FC2ブログ
日ごろ見たアニメやTV番組の感想など趣味をことを書き綴ったブログです
★新作商品紹介★


★ース騎のハセガワ版がバンダイ版に遅れること3か月後にリリース。バンダイ版とは違いファイター固定。バンダイ版は変形付きのものは立たせにくいという欠点があるのでハセガワ版を購入しようかな?★ ★VF-31Jハヤテ機のスーパーパック装備型が9月に登場。スーパーパック単体も同時リリース★ ★3D格闘ゲーのパイオニア「バーチャファイター」の晶がfigmaに登場。カクカクポリゴンの1仕様で立体化。サラも同時期に発売予定。(晶同様1仕様)ゲーム自体はガードボタンが別個に存在しているため、「鉄拳」よりも遊び辛かったな・・・★ ★第1部を元に実写化されているが、登場人物が全員日本人したりと出来は実写版進撃ばりの酷評を受けてしまった。★

【送料無料】仮面ライダーアギト Blu-ray BOX 1 【Blu-ray】
価格:16893円(税込、送料無料) (2016/9/4時点)



★元祖ワイルド系でギルスのご先祖・アマゾンがBDでリリース。必殺技が手刀で血が噴き出す描写はインパクト大。映像特典としてアマゾン役の岡崎徹とマサヒコ役の松田洋治の新規インタビュー収録。★ ★平成ライダー第二弾のアギトがBDに登場。平成の中では思い入れのある作品の一つで、合成まみれの戦闘シーンは好かんが、ドラマは良かったなぁ★ ★ワルキューレの2ndアルバムが秋にリリース。やはり美雲は小清水さんも歌えたのに他人のJUNNAに歌パートをやらせたのはおかしい。★ ★「レイアース」の主人公の一人・光がfigmaに登場。顔は原作ベースで作中でも印象深い猫耳用前髪パーツ付属。風ちゃん、海ちゃんも企画中★
★さらに新作★




★ギャバンの必殺武器・レーザーブレードが大人のトイとして登場。OPにBGMが流れ、大葉健二のセリフも聞けるがこの玩具用に新録。 ★マクロスΔのメインヒロイン・フレイアがデフォルトのステージ衣装で立体化。パーツの差し替えで「ルンピカ状態」も再現。★ ★原作版をイメージしたセーラームーンのフィギュアーツがリリース。第3部ver.で立体化するが、TVアニメ版とは異なり表情パーツが付かない。★ ★あの変態仮面実写版の第2弾が登場。世界中からパンティが消えるという事件に変態仮面が挑むが・・・鈴木亮平の肉体美、変態仮面の変態技が再びみられる。★

アイアムアヒーロー DVD通常版 [ 大泉洋 ]
価格:3160円(税込、送料無料) (2016/9/5時点)


機動戦士ガンダム THE ORIGIN 4【Blu-ray】 [ 矢立肇 ]
価格:5508円(税込、送料無料) (2016/9/5時点)


S.H.フィギュアーツ デビルマン D.C.[バンダイ]《01月予約》
価格:6550円(税込、送料別) (2016/9/7時点)


牙狼<GARO> Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ 小西大樹 ]
価格:28350円(税込、送料無料) (2016/9/7時点)


