日ごろ見たアニメやTV番組の感想など趣味をことを書き綴ったブログです
★新作商品紹介★


★ース騎のハセガワ版がバンダイ版に遅れること3か月後にリリース。バンダイ版とは違いファイター固定。バンダイ版は変形付きのものは立たせにくいという欠点があるのでハセガワ版を購入しようかな?★ ★VF-31Jハヤテ機のスーパーパック装備型が9月に登場。スーパーパック単体も同時リリース★ ★3D格闘ゲーのパイオニア「バーチャファイター」の晶がfigmaに登場。カクカクポリゴンの1仕様で立体化。サラも同時期に発売予定。(晶同様1仕様)ゲーム自体はガードボタンが別個に存在しているため、「鉄拳」よりも遊び辛かったな・・・★ ★第1部を元に実写化されているが、登場人物が全員日本人したりと出来は実写版進撃ばりの酷評を受けてしまった。★

【送料無料】仮面ライダーアギト Blu-ray BOX 1 【Blu-ray】
価格:16893円(税込、送料無料) (2016/9/4時点)



★元祖ワイルド系でギルスのご先祖・アマゾンがBDでリリース。必殺技が手刀で血が噴き出す描写はインパクト大。映像特典としてアマゾン役の岡崎徹とマサヒコ役の松田洋治の新規インタビュー収録。★ ★平成ライダー第二弾のアギトがBDに登場。平成の中では思い入れのある作品の一つで、合成まみれの戦闘シーンは好かんが、ドラマは良かったなぁ★ ★ワルキューレの2ndアルバムが秋にリリース。やはり美雲は小清水さんも歌えたのに他人のJUNNAに歌パートをやらせたのはおかしい。★ ★「レイアース」の主人公の一人・光がfigmaに登場。顔は原作ベースで作中でも印象深い猫耳用前髪パーツ付属。風ちゃん、海ちゃんも企画中★
★さらに新作★




★ギャバンの必殺武器・レーザーブレードが大人のトイとして登場。OPにBGMが流れ、大葉健二のセリフも聞けるがこの玩具用に新録。 ★マクロスΔのメインヒロイン・フレイアがデフォルトのステージ衣装で立体化。パーツの差し替えで「ルンピカ状態」も再現。★ ★原作版をイメージしたセーラームーンのフィギュアーツがリリース。第3部ver.で立体化するが、TVアニメ版とは異なり表情パーツが付かない。★ ★あの変態仮面実写版の第2弾が登場。世界中からパンティが消えるという事件に変態仮面が挑むが・・・鈴木亮平の肉体美、変態仮面の変態技が再びみられる。★

アイアムアヒーロー DVD通常版 [ 大泉洋 ]
価格:3160円(税込、送料無料) (2016/9/5時点)


機動戦士ガンダム THE ORIGIN 4【Blu-ray】 [ 矢立肇 ]
価格:5508円(税込、送料無料) (2016/9/5時点)


S.H.フィギュアーツ デビルマン D.C.[バンダイ]《01月予約》
価格:6550円(税込、送料別) (2016/9/7時点)


牙狼<GARO> Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ 小西大樹 ]
価格:28350円(税込、送料無料) (2016/9/7時点)


★同時期公開になったテラフォ実写版の惨さの陰に隠れていたものの、実はかなり好評だった「アイアム ア ヒーロー」がDVD・BDに登場。発売日は11月2日で通常版と豪華版の2種類リリース。ダメ男な主人公がゾンビ病が蔓延する世界で唯一の特技である射撃のスキルを活かしてサバイバルすることに・・という内容。原作は小学館漫画賞受賞作。★ ★シャアとセイラの過去を描いたORIGIN4部作の最終巻はシャアとララァの出会いを描く。主題歌は森口博子が担当するとのこと。来年からルウム編も制作予定とか。★ ★ありそうでなかったデビルマンがTVアニメ版で立体化。付属の鉄骨パーツでED「今日もどこかでデビルマン」の1シーンを再現可能★ ★昨年で10周年を迎えた牙狼の1期がBD化。TV版25話+未放送エピソード、TVSP「白夜の魔獣(DC版)」を収録。新規オーディオコメントなどの特典もあり。★
本日は横山大観展の前期へ行ってきました。
明治後期~昭和にかけて活躍された日本画家で
タダ券をもらっての鑑賞で、お客さんは50~70代のおじ様、おば様が多かったです。

