FC2ブログ
日ごろ見たアニメやTV番組の感想など趣味をことを書き綴ったブログです
youtubeの「ガンダムチャンネル」の企画「ガンチャン夜会」のプログラムとして配信されていたので視聴。
サンライズの小説サイト「矢立文庫」で連載されていた小説が原作で当初はガンダムファンクラブにて全6話のショートアニメとして独占先行配信された。その後新規カットを加えた完全版が「機動戦士ガンダム サンダーボルト BANDIT FLOWER」と一緒にイベント上映された

<あらすじ>
宇宙世紀0096年、「サイコフレーム」の存在に脅威を感じた地球連邦軍は、地球圏外に漂う分断されたアクシズに調査団を派遣させる。
 調査団のメンバーには、アルレット・アルマージュとダントン・ハイレッグという二人の民間人も参加していた。
 彼らはかつて技術者とテストパイロットとして、ジオン公国軍、そしてネオ・ジオンに仕官していたという過去があったのだ。
 アクシズに潜入した調査団は、誰もいないはずの基地内で強襲を受ける。
 そしてアルレットとダントンは、想像もしていなかった出来事に遭遇するのだった…。
(矢立文庫の「Twilight AXIS」のページから引用)

元は1話5話ほどのショートアニメとして作られたため、原作小説未読でも不明瞭な部分が多く、シーンがぶつ切りになってしまってるのが残念。MS戦は良かったのだが。


バンダイスピリッツ HGUC205 ガンダムトリスタン
スポンサーサイト




【2020/09/29 17:04】 | ガンダム
【タグ】 ガンダム  
トラックバック(0) |
本日はNHK-FMで恒例の特定ジャンル三昧編が放送されてまして、お題はガンダムということでファンの血がたぎる!ってことで聞いてました。
 出演声優、関係者がガンダム語り、好きなガンダム音楽を取り上げるコーナーが登場。
 司会は『機動戦士ガンダム』をはじめとするロボットアニメに造詣の深い里匠アナウンサーで、アシスタントは星真琴アナウンサー。
<関係者>
・澤野弘之(UC・NTの劇伴担当)
・SUGIZO(LUNASEA/X)
・西川貴教


<声優>
・関智一(「Vガンダム」トマーシュ役、「Gガンダム」ドモン役、種・種死イザーク役)
・杉田智和
・寺島拓篤
・恒松あゆみ(「OO」マリナ役)
・細谷佳正(「鉄血」オルガ役)
・阪口大助(「Vガンダム」ウッソ役
・中村悠一(「OO」グラハム役、「サンダーボルト」イオ役)
・三木眞一郎(「OO」ロックオン役)
・緑川光(「ガンダムW」ヒイロ役)
・榊原良子(「Zガンダム」ハマーン/マウアー役「逆シャア」ナナイ役)


アシを担当していた星アナウンサー、リクエスト曲・メッセージを寄せた方々の好きな曲を読み上げる際、棒読みだったので苦笑してた。
前半は澤野さん・SUGIZO登場から聞いていたが、SUGIZOもガンオタって知ったのは「ORIGIN」TV版が放送されたときだったかな?
 最近のガンダム主題歌を担当している歌手・アーティストでもガンオタが多いことが今回のラジオで知ったが(今回のラジオでは登場しなかったがラルクのtetsu、GACKT、ミッチーなどもガンオタ)、ラジオで登場した関係者は好きなガンダムとして種・種死を取り上げた人もいたけど、そんなにいいか?(TM-Rのシングルベストで聞いていいなぁと思ったほど貴教さんが歌う種の歌は嫌いじゃないが。)
寺島さんはSDガンダム愛を語りまくってた、杉田さんもコアなガンダム語りを展開してました。
阪口さんと智一さんはアフレコ時の思い出話を語り、智一さん登場の時は「Gガン」での東方先生の最期を描いたシーンのサウンドドラマが流れていた。
 