★同時期公開になったテラフォ実写版の惨さの陰に隠れていたものの、実はかなり好評だった「アイアム ア ヒーロー」がDVD・BDに登場。発売日は11月2日で通常版と豪華版の2種類リリース。ダメ男な主人公がゾンビ病が蔓延する世界で唯一の特技である射撃のスキルを活かしてサバイバルすることに・・という内容。原作は小学館漫画賞受賞作。★ ★シャアとセイラの過去を描いたORIGIN4部作の最終巻はシャアとララァの出会いを描く。主題歌は森口博子が担当するとのこと。来年からルウム編も制作予定とか。★ ★ありそうでなかったデビルマンがTVアニメ版で立体化。付属の鉄骨パーツでED「今日もどこかでデビルマン」の1シーンを再現可能★ ★昨年で10周年を迎えた牙狼の1期がBD化。TV版25話+未放送エピソード、TVSP「白夜の魔獣(DC版)」を収録。新規オーディオコメントなどの特典もあり。★
本日は大丸のイベントホールで行われた草間彌生展へ行ってきました。
入場料タダだったのですが、他の画家の作品の販売会と言う体の展覧会。
草間彌生の方はおなじみの水玉のカボチャの絵・オブジェが展示されていたが、形や色を変えたバリエーション、水玉で景色や小物を表現した絵が展示されており、独特さが際立つ人だと改めて感じた。
他のアーティストの絵は遠くで見ると写真にしか見えない絵が展示。度々写真にしか見えない絵は見かけるが、どうやって書いてるのか気になる。

【中古】 無限の網 草間彌生自伝 新潮文庫/草間彌生【著】 【中古】afb

​​
【中古】 クリストファー男娼窟 角川文庫/草間彌生【著】 【中古】afb
スポンサーサイト

【2019/06/20 23:32】 | 美術館・展覧会めぐり
トラックバック(0) |
本日行ってきたのはひらかたパークで開催された「カードキャプターさくら展-魔法にかけられた美術館-」。
アニメ版は見ていないが原作は読んでいたということ、中学・高校時代にCLAMPの漫画にはまっていたってことで行った。
お客さんは女性がほとんど。
入り口では本型ボードで作品解説、「CCさくら」の魅力を紹介。スペシャルムービーがみられるエリアを通り、実際にバトルコスチュームがあったら・・というコンセプトで作られた衣装を展示。
 原画展示もあるが全てレプリカ。漫画関連の展覧会って生原稿の展示が多いのに全てレプリカで展示は珍しい。半分忘れていたけど原稿を見てどのシーンなのかわかっちゃった。
撮影スポットにある巨大ケロちゃんがかわいかったなぁ

ミュージアムショップでは目録(ライト版)と特製下敷きを購入。お客さんの中には特製グッズを爆買いしている人も。
展覧会のあと枚方公園駅前のイタリアンレストランで昼食を取ったが、隣の席に座っていたお客さんもさくら展に行っていた模様で、グッズをテーブルに広げて写真を撮り、SNSにアップしていた。





















【2019/06/13 21:02】 | 美術館・展覧会めぐり
トラックバック(0) |
この日は龍谷ミュージアムで行われてた「因幡堂 平等寺」に行ってきました。
向かいには西本願寺があるということで仏教系の展覧会が多いようです。
3階は平等寺の仏像・絵画を中心に展示。仏像は細部を省略したものも・・・
2回は仏教伝来を仏像や各種資料で紹介。最初期の仏像はギリシャ彫刻に影響を受けたものが登場し、彫りが深いし、衣もギリシャ彫刻の影響を受けていることがわかる。
仏教は東南アジア・中国・日本に伝わったわけですが、中国の仏さまは目が大きく、インド・東南アジアの仏様は物語風が多いと思った。
日本の仏像は木造が主流で色んな技法が編み出されたが、日本の仏像はやはり繊細で美しい。
アジアでは一番の仏教国のタイの僧侶の一日も紹介。日本の出家僧とは異なる生活を送っていることもわかりました。

【2019/05/02 19:58】 | 美術館・展覧会めぐり
トラックバック(0) |
本日行った展覧会は「文房四宝-清閑なる時を求めて-」。
中国の主に明~清の頃の文房具を紹介するもの。
凝った彫刻が施された筆、石の形をそのまま活かした硯は感激。あと、精巧にできている印鑑、墨置きも細工の見事さに惹かれました。