 今年2月の東京旅行で「無我」を見ているが​「夜桜」「紅葉」お目当てで行きました。
 学生時代の卒業制作から始まる構成で総論として・・風景画は綺麗だが人物画はいまいちな作品も散見される。卒業制作として発表した作品に画集に掲載された後行方知れずだった所、近年になって発見されて今回公開された「白衣観音」はデッサンがガタガタってのは絵をかじってる自分でもなんとなくわかった。(自分もデッサン苦手なんですけど)
 風景画は水墨画がメイン。「彗星」は大観の事を取り上げたTVでも紹介されていたけど、彗星の箒部分はわざと墨を塗らず表現し、核と周囲の星は胡粉(日本画に使う白絵の具で貝を砕いて作る)というシンプルな構成ながら、彗星さえ日本画のネタにしてしまう所が非凡さを感じる。
「瀑布(ナイヤガラの滝・万里の長城)」は色が薄すぎて「??」となってしまった。
 富士山・海をお題にした絵も展示されており、そのうち「海山十題」(展示されていたのは一部)が売れたお金50万(当時のレートで)を軍に寄付し軍用機の資金になったとか。
代表作「生々流転」は全部合わせれば40mになる大作で3回に分けて展示。今回見たものは前半部分であらゆる技法を用いて制作されており、大きさで威圧される印象。
前期の目玉「夜桜」は1930年に開催されたローマ日本美術展のために制作した作品で日本=桜をアピールしているのがよくわかる。対で展示されていた「紅葉」は「夜桜」よりも華やかで日本画の良さがわかる展覧会の一つでした。


【額絵】 模写複製画 【無我】 横山大観[特小] [G4-BN001-ss]【代引き不可】
スポンサーサイト

【2018/06/19 21:46】 | 美術館・展覧会めぐり
トラックバック(0) |
本日見に行った展覧会は「REBIRTH 太陽の塔再生」「太陽の塔からみんぱくへ70年万博収集資料」。
両方とも太陽の塔内部一般公開記念として行われた企画展で「REBIRTH 太陽の塔再生」は当時のテーマ館の企画書・太陽の塔設計図から太陽の塔一般公開に踏み切った経緯、太陽の塔の歴史を紹介。
設計図はさっぱりわからなかったが、あの手のような箇所は当時は登れたということがわかったり、企画書から意図はなんとなく読み取れた
「太陽の塔からみんぱくへ70年万博収集資料」は太陽の塔地下(現在は閉鎖してるが、一部の展示物は現在太陽の塔内部で見られる)に飾られていた各民族の彫像・お面、生活道具、工芸品を展示しており、仮面と超像に関しては各種民族の独創性が見られ、生活道具ではそこそこ都会なヨーロッパの一部が民族性の強い工芸品を作っていたのは意外性があります。

【2018/05/24 00:16】 | 美術館・展覧会めぐり
トラックバック(0) |
本日はアサヒビール大山崎山荘美術館へ行ってきました。
以前から気になっていた場所でありましたが、今回見たい企画展があったので行きました。
アサヒビール創設者の山荘を改造して美術館にしたとのことですがステンドグラスがあったりと7当時の最新モードを搭載したお屋敷だったってのはわかります。
企画展の「ウィリアム・モリス展」はテキスタイル・家具・本の装丁がメインでテキスタイルのデザインが綺麗。本の装丁はアール・ヌーボー時代のデザインに通じるものを感じました。
地下ギャラリーのモネの睡蓮の絵も良かったけど、展示スペースが少ないせいもあってか入場料900円は割高と感じた。デパートの展覧会の規模を少々縮小した印象。


【2018/05/10 20:52】 | 美術館・展覧会めぐり
トラックバック(0) |
本日行った展覧会は「MINIATURE LIFE展-田中達也 見立ての世界-」。
ミニチュア写真家・田中達也の展覧会で文房具・食品サンプル・食器などを使用したミニチュア写真の展覧会で、一部の作品は現物も紹介。

