアーツ デビルマン D.C.[バンダイ]《01月予約》
価格:6550円(税込、送料別) (2016/9/7時点)


牙狼<GARO> Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ 小西大樹 ]
価格:28350円(税込、送料無料) (2016/9/7時点)


★同時期公開になったテラフォ実写版の惨さの陰に隠れていたものの、実はかなり好評だった「アイアム ア ヒーロー」がDVD・BDに登場。発売日は11月2日で通常版と豪華版の2種類リリース。ダメ男な主人公がゾンビ病が蔓延する世界で唯一の特技である射撃のスキルを活かしてサバイバルすることに・・という内容。原作は小学館漫画賞受賞作。★ ★シャアとセイラの過去を描いたORIGIN4部作の最終巻はシャアとララァの出会いを描く。主題歌は森口博子が担当するとのこと。来年からルウム編も制作予定とか。★ ★ありそうでなかったデビルマンがTVアニメ版で立体化。付属の鉄骨パーツでED「今日もどこかでデビルマン」の1シーンを再現可能★ ★昨年で10周年を迎えた牙狼の1期がBD化。TV版25話+未放送エピソード、TVSP「白夜の魔獣(DC版)」を収録。新規オーディオコメントなどの特典もあり。★
コミックナタリーからの情報ですが・・・

ハリウッド版「攻殻機動隊」、「ゴースト・イン・ザ・シェル」の日本語吹き替えキャストが決定。
オリジナルの草薙素子に相当する少佐は田中敦子さん、バドーは大塚明夫さん、トグサは山寺宏一さんに決定。押井版「GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊」とTVシリーズ「攻殻機動隊SAC」と同じメンバーがハリウッド版にも集結かぁ・・・「虐殺器官」の感想と一緒に公開前映画のPV感想のなかでハリウッド版「攻殻機動隊」の事も取り上げたとき、アニメと同じキャストが吹替え版に参加してほしいと思ったけど、その通りになるとは嬉しい限り。これも見に行こうかな?​

EMOTION the Best 攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society [DVD]


攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL (ゴースト・イン・ザ・シェル)/士郎正宗/押井守/伊藤和典【中古】[☆4]
スポンサーサイト

【2017/03/10 21:17】 | 映画
トラックバック(0) |
日本では「アナ雪」の略称で知られる「アナと雪の女王」が地上波初登場ということで視聴。

触れたものを凍らせたり、雪や氷を作る魔法の力を持って生まれたアレンデール王国の王女・エルサ(当時8歳)は、ある夜、妹のアナと魔法で遊んでいた。不思議な魔法の遊びにはしゃぎすぎた妹を助けようとして、エルサは自分の力を制御できず、誤って魔法をアナの頭に当ててしまい、意識不明の状態にさせてしまう。2人の両親である王と妃がトロールたちに救いを乞いアナは回復するが、引き換えにエルサの魔法に関する記憶を失う。
 両親の死後成人したエルサはアレンデールの女王として即位することになったが、アナがハンス王子と結婚すると言いだしたため、エルサは魔法の力を暴走させてしまい、アレンデール王国は雪と氷に閉ざされてしまう。アナは城を飛び出しエルサを連れ戻そうとするが・・という内容。

 アンデルセンの「雪の女王」をモチーフにしてるが、話は全くのオリジナルで「真実の愛」がお題。
アナが神田沙也加でエルサは松たか子、オラフはピエール瀧。洋画・外国アニメの吹き替え・
国内アニメ声優にタレント・俳優の声優起用が目立つが、本作での演技は及第点。
 ラスト、真実の愛を知ったエルサが魔法を制御することが出来るようになり、アナとも仲直りし国中の人々とスケートするところでおしまいになるがハッピーエンドになるところはいいですな~。

ミュージカル仕立ての演出の中で字幕が流れているが、字幕なしの所もあり統一感がないのとEDでの視聴者ビデオを流す所は残念。せっかくのノーカットなのに本来のEDフィルムを流すべきだと思った。(ネットでもネタにされたが)



【中古】ねんどろいど アナと雪の女王 エルサ ノンスケール ABS&ATBC-PVC製 塗装済み可動フィギュア


【ねんどろいど アナと雪の女王 アナ フィギュア グッドスマイルカンパニー】グッドスマイルカンパニー ねんどろいど アナと雪の女王 アナ フィギュア(ZF05271)


フィギュアーツZERO エルサ 『アナと雪の女王』[バンダイ]【送料無料】《発売済・在庫品》


アナとエルサが本格フィギュアで誕生バンダイ フィギュアーツZERO アナ フイギユアア-ツZ/アナ [フイギユアア-ツZアナ]

FC2blog テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

【2017/03/05 23:28】 | 映画
トラックバック(0) |
映画版「帝一の國」の予告編が解禁。菅田さんを筆頭に特撮出身の人が何人か出演すること、原作既読ということで見に行く予定をしていますが、予告編を見た感想を・・
・菅田さんを始め皆さんなり切り度が高い。
・学園祭のオープニングで氷室派がふんどし姿で太鼓を叩くシーンが登場。
・氷室が(主に)運動部に現金をばらまくという作戦に出るシーン
・大鷹が外部枠では優秀な成績で入学したことを知った帝一が外部枠の入試問題をやってみるシーンが登場。大げさなリアクションも原作通り。
・氷室に危険を感じ、森園派に付いた帝一。光明発案の、森園派が校庭でマイムマイムを踊り、氷室派に揺さぶりをかけるシーンが登場。
・校舎の屋上から氷室が飛び降りるシーンが登場ってことは、1年生編を網羅するのか?そして、受けが良ければ2年生編も制作か?舞台版は第3弾まで制作されたが。