一緒に常設展も見たんですが、特に鼻煙草のケースコレクションは精巧にできてるものが多く、ガラス製のもの、天然石(水晶・瑪瑙など)でできたケース、陶器製・象牙でできたものなどいろいろありましたが、陶器製のものは絵が精巧で象牙製の彫刻の精巧さには驚きました。
















【2019/04/16 20:37】 | 美術館・展覧会めぐり
トラックバック(0) |
本日は大丸で開催されていた「ヨシダナギ写真展-HEROS2019-」へ行ってきました。
弟からタダ券をもらってヨドバシカメラ京都店での用を済ませてから行ってきました。
 アフリカ好きが高じて独学で写真の技術を学び、アフリカ・南米の珍しい民族の写真を紹介するというスタイルの写真ということで、珍しいメイク、装飾品を身に付けた少数民族の写真はTvで取り上げられている民族以外にも珍しい部族もいるのか・・という感想。各部族は独特の文化を持つが、素朴さの中に派手さが同居している部族もいれば、かっこいいと思えるポーズを取ってる部族もありと個性が際立つ写真に出会えました。世界の人種っていろいろだから価値観とかも違うから多様性をここで知ることが出来たと思う。
昨年行ってきた田中 達也の展覧会同様写真撮影可能で(フラッシュは厳禁)、他のお客さんも写真を撮ってました。 
























【中古】単行本(実用) ≪政治・経済・社会≫ ヨシダナギの拾われる力 / ヨシダナギ【中古】afb​​
ヨシダ、裸でアフリカをゆく【電子書籍】[ ヨシダナギ ]
​​
【中古】SURI COLLECTION /いろは出版/ヨシダナギ (大型本)

【2019/03/26 20:13】 | 美術館・展覧会めぐり
トラックバック(0) |
日本画の大家・横山大観に関連した展覧会で生涯の創作活動と文化交流を続けた旧宅及び庭園。この横山大観記念館が所有する絵画をはじめ、画具や写生帖、愛蔵の品々、文化人との芸術交流の軌跡など、普段は一度に見ることができないコレクションを一挙公開する・・というもの。
 昨年東京・京都で開催された「横山大観展」(私は京都の展覧会を見に行きました)、島根の足立美術館にも横山大観の展示があり、昨年こちらも見に行きましたが今回のは3回目の横山大観関連の展覧会鑑賞となります。

まずは大観の屋敷の設計図、欄干・照明のデザイン画・庭園の写真を展示。次に交流のあった画家、大観直筆の手紙を展示。大観の手紙は読めたが、ほかの作家の手紙は全く分からず。
 歴史ものの絵で知られる安田靫彦、前田青邨、菱田春草、速水御舟らが描いた色紙・絵画を展示。安田靫彦の「役小角」の絵を見て「歴史画で有名な人らしい絵」と思った。
 「 阿やめ」「達磨」「霊峰飛鶴」昨年の展覧会で見なかった作品が多かったが、「或る日の太平洋」は横山大観展で見た。
「生生流転」ほどのスケールではなかったものの四季を表した大きな絵画もスケールが大きかったです。
 最後は大観が授与された文化勲章・勲一等旭日大綬章、皇族など政府のお偉いさんが送った手紙、大観の邸宅に訪れたお客さんから依頼された用件を記録した冊子、大観がデザインした奥さん用の着物、帯、愛用の画材を展示
絵だけじゃなく着物のデザインまでしてたのは意外