後半は名場面集が登場。里アナウンサーが名場面を取り上げ、サウンドドラマ形式で名場面が流される。UCガンダム派なのでファースト劇場版ED、F91のED・UC最終話EDが流れた時は「おお~」となりましたよ。
榊原さん登場の時はトーク時の声が細々としていてハマーン様とは違う。

Twitterにもつい投稿してしまい、あっという間に自分の#ガンダム三昧とつけたツイートが数100件ほどアクセスされてびっくりした。前にマイナーなロックアーティストのアルバムを取り上げたツイートでものすごいアクセスがあって驚いたことがあったけど。

【2020/05/06 21:21】 | ガンダム
【タグ】 ガンダム  
トラックバック(0) |
昨日、公開イベントの代わりにyoutubeでお披露目を配信した「閃光のハサウェイ」の関連イベントですが・・・キャストがこのイベントで決定。
キャストの内訳は・・

・ハサウェイ:佐々木望→小野賢章
・ギギ:林原めぐみ・川上とも子→上田麗奈
・ケネス:立木文彦→諏訪部順一

というキャスティングに。
映像化前にG-ジェネシリーズなどに参戦しているのでその時の声優陣で映画をやってくれると思ってましたが・・・巫山戲けるな!!!ハサウェイは変えちゃダメでしょ!!
 ギギは川上さんが故人のため変わるのは仕方ない箇所もあるが、上田麗奈って「ハーモニー」でミァハを演じた時はか細かったからなぁ。G-ジェネFで演じていた林原さんカムバック!
 ケネスはゲーム版の立木さんでは多少無理があったが、諏訪部さんは悪くないか?声は問題ないが容姿が原作小説と変わりすぎ。

ガンダムinfo関連ページ



【2020/03/25 17:18】 | ガンダム
トラックバック(0) |
昨日、youtube上で「閃光のハサウェイ」お披露目をyoutubeLIVEで配信、キャストは変更ってことでファンの間で賛否両論が起こっているが、佐々木さんがTwitter上で『準備万端でっ! いたんですけど、えっわっ私じゃない?? ふえええええーーーーーごふっ』とコメントしてる上、このツイートを「閃光のハサウェイ」公式Twitterがリツイートしており、本当に佐々木さんでないハサウェイとなるのか、それとも高度な情報戦なのかやきもきする人が続出しています。

 この後佐々木さんは「私たち声優は役を所有しない」としながらも、同じ役を演じる機会を得て、役と自分が一体になったような感覚を得られるのは演技者に与えられる最上の褒美だと私見を投稿。それでも最後は「とはいえ、寂しいなあというのは正直なところ」と本音ものぞかせつつ、「これからもハサウェイを見守ってください」と呼び掛けている。

【2020/03/19 00:13】 | ガンダム
【タグ】 ガンダム  
トラックバック(0) |
3/24日に「閃光のハサウェイ」のお披露目イベントがコロナウィルスの影響で開催されない代わりに同日に「youtube LIVE」で配信されるとの事。追加ゲストで池田秀一さんも登場。
配信イベントでは『閃光のハサウェイ』の出演者によるトークコーナーや、スタッフを交えての作品の概要など気になる情報も公開される予定。

お披露目前に小形尚弘プロデューサーより無観客での配信番組という判断、およびメインキャスト一新に関するコメントも到着した。

『本来であれば皆様の目の前で『閃光のハサウェイ』に関するお披露目を行い、キックオフを分かち合いたかったのですが、昨今の新型コロナウィルス感染拡大防止の観点から、ファンの皆様、キャスト・関係者の安全を第一に考え、無観客での配信番組に切り替えることとなりました。
新型コロナウィルスの影響で苦しい思いをされている方々にお見舞いを申し上げますとともに、一刻も早く通常の生活に戻れる ことを切に願っております。
さて今までほとんどの情報を伏せてきた本作ですが、形は変わりますが、それらをお伝えする機会を設けることになります。
ご存知の通り、本作の原作は30年余り前に富野由悠季さんが生み出した小説です。その後もゲームやプラモデル、フィギュアなど多岐にわたり親しみつづけていただいていますが、今回、映画『閃光のハサウェイ』を製作するにあっては、メインキャスト、モビルスーツ・キャラクターデザイン、音楽等をリニューアルして臨みます。理由としては、40周年を迎えたガンダム最新作として世界展開を見据えた上での制作・演出上の都合での変更となります。
私自身、30年来の『ハサウェイ』の大ファンではありますが、これまで『ハサウェイ』に関わっていただいた方々にしっかりと敬意を払い、想いを受け継いで新しいチャレンジに臨む所存です。
今回の配信番組ではリニューアルの経緯も、しっかりと皆様にご説明いたします。ガンダム最新作の名に恥じないフィルムにすべく、スタッフ一丸となって制作に邁進しておりますので、完成まであたたかい目で見守っていただけると幸いです。 』