【2017/03/04 23:24】 | 映画
トラックバック(0) |
本日は映画「虐殺器官」を見に行きました。
「ノイタミナ・ムービー」の「PROJECT itou」最後の作品。原作の発表自体は1番最初だが、2015年10月公開の予定だったが2015年7月に「表現方法の追求」を理由に公開日を1か月遅らせ11月に延期、更に同年10月には「制作体制の見直し」のため、公開が更に延期された。結局の所製作会社のマングローブが倒産、その後、チーフプロデューサーである山本幸治が新たに設立する「ジェノスタジオ」に制作が引き継がれ、公開に漕ぎつけたという経緯があり難産だった。(ネットのニュースにもなっていた)

 コンビニの端末で購入しようと思ったら、売ってないからムビチケで購入したものの、端末のアクセスの仕方がわからず、通常の手続きで席を取りました。
本日は休みのためお客さんが多かったですけど、女性の観客は声優さんお目当てだったのかも?(中村悠一さん、櫻井孝宏さん、梶裕貴さん、石川界人さんが出演していたので)

公開前PVで目を引いたのは「帝一の國」。原作読んでるし、舞台化しているし見に行く予定をしてるんですけど、宣伝では胴上げされつつ選挙のPR演説をする菅田さん扮する帝一の姿が映し出された後、ふんどし姿になって・・・というもの。原作は大げさなリアクション、帝一の時折見せるおバカぶりで笑わせていただきましたけど。

「攻殻機動隊」ハリウッド版は期待できるか?PVではSAC1話冒頭に出てきたアンドロイド芸者が暴走したため、9課が鎮圧のため出動するシーンが登場していたけど、押井版とSACのいいとこ取りになるのかな?
仮に日本語吹き替え版も同時に公開になったら、吹替えキャストはアニメ版と同じメンバー(田中敦子さん、大塚明夫さん、山寺宏一さんら)にやっていただきたい

で・・本題。サラエボで発生した核爆弾テロによって世界中で戦争・テロが激化した結果、アメリカを始めとする先進諸国は厳格な個人情報管理体制を構築しテロの脅威に対抗していた。十数年後、先進諸国からテロの脅威が除かれた一方、後進国では内戦と民族対立により虐殺が横行するようになっていた。事態を重く見たアメリカは新たに情報軍を創設し、各国の情報収集と戦争犯罪人の暗殺を行うようになった。暗殺専門の特殊部隊に所属するグラヴィス・シェパード(中村悠一)は後進国で起こってる虐殺騒ぎの裏に居るといわれているジョン・ポール(櫻井孝宏)暗殺の任務を受け相棒のウィリアムズ(三上哲)ら特殊検索群i分遣隊と共にジョン・ポールの目撃情報のあるチェコ・プラハに潜入するが・・・というもの。
 
 感想を一言で言うと「ハーモニー」同様SFじゃなくてサスペンス。SF描写はメカ描写の方に割かれてる印象。
 冒頭はグラヴィスが裁判にかけられる所から始まる。裁判官役の女軍人に質問されたところで本編へ。いきなりジョン・ポールがいると思われる場所への潜入任務のシーンから始まる。暗殺部隊が潜入するなどのミリタリー描写は、メタルギア(以下MGS)から影響を受けてる?伊藤氏は小島秀夫氏のファンで、同人時代に書いた小説は小島秀夫作品の二次創作、「虐殺器官」発表後MGSの小説も書いているほど。
特殊部隊が兵士らを射殺する描写がえげつない。特殊部隊の兵士は訓練などで感情などを抑制されているので(R-15+指定作)容赦ないなぁ
 グラヴィスは過去に病床の母の生命維持装置を切ってしまったことがあり、原作冒頭でそれが語られていたがアニメではカット。
 人間一人が入る着陸艇、自動小銃装備のオートマタなどのメカ描写は良かった。
 作品のキーワードとなる「虐殺の言語」については説明不足。何かしらの暗示をかけて虐殺行為に走らせているんだろうが、終盤のジョン・ポールが言う目的とかも意味がわからなかったし。
原作は宮部みゆきらに絶賛されたものの、虐殺の言語について説明不足と指摘した小松左京氏の評価もわかるなぁ(文庫版解説に載っていた。そのためなのか小松左京賞を逃している)

本作は当初の制作会社が倒産し、新規のスタジオで完成に漕ぎつけた経緯を見るとアニメ業界の暗部(アニメーターの仕事は実際は重労働で、賃金が安いなど・・・)が抉りだされたような・・・
原作は一度手を付けたものの、訳がわからなくなり途中で投げ出してしまったがまた借りてみようかな?


送料無料/虐殺器官/伊藤計劃


メタルギア ソリッド ガンズ オブ ザ パトリオット【電子書籍】[ 伊藤 計劃 ]


FC2blog テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

【2017/02/05 19:19】 | 映画
トラックバック(0) |
12/23日に録画した「土竜の唄」をようやく視聴。新作「~香港狂想曲」公開記念として放送

 交番勤務の警官菊川玲二(生田斗真)は警察始まっての問題児だが正義感だけは強い性格。そんなある日トラブルを起こしてクビと上司に言い渡された。その代わりモグラ(潜入捜査官)に任命され、数寄矢会のボス・轟周宝(岩城滉一)を逮捕して来いと言い渡され・・という内容。
 原作は第59回小学館漫画賞受賞作。