【2019/03/17 00:20】 | 美術館・展覧会めぐり
トラックバック(0) |
本日はあべのハルカス美術館で開催されていた「驚異の超絶技巧-明治工芸から現代アートへ-」へお行ってきました。
当初行く予定はなかったものの(興味があってチケットを頼んだものの売り切れのため行くってことにならなかった)、有休を貰えたので行くことに。
明治時代は幕府が倒れたこと、廃刀令などで刀工、鎧師は職を失い、その技術を応用して工芸品を作り、外貨獲得のための「商品」を作っていたのだが、七宝、刺繍絵画、金工、木彫り、牙彫とジャンルを分けて展示。
最初は明治と現代のアートを一緒に展示。象牙で作られたキュウリは本物そっくりだし、象牙の代わりに鹿の角で作った花の彫刻は極限まで薄く彫られている、花が集まってできた香炉は緻密だわ、花+骨のオブジェは本物の花を石膏の型に入れて型を作って溶けた金属を流し込んで作るのだとか。かなり凝ったものを最初から見せてくれます。
 七宝・刺繍絵画のコーナーではどう見ても絵画にしか見えない作品が登場するわ、ハンドバッグの一部に蛇の頭が出てくるという造形のものも。ハンドバッグ・財布のオブジェは世相に対する皮肉が込められているとのこと。
 モノによっては裏面から見ることが出来、精巧な細工をさらに堪能できる。
自在(今でいう可動フィギュア)のコーナーってのがあり、鎧づくりの応用で作られているとのことで可動が仕込まれているうえ、本物そっくりに作られてる造形はすごい。明治時代に作られた虫の自在と現在の技術で作られた自在に蛇の骨格に可動を仕込んだ自在もあったが、蛇の骨格に可動を仕込んだものについては骨の個所はものすごく繊細な作業が必要なのに可動を両立させているところがすごいと思う。
 彫刻のコーナーでは本物そっくりに作られた果物、キノコ、干し柿がものすごくリアルに作られているし、現代アーティストのコーナーでも驚くしかないほど精巧な出来の美術品は素晴らしかった。

【2019/03/11 10:24】 | 美術館・展覧会めぐり
トラックバック(0) |
名古屋旅行の3日目はリニア・鉄道館へ行ってきました。
名古屋旅行に行ったら行きたかったスポットで入場券付きプランで今回の名古屋旅行に行ったほどです。
 入り口では最速記録を出したことのあるC62式蒸気機関車、リニアモーターカーの実験車両MLX01-1、新幹線の試験車両・955系新幹線試験車両が展示されていたけど照明が暗くてちょっと怖かった。

メインは新幹線が置かれているエリア。新幹線0系・100系・300系.700系がそろってる姿は圧巻。京都の鉄道博物館で0系、100系・E500系を見てるけど今回のは素晴らしかった。
新幹線は鉄道博物館とは異なり中に入ることが可能。この日は100系新幹線の運転席に入ることが出来、記念撮影をしてきました。
変わったとこで0系食堂車、100系食堂車(2階建て)、0系のグリーン車、ビュッフェ車、ドクターイエロー(0系ベースの922系)も見ることが出来た。0系のグリーン車が置かれているエリアは中に入ることが出来ず、ちらりと当時の面影がみられるだけ。

新幹線以外は国鉄時代にL特急として使われたクハ381型、キハ181といった特急・急行列車に現存数が少ない木製電車も展示。

京都鉄道博物館にもあった鉄道シュミレーターもあり。新幹線(N700系)と在来線の2種類が存在。本来なら抽選制だが、期間限定で先着でプレイ可能期間だったので在来線のシュミレーターに挑戦したものの、定刻通りに到着できなかった・・・

2階の展示スペースにはリニアモーターカーの歴史、仕組み、歴代の実験車を紹介。リニアモーターカーの構想は新幹線の開発とほぼ同時期なのに構想から50年以上たっても実用化されていないって亀並みに遅い気がする。

リニア・鉄道館に行ったあとは栄市と大須商店街へ。大須は大阪・なんば・日本橋の規模を少し大きくした感じの街で昔ながらの街並みが残っている。珍しいおもちゃ・雑貨、化粧品の店に興味津々でした。






