との事だが、ハサウェイは佐々木望さんじゃないのか・・・ケネスにギギ、レーンもG-ジェネシリーズから変更ってこと?今までファンが持ってるイメージぶち壊しにする気か!?


『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』HGUC 1/144 ペーネロペー プラモデル〔BANDAI SPIRITS〕(190706予約開始)

【2020/03/18 19:42】 | ガンダム
【タグ】 ガンダム  
トラックバック(0) |
1/144 ガンダム ガンダリウム合金仕上げ
プレバン行き。7月予約開始。
エプソンアトミックスとの提携で開発された合金(チタン(Ti)+アルミニウム(Al)+イットリアを混ぜ合金で作られている。

AUTO-TRANSモデル ユニコーンガンダム
胸像仕掛け?自動でユニコーンモードからNT-Dモードになる。

PG UNLEASHED RX-78-2ガンダム
GEPの一環で開発中。Zガンダムは可動の限界に、RG-ユニコーンは変形に、PGエクシアはライトアップギミック、HGリーオーは作りやすさ、RGX-1はディティールの追求がテーマだったが、リニューアルPGガンダムはこれらを総合したモデルとなるのか、それとも他のエボリューションポイントを追及するのか?

ガンプラUT
ガンプラUTは3月にリリースされるが、2枚購入で特製ガンプラプレゼント。
特製カラーリングのガンダムとシャアザクとなり、昨年のガンダムUTはザクの方が人気が高かったようですが、今年も?今年のザクはライデンザクを思わせるカラーになるので。

【2020/02/23 20:29】 | ガンダム
【タグ】 フィギュア情報  ガンダム  
トラックバック(0) |
​​​​​​​ユニクロの柄物Tシャツ「UT」にガンダムをフィーチャーしたTシャツがリリース。
今回のはガンプラ発売40周年を記念してのリリースで3月下旬の予定でリリース。

<ラインナップ>
・νガンダム
表:νガンダムのバストショット
裏:フィン・ファンネルとシールドのエンブレム
・ユニコーンガンダム
表:HGUC版ユニコーンガンダム(NT-D)のパッケージアート
袖:ユニコーンガンダムのエンブレム
・ストライクフリーダム
・量産型ザク
表:ザクIIの形式番号がデカデカと書かれている
裏:量産型ザクが数体描かれている
・ガンダム
プラモデルのランナーをイメージ。ガンダムのフェイスは刺繍で処理されている
・キュベレイ
表:キュベレイのシルエット
裏:キュベレイの形式ナンバーが描かれている
袖:肩パーツをイメージしたマーキングがされている
・百式
表:シルエット処理された百式の全身図
袖:左右に”百”の字。
・サザビー
表:ウェストアーマーに描かれているエンブレム
裏:HGUC版サザビーのパッケージアート
袖:ネオジオンの紋章
UCガンダムメインだがアナザーではストライクフリーダムがあるが、パクリまみれな機体なのに採用されるとは

特集ページ​​​​​​​

【2020/01/28 15:06】 | ガンダム
トラックバック(0) |
公開日が今年秋ごろ・・と言われていた「閃光のハサウェイ」ですが、第1部の公開日は7/23日に決定。
同時にディザームービーも公開になったが、美樹本晴彦氏の元絵とだいぶかけ離れている