・冒頭からマッパの状態で車で引きまわされるという目に遭う玲二。この無茶ぶりは潜入捜査官の訓練の一環。このあとガソリンスタンドの洗車装置にかけられるところとかは体張ってますね。
・轟周宝に近づくための一環として玲二は数寄矢会系列のヤクザ組織の人間に近づくことになり闇カジノでXXをゴルフクラブでめった打ちにされそうに。ひどい目に遭いながらも男気を見せたことで「クレイジーパピヨン」の異名を持つ日浦匡也(堤真一)に気に入られ義兄弟の契りを交わすことに。日浦のクレイジーぶりは原作よりはソフトに。
・日浦の借金の取り立てに同行することになった玲二。借金を踏み倒そうとする人には強硬手段に出る日浦だが、年老いた債権者の両親には人情に篤いところを見せ、ヤクについては否定的な発言をする所は昔気質のヤクザ。
・正式に数寄矢会の一員になるときの儀式では盃を思わず食べてしまう玲二には笑ってしまう。普通痛いよな・・あんなものを食って。儀式の時に出てくる構成員の一人が格さんこと伊吹吾郎氏なのはびっくり。
・次から次へとトラブルに巻き込まれる玲二の姿が見ていて苦笑してしまう。かなりオーバーなリアクションもしているけどここは原作も同じですけどね。
・終盤は麻薬の密輸阻止のため警察。ヤクザが大乱闘。玲二のピンチに現れたのは重傷を負った日浦。彼は黒川の知り合いの闇医者の手で義足を着けて復活したのだった。超人的な跳躍力を見せる所は「ありえな~い」ですよ。
・麻薬の密輸を抑えた玲二はようやくモグラから解放されると思っていたが、日浦は阿古木組から脱退。玲二を若頭に指名し、自分の組を立ち上げることを決意。玲二もそれに付いていくことに・・・という所でおしまい。


メール便発送可・生田斗真・仲里依紗・山田孝之・上地雄輔・斉木しげる・伊吹吾郎・渡辺哲・的場浩司・佐藤寛子【中古】DVD▼土竜の唄 潜入捜査官 REIJI▽レンタル落ち【極道】【東宝】


【中古】 土竜の唄外伝 狂蝶の舞(1) ビッグC/高橋のぼる(著者) 【中古】afb
日浦が主人公の外伝。下っ端時代の彼がのし上がっていくさまを描く

FC2blog テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

【2017/01/03 19:04】 | 映画
トラックバック(0) |
今回見た映画は「ベン・ハー(1959年公開版)」
原作はルー・ウォーレスが1880年に発表した小説で1959年より前に1907年と1925年に2度映画化されており(サイレント映画として)、1925年版の助監督だったウィリアム・ワイラーが監督を務め、「猿の惑星」で知られるチャールトン・ヘストンが主演を務めた。第32回アカデミー賞11部門受賞作。
ユダヤ人豪族の子ベン・ハーの数奇な運命とキリストの物語を交差して描く。

紀元26年のエルサレム。イエス・キリストが厩で生誕して20数年後、イスラエルの王族の血を引く貴族ジュダ=ベン・ハー(チャールトン・ヘストン)は幼なじみのメッサラ(スティーヴン・ボイド)がローマ帝国司令官として任地エルサレムに戻ってきて、二人は再会を喜びあうが、やがて支配者側のメッサラと被支配者側のベン・ハーとで意見が分かれ、二人の間には亀裂が走る。

その頃新しい総督を迎えてローマ軍が行進しているさなかに、ベン・ハーの屋敷の瓦が崩落して新総督が重傷を負い、司令官メッサラはベン・ハーに総督暗殺を謀ったとして逮捕し、奴隷の身分に落として漕手刑(ガレー船の漕ぎ手とする極めて重い刑罰)を言い渡す。ベン・ハ―の母ミリアム (マーサ・スコット)と妹ティルザ (キャシー・オドネル) は牢に入れられて家族は離散する。そして囚人としてガレー船に送られる道中、ベン・ハーは乾きに苦しめられ倒れるが、その時一人の男に水を飲ませてもらい、不思議なことに力を得て窮地を脱する。

ガレー船でベン・ハーは漕手として3年間を過ごすが、メッサラへの恨みが彼の全身を貫いていた。そしてたまたまマケドニア艦隊との海戦で沈没する旗艦から総司令官アリウス(ジャック・ホーキンス)を救出するという殊勲を上げ、漕手刑を赦免されてアリウスの養子となり、ローマの市民権を得て二輪戦車競走の騎手として注目されるまでになるが、メッサラと戦車レースで競争することになり・・という内容。

・字幕版で視聴したためセリフを追うのが大変でなおかつ4時間近いため分割して視聴。(DVDやVHSでは2巻組みだった)アニメ好きという理由もあり、吹替え版で見ていることがメインなので疲れはて寝てしまったことも。50年代~60年代は「十戒」、「史上空前の無駄遣い」と揶揄された「クレオパトラ」等3時間越えの映画が結構あるんですよね。今だったら前後編構成で造られているんでしょうね。
・ローマ軍の入場、クライマックスの戦車競走のシーンは豪華な作りで、今でならCGを使っている所をセットでやっているのだからすごい。製作費が今のレートで54億とのことで今の映画ではこういうのはできないんだろうなぁ。
・奴隷の身分に落とされ、ガレー船の漕ぎ手として過ごすことになったベン。ヘストンだけじゃなくエキストラの人々の肉体美が素晴らしい。
・衣装も豪華な作りでオスカーで衣装デザイン賞を取ったのも頷ける。
・戦車競走のシーンは迫力満点。メッサラはラフプレイで他の選手やベンを戦闘不能にしようとするのだが、この時の緊迫感、カメラワークが素晴らしい。
・ラストはローマ市民の権利を破棄し、離散した母と妹と再会。キリストの死と復活に立ちあうことになったベン。キリストは最後まで顔を見せないので復活したときの感動みたいなものが見ている方はわからないような?
2017年にリブート版が日本公開されるとのことだが、おそらく1959年版を越えられないのでは?