【2019/03/07 10:25】 | 美術館・展覧会めぐり
トラックバック(0) |
名古屋旅行2日目は博物館明治村へ。
子供の頃から機会があれば行きたいと思っていた場所で今回の旅行でようやく行くことができました。
 明治時代に建てられた建物を移築・展示している場所で普段やらない記念撮影に挑戦。明治時代の女学生の格好で。短大の卒業式では袴着で出席せず、洋服で出席したのでこういう形で袴着ができたのは貴重な体験。
 本に載っていた夏目漱石・森鴎外旧宅、旧帝国ホテル玄関に感激し、他、西郷従道邸、、北里研究所、金沢刑務所、川崎銀行本店、聖ザビエル教会等々・・・と完全に洋風の建物もあれば西園寺公望別荘「坐漁荘」、呉服座(芝居小屋)、銭湯と和風の建物も。宇治山田郵便局は修理のため立ち入りができませんでした。
西園寺公望別荘は中には入れませんでしたが「最後の元老」と言われていた人の別荘なのに地味というか堅実というか・・・
遅めのお昼はレストラン「浪漫亭」でオムライスを注文。
昼食後は旧帝国ホテル玄関、川崎銀行本店、鉄道局新橋工場、三重県庁舎を見学。
帝国ホテルは玄関・ロビーのみの移築だが、今でも伝統のあるホテルの建物ということもあり、落ち着ける建物でした。
鉄道局新橋工場では明治天皇と昭憲皇太后用のお召列車を展示。中には入れませんでしたが、ちらりと見える内部を見ると偉い人用の列車ということで内装は豪華
中の展示コーナーも面白かったし、日本のテーマパークでは3番目に広いとのことで、4時間ほどかけて散策してました。(村内バスも利用して)
















【2019/03/06 00:42】 | 美術館・展覧会めぐり
トラックバック(0) |
休暇をもらい、名古屋へ旅行に行ってきました。
1日目はノリタケの森とトヨタ産業技術記念館・徳川美術館がメイン。
ノリタケの森は国産ディナー用食器の代表ブランド・ノリタケの工場兼資料館でミュージアムで飾られていた歴代ディナー用ソーサーは綺麗で、制作の過程も実物を使って紹介されていてわかりやすい内容でした。

トヨタ産業技術記念館は元トヨタの最初の工場跡に建てられた記念館。
初代・豊田佐吉の時は自動織機の開発を行ったということで、歴代の織機、紡績機を紹介するとともに(明治時代に輸入された外国産紡績機も展示)、糸の製造過程、自動織機の仕組みを紹介。
自動車館:まずは豊田佐吉の息子・喜一郎が国産車1号を開発したときの工場を再現していたり、国産車ができるまでを紹介。
乗用車の後で国産トラック1号も開発。エンジンは既存のものを使ったが急ピッチで作った関係で故障が多かった・・ってことでアフターサービスの重要性を喜一郎氏は感じていて、今の自動車購入におけるアフターサービスの前身を考案した。
 トヨタの車1号AA型乗用車の複製から、初代カローラ・初代クラウン・初代カムリ・初代セルシオ、プリウスなどトヨタを代表する車が展示されており、思わず写真を撮りまくり。
 自動車の生産に関する展示、エンジンなど各パーツの変遷、フレーム構造、ボディの構造,車ができるまで、作業用ロボットの動態保存とこれまた機械好きにはたまらない展示がいっぱいで全部見るのに時間がかかった。

トヨタの工場をじっくり見ていたため徳川美術館へは4時過ぎに到着。ちょうど特別展の開催中で、常設展の武具、茶道具など尾張徳川家ゆかりの品の他、特別展でお雛様の展示があったってことでお雛様も見学。中でもすごかったのは福君の嫁入り道具として尾張家に贈られたお雛様用の調度品と尾張徳川家3世代の雛飾り、御殿式の飾りは豪勢。今の有職雛とは違う顔立ちのお雛様も飾られてて以前見たお雛様の展覧会より豪華な展示会でした。















【2019/03/05 20:34】 | 美術館・展覧会めぐり
トラックバック(0) |