『気になるハサウェイ、ギギ 、ケネス のキャストは3月24日のイベントにて発表! お楽しみに!』と公式Twitterで公表されたが、ハサウェイは佐々木望さんのまんまにしてほしい。
G-ジェネシリーズだと
・ケネス:立木文彦
・ギギ:林原めぐみ
・レーン:橋本晃一・水島大宙
でしたが・・・ゲームのままにしてほしいなぁ

【2020/01/02 23:29】 | ガンダム
トラックバック(0) |
TVアニメ『機動戦士ガンダム』のオリジナル・サウンドトラックの復刻が決定した。当時の装いのままLPで復刻し、レコードの日である11月3日に6タイトルがリリースされるとのこと。
今回の音源はマスターテープから、アナログカッティングマスターを新たに作成。さらにオリジナル・サウンドトラック盤をLPサイズジャケットに巻き帯も含めて復刻した。
購入特典としてKADOKAWAグループECサイトでは、ファーストリリース時に付属したポスターを用意する。

復刻するのはサントラ1、第2弾「戦場で」、「「機動戦士ガンダム MOBIL SUIT GUNDAM I」(劇場版1作目のサントラ)「「機動戦士ガンダム MOBIL SUIT GUNDAM II」(劇場版1作目のサントラ2枚目)、劇場版2作目のサントラ「機動戦士ガンダム 哀 戦士」、劇場版3作目のサントラ「機動戦士ガンダム めぐりあい宇宙」。

確かファーストのサントラ、昔弟が持っていたなぁ。
最近、アナログ盤の需要が増え、当時リリースされていたレコードの復刻版や重量盤のリリースが目立ってるけどアニメのサントラも復刻かぁ。この前「富野由悠季の世界展」で「海のトリトン」のサントラ(アナログ盤)で見かけたなぁ

販売サイト


【2019/11/02 19:05】 | ガンダム
トラックバック(0) |
40話 「エルメスのララァ」
ガンダムがアムロの反応速度に追いつけなくなったため、反応速度を高めるマグネットコーティングを施すことに。このシーンは映画でカットされたが、マグネットコーティングをしたというセリフはある。
サイド3の一つマハルの人々が強制疎開するシーンは映画ではカット。
ギレンがデギン公王にソーラ・レイの使用許可を求めるシーンは映画では完全新規。ギレンの目つきが映画とTVでは全く異なるし、ギレンの秘書・セシリア・アイリーンの存在が華を添えてるんだなぁ
エルメスが出陣し、連邦の部隊をせん滅するがララァの援護に回ったリックドムが下がってしまうって描写も映画はなくなった
ララァの服のことについてキシリアが文句をつけるシーンは映画ではなくなってる。(ララァが軍服姿で現れたので)
エルメスの攻略法、ニュータイプの事、戦争が済んだらどうするかってのを語るシーンは映画で新規に追加されたシーン。

41話「光る宇宙」
ほぼ映画で採用されているエピソードだが、映画では全面的に作画が直されている。
キシリアとシャアの会話シーン、シャアは映画ではキシリアの前で素顔を晒しているが、TVでは素顔を晒していない。会話でも映画ではニュータイプの理論、キシリアの「政治は難しいのだ」とか、話の核心を突いた話が出てきてる。
出撃前のシャアとララァの会話も仕草とかが違ってる。
ガンダム対エルメスのシーン、アムロとララァの共鳴で白鳥が横切る・・って所は映画で追加された
ララァを誤って殺してしまったアムロ・・って所ではTVでは戸田恵子が歌う「今はおやすみ」が流れるんだが「明日二人は血みどろで風に舞う」って歌詞がそぐわないし、シャアがララァを失って感情的になるところもそぐわない。
映画では「ビギニング」が流れて余韻があったし、シャアの「今の私ではガンダムは倒せん・・!ララァ、私を導いてくれ」の後涙を流す・・って演出も静かな悲しみがわかるんだが。
ララァの存在が後に大きな戦争になる要因って考えると恐ろしい・・・

【2019/07/04 13:57】 | ガンダム
【タグ】 ガンダム  
トラックバック(0) |