<裏話など>
32回アカデミー賞11部門受賞
作品賞
監督賞 – ウィリアム・ワイラー
主演男優賞 – チャールトン・ヘストン
助演男優賞 – ヒュー・グリフィス
美術賞 – ウィリアム・A・ホーニング エドワード・C・カーファグノ
撮影賞 – ロバート・L・サーティース
衣装デザイン賞 – エリザベス・ハフェンデン
編集賞 – ラルフ・E・ウィンタース
劇映画音楽賞 – ミクロス・ローザ
音響賞 – フランクリン・E・ミルトン
視覚効果賞 – A・アーノルド・ギレスビー
オスカー11部門受賞は史上最多記録でその後長く続き、『タイタニック』(1997年)、『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』(2003年)がようやく同じ11部門受賞で並んだが、現在もアカデミー賞の史上最多受賞作品の一つ。
・ベン・ハー役はポール・ニューマン、バート・ランカスターらが候補にいたが、諸事情からヘストンに回ってきた。ニューマンは「スクリーンに耐えられる下半身じゃない」といって断っていた。
・日本では1960年4/1に公開されたが、それに先立ち3/30日にテアトル東京でチャリティ上映が行われ、昭和天皇と香淳皇后が招かれ日本映画史上初の天覧上映となった。ヘストン夫妻もこの場に立ち会っている。
・メッサラ役のスティーブン・ボイドは「クレオパトラ」(エリザベス・テイラー主演版)にアントニウス役で出る予定だった。
・戦車競走の競技場は実に大がかりな作業を要し、1000人の建設スタッフが一年以上も全力を尽くして働き、走路を彫り上げ、木材で出来た枠組みを立ち上げ、各種観覧席を完成させた。終いには、映画製作者たちが現地調達できなかった白砂をメキシコから仕入れなければならなくなったと言う。
・マケドニアとの海戦シーンに使うガレー船の建造では、専門家を雇って出来るだけ忠実に再現をし、海戦の海には池を掘り又、茶色い池の水は地中海の青い海の色に染められた。
・戦車競走のシーンはヘストンを含めたキャストとスタッフはイタリアで4ヶ月の撮影リハーサルを行い、3ヶ月かけて撮影された。このシーンの演出は、名作「駅馬車」のスタントで抜擢された元スタント・マンのヤキマ・カヌートが担当をし、カヌートの息子ジョー・カヌートがヘストンのスタント・マンを務めた。実際競争シーンは3分間程度の戦車競争を11分かけて映写する等、スタートからゴールまでの8分46秒は、同一ショットはなく192ショットから編集された1ショット約3秒の前代未聞のスピード感と迫力を出すことに成功、又危険な撮影にも拘らず、死者や大きな怪我をした者がいなかったのだが、超大作の製作を任されたプレッシャーの影響なのかジンバリストは製作途中で心臓発作が原因で急死してしまい、スタジオはJ・J・コーエンに後を引き継いだ。


【WBカタログCP】ベン・ハー 製作50周年記念リマスター版(Blu-ray)
59年版の上映50周年版


【送料無料】 【初回限定生産】ベン・ハー 日本語吹替音声追加収録版 ブルーレイ(3枚組) 【BLU-RAY DISC】
納屋吾郎がヘストンを演じたフジテレビ版と磯部勉がヘストンを演じたBSジャパンバージョンを収録。


メール便発送可 (出演) ラモン・ノヴァロ フランシス・X・ブッシュマン メイ・マカヴォイ ベティ・ブロンソン マーナ・ロイ【bs】【中古】DVD▼ベン・ハー【字幕】【10P05Nov16】


 【中古】パンフレット パンフ)ベン・ハー【02P05Nov16】【画】

FC2blog テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

【2016/12/02 20:40】 | 映画
トラックバック(0) |
今回見た映画は「007 スペクター」。
ダニエル・グレイグ主演作としては4作目で「スカイフォール」からの続きになっている。

少年時代を過ごした “スカイフォール” で焼け残った写真を受け取ったボンド 。その写真に隠された謎に迫るべく、Mの制止を振り切り単独でメキシコ、ローマへと赴く。そこでボンドは殺害された悪名高い犯罪者の未亡人であるルチア・スキアラ と出逢い、悪の組織スペクターの存在をつきとめる。その頃、ロンドンでは新国家保安センターの新しいトップ、マックス・デンビーがボンドの行動に疑問を抱き、Mが率いるMI6の存在意義を問い始めていた。ボンドは秘かにマネーペニーやQの協力を得ながら、スペクター解明の手がかりとなるかもしれないボンドの旧敵、ホワイトの娘マドレーヌ・スワンを追う。死闘を繰り広げながらスペクターの核心部分へと迫る中、ボンドは追い求めてきた敵と自分自身の恐るべき関係を知ることになる-。 (公式HPより)

・「死者の日」に参加したボンドは骸骨の模様が入ったスーツと仮面で仮装しているが、「死ぬのは奴らだ」でのサメディ(サミディ)男爵のオマージュか?公開された宣伝スチールの一つ(黒いハイネックのシャツにズボンといういでたち)も「死ぬのは~」のオマージュだし。
・映画館によっては日本語吹き替え版も公開されていたが、その日本語吹き替え素材をパッケージ化している模様。ボンドの声は藤真秀が担当しているが、「カジノ・ロワイヤル」パッケージ版の小杉十郎太さんの方がいいかも?
・スキアラの狙撃に失敗したボンド。建物が派手に倒壊してしまう所とか、ヘリでの逆さま飛行と「あり得ね~」な演出連発でOPアクションの派手さはD・グレイグ主演作共通。
・OP映像は完全なシルエット処理ではなく、グレイグも登場してます。
・メキシコから帰ってきたボンドはMからお叱りを受け、全ての任務から外されてしまった。何もすることはない(?)ということでQのラボを訪れるボンド。ハイテク機器満載の車とオメガの時計を渡された。ブロスナン時代に登場したのはオメガでグレイグ時もそれを踏襲したのか。
・スキアラ夫人・ルチアを訪れたボンド。彼は保険会社の人間と偽って近づくがルチアからはある組織の話を引き出すことに成功し、彼女が言う集会に潜入。
「組織」は表社会の裏に潜伏し、色々と暗躍。集会の席でボスの姿はシルエットになって見えないのはコネリー時代のスペクターのボスの描写と同じだが、ペルシャ猫を抱いてる・という描写はなし。ボスである男はボンドが集会に来ていることを知っており、しかもボンドとは知り合いらしい。
・正体が露見してしまったボンドは集会が開かれている屋敷を脱出し、ボンドカーでチェイスを繰り広げるんだが、今回は武装が搭載されているモデルのため、過去のシリーズでおなじみのハイテク機器を繰り出してのチェイスが久しぶりに見られた。復活した「冒頭のガンバレルシークエンス」同様これがないと007じゃないでしょう。(ボンドカーが出てこなかったり、登場してすぐさま大破する作品もあるが)
・ホワイトの遺言で彼の娘・マドレーヌを訪れるボンド。彼女は精神科医だが、プレイボーイなボンドは彼女を口説き落としている・・
列車でマドレーヌとディナーを楽しむボンドはその最中で巨漢の殺し屋に襲われるんだけど、ここもお約束ですよね。
・「組織」のアジトで拷問を受ける羽目になったボンド。Qから支給された時計に助けられたが、時計の起爆装置が始動する時赤くなるのは「死ぬのは~」の磁石付き腕時計と一緒。
アジトを脱出するシーンで使われた爆薬・石油は過去最大級でギネスブックものとのことですが確かに過去作とは規模が違う。
・ラストはロンドンが決戦の舞台に。オンラインの監視システムが完成するのを阻止するため行動を開始したボンドら。今回のMは前線に立ってるのはいいが、スペクターの企みを阻止した後、ボスを逮捕するという展開は意外。過去のシリーズでは悪事を企む親玉は大概ボンドに殺されてるから。

本作でD・グレイグは007引退を噂されているがこれ以降はどうなるんだろう。

<裏話>
・1961年の『サンダーボール作戦』製作に当たって、「スペクター」という組織の名称とそれに関係する登場人物の権利をめぐり、原作者のイアン・フレミングとプロデューサーのケヴィン・マクローリーの間で訴訟が起きた。それ以来、スペクターの使用権は007における紛争の種となっていた。この訴訟が原因で1971年の『ダイヤモンドは永遠に』以降、スペクターは映画に登場しなくなった。
2013年11月、メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)はマクローリーの遺産を管理するイーオン・プロダクションズの親会社であるダンジャックからスペクターとそれに関連する登場人物を映画に出す権利を購入した
・2014年11月23日に、ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントへのハッキング事件が発生し、本作の製作に関わる書類の一部が流出した。その中には、本作の脚本の草稿も含まれていた。
・本編とは関係ないが、パインウッド・スタジオズで撮影が行われた縁から『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』においてダニエル・クレイグがカメオ出演している


昨年にグレイグのコレクションは出ているが、こちらは「スペクター」も収録されている。


007/死ぬのは奴らだ(Blu−ray Disc)



FC2blog テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

【2016/10/15 22:14】 | 映画
トラックバック(0) |
本日見た映画は「キングスマン」。
ロンドンの一角にある高級テーラーの正体はどこの国にも属さない最強のスパイ機関。
海兵隊を辞めて無為に日々を過ごす若者エグジーことゲイリー・アンウィンは、チンピラ相手のつまらない諍いで逮捕され、組織の正体を知らぬまま「キングスマン」に保釈の面倒をみてもらった。エグジーの身元引受人となったハリーからエグジーの父は「キングスマン」の候補性で17年前にハリーを庇って殉職したことを聞く。ハリーに素質を見出されたエグジーは「キングスマン」候補生となり、上級階級出身の候補性と共に地獄の訓練に耐えぬき、最終選考まで残る。
一方ハリーは次々と発生している要人誘拐事件を追っており、IT富豪ヴァレンタインに近づくが・・・・と言う話。

 ​007が大好きでほとんどの作品を見ているほどスパイものは好物ですが本作はバイオレンス描写が多いスパイもの。
 候補生育成の段階で抜き打ちでの水攻め、パラシュートナシの降下訓練・・と死者が出てもおかしくない地獄の訓練がある一方で「007」にも登場した毒を塗った刃が出る靴、ライター型爆弾、5万Vの高圧電流が流れる指輪、毒薬入り万年筆と紳士らしいデザインのスパイグッズが登場するところは心躍る描写。
 
ヴァレンタインの陰謀を察知したハリーはある教会に乗りこむものの、ヴァレンタインに殺されてしまった。しかも「キングスマン」内部にヴァレンタインのシンパがいるということで、教官のマーリン、同じ候補性のロキシーと共にヴァレンタインの野望を叩き潰すために行動を開始するエグジー。アジトに乗りこんでいったエグジーがヴァレンタインの手下ども相手にガンアクションを披露するところはカッコいい。さらにクライマックスで義足の女殺し屋ガゼルとのバトルはスローモーションを多用。最後は毒の刃を仕込んだ靴で蹴りを繰り出して引導を渡すんだが、ここもかっこよかったなぁ。

日本語吹き替え版で視聴。2代目ジャイアン=木村昴に沢城みゆきが吹替えキャストで参加しているのが珍しい。


キングスマン/コリン・ファース[DVD]【返品種別A】


【中古】007 ロシアより愛をこめて/ショーン・コネリーブルーレイ/洋画アクション
毒の刃が出てくる靴の元ネタはこの作品から。使用したのはボンドではなくスペクターの構成員・ローザ・グレップ。

FC2blog テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

【2016/08/29 20:28】 | 映画
トラックバック(0) |
DVDでは完全版のみの収録だったが、Blu-ray版は公開版と完全版を選択可能。
BD版のキャストは
・リプリー(シガニー・ウィーバー):幸田直子
・ヒックス(マイケル・ビーン):森川智之
・ニュート(キャリー・ヘン):久野美咲
・ビショップ(ランス・ヘンリクセン):古川登志夫
*8/30発売の「吹替の帝王」版にも収録
森川さんはユアン・マクレガーとトム・クルーズの専属声優をやっている上、他にも洋画の吹き替えに参加されてるけど、90年代デビュー・ブレイク組の人って結構吹替えの声優をやってるんですよね・・(浪川大輔さん、田中敦子さん、朴璐美さんとか・・)

オーディオコメントの字幕を見ながら日本語吹き替え版で視聴(完全版で)。オーディオコメントはキャスト・スタッフが当時の裏話を暴露するという内容。参加していたスタッフ・キャストは・・・
スタッフ:J・キャメロン(監督)、ゲイル・アン・ハード(制作)、スコタク兄弟、スタン・ウィンストン
キャスト:マイケル・ビーン(ヒックス役)、ランス・ヘンリクセン(ビショップ役)、キャリー・ヘン(ニュート役)、ジェニット・ゴールドスタイン(バスケス役)、ビル・パクストン(ハドソン役)

・完全版で追加になったリプリーが娘の消息を聞く場面で登場した年老いたアマンダの写真はウィーバーの母親のものだった
・娘の消息を聞くシーン、LV426の調査隊がエイリアンに襲われるシーンがカットされた理由
・スラコ号は「∀」で知られるシド・ミードのデザイン。模型の大きさは1mほどでミリ単位のパーツを貼りつけた。
・スラコ号内部のコールドスリープカプセルのある部屋はコスト削減のため鏡を使ってカプセルがたくさんある風に撮影している
・バスケスが懸垂をしているシーンはこれはジェニット自身が懸垂をしている。
・衣装の事:宇宙海兵隊のコスチュームが当時の軍隊のものと大差がないが、SFの衣装と言えば「スタートレック」風が主流だったとコメント。衣装についての話では「4」についても言及されている
・ビショップがナイフ芸を見せるシーンについてかなりの早さでナイフを突き立てているが編集はしていない。ヒックス役のビーンはこのシーンを入れたことに納得いかない様子だった。
・撮影はイギリスで行われているが、武器のプロップを持ち出すときに苦労をした(イギリスでは武器の持ち込みがアメリカより厳しい)
・パワーローダーでミサイルなどを積んでるシーンについて:パワーローダーのスーツアクター(以下SA)はイギリス人でケーブルを上から吊って補助してる。リプリーが乗りこんでいたパワーローダーのSAはボディビルダーだった
・兵員輸送車(APC)のこと:ボーイング747の大型牽引車を改造したが、元々の重さが72tあり、改造したときに28tまでに軽くしたこと、撮影時に天井の鉄板が落ちたこと、車内の火災シーンでは火と塗装の化学反応で発生した有毒ガスで出演者たちが窒息しかけたことを告白
・ビデオカメラを使っている所について:「2」では「スーパー35」というカメラを使う予定だった。キャメロン自身が監督を務めた「アビス」についても言及。1はアナモフィックス*を使用していた。
*映画フィルムでワイドスクリーンを撮影・再生するための特殊なレンズ。
・ギーガーのデザインについて、医務室にあるフェイスハガーのサンプルの造形についてコメントが登場。フェイスハガーの造形は前作の方がいいとコメントし、前作のフェイスハガーの内側はプラスチックで作った外殻に内臓とかは新鮮なカキを使っていたという話が登場
・ニュート役のキャリー・ヘンについてゲイル・アン・ハードが語っており、オーディション時の話、リプリーがニュートに名前を尋ねるシーンの事が登場。キャリーは「エイリアン2」出演後は女優にならなかったとコメント(公開30周年記念イベントでキャリー本人も出演。女優にならず小学校の教師になったが、教え子から、両親のために『エイリアン2』のソフトにサインがほしいとせがまれるとのこと)
・大気製造プラントのシーンはイギリスの古い発電所でロケを行っている
・繭にされてしまった人はすべて作り物で繭にされた人から出てくる幼虫(チェストバスター)は2種類作った。
・エイリアンのスーツについて:2のエイリアンスーツはたくさん作るためと今回はエイリアンを暴れさせたいということでスーツは動きやすい造りにし、スパンテックスのスーツにパーツを取り付ける方式を採用しているとコメント。前作のスーツはラバーで細身だったことも話に出てきている。2でラバー製スーツが使えなかった理由は重たかったらとコメント。
*当初1のエイリアンスーツは構想段階では半透明で骨格や内臓が透けて見える構造だったが、強度の問題、スケジュールの関係で没になり、スーツ本体はラテックスを使用することになった。スーツはメインSAのボラジ・バデジョの体型に合わせて作られたものと、スタントマン用の2種類作られた。頭部に関しては「キングコング(76年版)」「E.T」で知られるカルロ・ランバルディが製作を担当。フード内に見える人間の頭蓋骨は本物であり、ギーガーが自ら埋め込んだ。これにファイバーグラスを巻き、アルミニウムで内部の支えをつくった。顔の筋肉はケーブルで、特徴的な2重顎はエアシリンダーでそれぞれ動作する。歯茎と顎をつなぐ腱はコンドームが使われている。別個に製作されたにも拘わらず、ランバルディの手による頭部はギーガーの要求を充分に満たす出来栄えであり、イギリス側で作られた予備の頭部との差は歴然であったという。頭は機械が仕込まれたものが一つ、仕込まれていないものが二つ、完全自動式兼遠隔操作可能なもの、半自動式、プラスチック製のスタント用の計6種が製造された。ちなみに頭部パーツ側面には日本製の石油パイプが使用されている
・アポーン役の人は軍隊経験者だった
・ウィーバーの事:ホラー映画では珍しくアカデミー賞の主演女優賞にノミネートされたことが語られている。
・完全版で追加されたセントリーガンのシーンが公開版でカットされたのはスタジオ側で本筋が進まないと判断されたため。
・撮影について:イギリスで撮影されているがアメリカ人スタッフが少なかったこと、「007シリーズ」や「レジェンド-光と闇の伝説-」(85年)同様パインウッドスタジオで撮影している所もあり。
・リプリーが銃を使うシーンについて:ウィーバーは銃を嫌っていて(銃規制法の賛同者だった)、武器を使いたくないとウィーバーが言いだしたので「主役はウィーバーではなく生きるために戦うリプリーだ」と監督がウィーバーを説得し、撮影にこぎつけた。スタジオの裏でウィーバーに50発撃ってもらったが、その後のウィーバーの感想は「悪くないわね」だった。
・ベトナム戦争についても言及。本作はベトナム戦争の影響を受けている的なコメントも。80年代はベトナム戦争を題材にした映画が多数作られているが、エイリアン2と同じ86年公開(日本は87年公開)でオスカー受賞作になった「プラトーン」もベトナム戦争をお題にした映画。
・リプリーとニュートがフェイスハガーに襲われるシーンについて;デジタル技術が発達していなかったので、前から計画を立てたこと、撮影用に6つのフェイスハガーを作ったこと操演は6人がかりだったとかのコメントが登場。
・「エイリアン3」について:監督のデヴィット・フィンチャー(「セブン」「ファイトクラブ」等で有名)については手腕が良かったと評価していたが3でヒックスとニュートを殺してしまったことについてはファンを裏切ったとキャメロン監督がコメントしている
*3は監督と脚本家が何人も変更になり、ボツ案をまとめて完成にこぎつけた。当のフィンチャーは「セブン」の企画に取り掛かるまで「新作を作るんだったら大腸がんで死んだほうがまし」と言ってエイリアン3のホンは全く読んでいなかったという。
・ダクト内でエイリアンと戦うバスケスについて:バスケス役のジェニット自身が銃を使ったことないということでゲイル・アン・ハードが代役を務めたが、その時、キャメロンらが話し合った結果、ハードに白羽の矢が立ち、出演することになった。いつもスーツ姿だったハードがバスケスの格好をしたときは皆驚いていたらしい。写り方にもよるが殆ど本人にそっくりだった。
・2におけるエイリアンのSAについて:身長2m台の人を10人探すのは大変だったので今回は普通の体格の人をSAに採用した。(前作のエイリアンのメインSA・ボラジ・バデジョは身長2m台だった)
・パクストンが出演することになった話:パクストンが冗談でキャメロン監督に「何か役をくれ」と言ったら本当に出演することになり、「ポリスアカデミー3」の出演オファーを断ったとのこと。
・クィーン・エイリアンの造形について:二人の男に着ぐるみを着せて手を4本にしてしまおうと考案。動作テスト時はスキーストックに頭は発砲材で造ったエイリアンを動かすことだった。
・リプリーがニュートを助けに行く場面では・・:実はニュートを探す最中でリプリーが繭にされたバーグを発見し、リプリーは自決用の爆弾を手渡して去る・・という場面がカットされたことをキャリー・ヘンがコメント
・繭にされたニュート:繭はファイバーグラス製で長時間座ってる感じ。リプリーが繭を引き剥がすシーンを撮った時ウィーバーが怪我をしたことをキャリーが告白している
・スパークする施設・・のシーンは他の映画からの流用だった
・ビショップがクィーンによって真っ二つにされてしまうシーンでのクィーンは実物大とミニチュアを併用。
・体を真っ二つにされたビショップがニュートを助けるシーンは台車に乗って移動し、下半身を入れる穴が見えてしまっていることについては監督が反省していた。
完全版オーディオコメントで明らかになる撮影の裏話は結構面白く、CGが発達していない時代の特撮のネタバレには興味が湧いてくるほど。実際見て見てもミニチュアとセットの境界線がわからないほど巧妙だったからなぁ。


【中古】特撮リボルテック SERIES No018 エイリアン クイーン


【中古】[PS4]ALIEN:ISOLATION -エイリアン アイソレーション-(20150611)【RCP】
1と2の間を繋ぐストーリーで展開する「ALIEN」のゲーム。
プレイヤーはリプリーの娘・アマンダとなり、エンジニアのスキルを駆使して襲い掛かってくるアンドロイドやエイリアンをかわしつつ宇宙ステーションを脱出する・・というもの。
北米盤ではDLCだった特殊ミッション(1の再現ミッション)は日本版では最初から実装。


【送料無料】エイリアン H.R.ギーガー・トリビュート・ブルーレイコレクション(初回限定) 【Blu-ray】
H.R.ギーガーのトリビュートと製作35周年を記念したBOX。1~4+「プロメテウス」(2D・3D版)を収録。1は日本語吹替完全版で収録

FC2blog テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

【2016/08/09 20:59】 | 映画
トラックバック(0) |
本日の映画は「エイリアン2(ALIENS)」。
「エイリアン」という言葉を定着させたモンスター映画の第2弾として1986年に公開。当時「続編は売れない」というジンクスがあったが、それを覆しヒットを飛ばした。
監督は「ターミネーター」「タイタニック」「アバター」のジェームズ・キャメロン
モンスター映画はあんまり見ないんですが、アクション重視の作風ということで視聴。

 ノストロモ号の惨劇(1)から生き残ったリプリー(シガニー・ウィーバー)はコールドスリープ状態で救助されたが、あれから57年が経過しており娘が地球帰還前に他界、会社の査問会ではノストロモ号を爆破した責任を問われ、エイリアンとの遭遇については証拠不足でその存在自体を誰も信じなかった。さらにエイリアンが発見された星ではテラフォーミングが進んでおり、すでに多くの入植者たちが居住していることを聞かされる。リプリーは精神の異常を疑われ、航海士としての資格も剥奪されてしまう。
 やがてLV-426からの連絡が途絶え住民157人が消息を絶った。調査のため植民地海兵隊が派遣されることになり、リプリーはアドバイザーとしてLV-426へ向かうことになり・・という内容。

2月に「オデッセイ」公開記念で放送されたものはテレビ朝日放送版(公開版)で今回はTV朝日放送版の完全版で放送。リプリーは故・弥永和子、ヒックスは田中秀幸、ニュートは玉川紗己子、ビショップは城達也。

*完全版で追加されたシーン
・リプリーがバークから娘アマンダの消息を聞かされる場面。
・ニュートの一家が異星の宇宙船を調査して父親がエイリアンに寄生される場面。
・セントリーガン(自動迎撃システム)に関する描写。
・リプリーがニュート救出に向かう前にヒックスとファーストネームを教え合う場面。
さらに完全版にも入っていなかったシーンとして終盤で単身リプリーがニュートを探しに行く道中で繭にされたバークを見つけ、バークが苦しみのあまりリプリーに助けを求めるが、リプリーは無言で手榴弾だけ手渡して去る場面が後に公開された。

 キャッチコピーは「今度は戦争だ(This time it's war.)」ということで最新鋭の装備を持った海兵隊がエイリアン相手に銃撃戦を繰り広げるんだけど、登場する武器は作り込みがいい。終盤でニュート(キャリー・ヘン)を助けに行ったリプリーがエイリアンの巣に乗り込んで火炎放射器やグレネードでエイリアンの卵を焼き払う所は爽快。また、クイーンとの決戦ではリプリーは人型フォークリフトなパワーローダーに乗り込み、対決。リモコンでスラコ号のハッチを開き、クィーンを宇宙に放出するという作戦に出るが、リプリーがパワーローダーを捨てて脱出しようとするシーンの前にパワーローダーの下敷きになったクイーンの尻尾の先がなくなっているとのことだが、本当だったよ。

 原題が「ALIENS」なのでエイリアンが群れで襲い掛かってくるんだが、全体的に暗い(地下施設がメインの舞台となるためか)ので、どこから襲い掛かってくるのかという恐怖感が・・バリケードが破られて籠城先がエイリアンに襲われるシーンでは紅いパラがかかっていてどこから現れるのかわからない恐怖感が話を盛り上げてる。

デザイナーの一人として日本では∀ガンダムで知られるシド・ミードが参加。降下艇の展開ギミックは日本の映画「宇宙からのメッセージ(劇場版)」からのイタダキらしい。

<裏話>
・本作は1986年度アカデミー賞視覚効果・音響効果編集賞受賞作でシガニー・ウィーバーは主演女優賞にノミネートされた。
・ウィーバーが銃規制法のシンパだったことからリプリーが銃を使うシーンについては「とても難しい決断だった」とコメントしていたが、実際に銃を撃った後のウィーバーの一言は「悪くないわね」とのこと。
・映画の中では100匹のエイリアンと戦ってるということになってるが、撮影ではエイリアンのスーツを着たSAは6~8人ほどだった
・撮影は英国で行われたが、撮影現場ではスタッフやキャストの間で人間関係でのトラブルが度々発生しており、英国スタッフたちが仕事の合間に行っていたお茶の時間を巡ってキャメロンと対立し、とうとう我慢の限界に達したキャメロンは「まじめにやらないならお前らクビにするぞ!」と現場で絶叫したらしい(この言葉は単なる脅しではなく、当初撮影監督を務めていたディック・ブッシュが本当に解雇された)。
・兵員輸送車はロンドンのヒースロー空港で、ボーイング747を牽引していた廃車予定の大型牽引車を改造したもの。廃車寸前のものを改造したためか輸送車がカメラに向かって突進してくる場面では、ブレーキが壊れてカメラが大破したり、車内の映像を撮影する際に天井の鉄板が抜け落ちて、ゴーマン役のウィリアム・ホープの頭部を直撃したり、車内の火災シーンでは火と塗装の化学反応で発生した有毒ガスで出演者たちが窒息しかけるなどのアクシデントが絶えなかった。
・クライマックスでクイーンによって体を真っ二つにされたビショップがニュートを助けるシーンをよく見ると下半身を入れている穴が見えてしまっている。(BD版で修正)
・後半で登場するバスケスがダクト内でエイリアンの頭をハンドガンで撃ち抜くシーン。ここのシーンでバスケスを演じたのはバスケス役のジェニットではなく、彼女の姿に扮したプロデューサーのゲイル・アン・ハードである。これは実弾を使っての撮影だったが、肝心のジェニットが一度も実弾の銃を使用した事が無かった為に急遽代役を使う事になり、スタッフと監督が話し合いを行った結果、監督が実弾の銃を使った経験を持つ、当時監督の妻だったゲイルに白羽の矢を立て、ゲイル本人も渋々承諾し撮影を行ったという経緯がある。また、撮影現場では常にスーツ姿だったゲイルが髪を切ってバスケスの姿でやってきた際はあまりの変わり様にスタッフや出演者を大変驚かせたという


日本版予告編


8/30発売の「吹替の帝王」版CM。ちなみに発売日は2の日本公開日と一緒。



<劇場公開版本編>
・1988年 TBS 鈴木弘子版 初収録
・1989年 テレビ朝日 戸田恵子版 初収録
・2004年 テレビ朝日 山像かおり版 初収録
・2003年 BD/DVD 幸田直子版
<完全版本編>
・1993年 テレビ朝日 弥永和子版 初収録
・1992年 DVD/VHS 幸田直子版
・2003年 BD/DVD 幸田直子版
と吹替え音声は「吹替えの帝王」シリーズ最多。
特典としてTV朝日放送版(公開版/特別編)とDVD/BD版の脚本、鈴木弘子(TBS放送版のリプリー役)、田中秀幸(TV朝日放送版のヒックス役)の貴重なインタビュー集を封入!
ダークホースコミックス社の貴重なコミックアートブック「30 YEARS TERROR」(24p)封入!
激レア! コンセプト・アートカード(10枚組)を封入!



FC2blog テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

【2016/07/20 00:15】 | 映画
トラックバック(0) |