展示されていた主な作品は・・・
・ココットをピサの斜塔に見立てた「収納下手な食器棚の奥にある世界遺産」、
・ストローを竹に見立てた「自分を曲げずにまっすぐ伸びよ。」
・コッペパンを新幹線に見立てた「新パン線」
・チョコミントアイスを地球に見立てた「地球は甘かった」、
・オクラをロケットと星に見立てた「この宇宙は真っ暗、、というよりオックラ。」
・ビールを夕焼け空に見立てた「夕日を浴びーる。」
・オカリナを潜水艦に見立てた「オカシナオカリナ」
・鍋のふたをUFOに見立てた「麺確認飛行物体」
・トウモロコシをロケット、ポップコーンを噴射煙に見立てた「トウモロコシ燃料ロケット」
・カリフラワーを冬の木に見立てた「カリフラワーもりもり」
・綿棒を流星雨に見立てた「耳座流星群」
・穴あけパンチでできた紙くずを雪に見立てた「穴あけパンチの雪。略して”アナ雪”」
・抹茶アイス(サンプル)を小山に見立てた「新緑抹茶御苑」
等々・・・
実際に使われているミニチュアフィギュアがかなり小さいことがわかるようにフォトフレームの余剰スペースにミニチュアフィギュアが置かれている作品があり、隅っこも楽しめるしかけがあり、「収納下手な食器棚の奥にある世界遺産」のココットがピサの斜塔だったり、パソコンのキーを棺、メモ帳の表紙をプールに見立てるなど「さすが」と唸ってしまう作品が多かったです。


公式Twitter
公式HP「MINIATURE CALENDAR」



















【2018/04/15 21:32】 | 美術館・展覧会めぐり
トラックバック(0) |
本日は京都・北山にある堂本印象美術館へ行ってきました。
昨年秋から行っていたリニューアル工事が完了した記念として行われた企画展がお目当てで行ってきました。
美術館の存在はかなり前から知っていたんですけど、興味を惹かれる展覧会がなかったのですが、リニューアル記念展ということに惹かれて行ってきました。
 
堂本印象美術館は日本画家の堂本印象が自分の作品を展示するため、1966年(昭和41年)に設立した美術館で、その斬新な外観は堂本印象自らのデザインによるもの。元々が日本画家ということで、展示物は日本画がメイン。堂本印象美術館ができて間もないころの展覧会のポスターが最初に登場。学生の展覧会に出てきそうなデザイン。「訶梨帝母」「調鞠図」「深草」「太子降誕」「木花咲耶姫」は日本画らしいんだけど、戦後は渡欧し、洋画の要素を取りこんだ絵画を描くようになり、モンドリアンデザイン、心象風景を図形化した絵画、面を重視した構図のもの、日本画の枠に囚われていない画風が斬新でした。

【2018/03/25 21:03】 | 美術館・展覧会めぐり
トラックバック(0) |
本日は京都文化博物館で行われていた「ターナー-風景の詩(うた)-」へ行きました。
イギリスの風景画家ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナーの展覧会で、当初行く予定ではなかったもののタダ券をもらって行ってきました。

 イギリスでの風景画が多いが、何度か旅行に行っていた・・ということでイギリス以外の場所を題材にした絵画、水彩画中心でエッチング・油絵も展示。
 水彩画・油絵が色の濃淡を駆使している、水彩画では今でも使われている技法を使い、光を表現している作品があり、今まで見た洋画の展覧会とは趣が異なるし、銅版画も案内によると納得できるまでターナーは彫師に何度も修正させたとのことだが、そのおかげなのか写真のように正確で綺麗でした。

【2018/03/24 21:30】 | 美術館・展覧会めぐり
トラックバック(0) |
今回行った展覧会は「くまのパディントン​​」展。昔からあって、最近に映画化してたんですが、作者のマイケル・ポンドの追悼を込めた企画として京都伊勢丹で開催されたもの。
当初行く予定はしてなかったものの、タダ券をもらったので行った次第。
絵本の挿絵メインでペギー・フォートラムという人のペン画をメインに様々なイラストレーターさんによるパディントン、パペットアニメで使用された人形、プロップ、作者が使用していたタイプライター・書簡、グッズを展示。グッズのうちパディントンのぬいぐるみが可愛い~

展覧会の後は催事へ。今回の催事は京都を中心に東京・大阪などの有名どころのパン屋が集まったもの。同時にスイーツの催事も開催されていて東京の「AND the FRIET」のポテトフライを購入。一度目の東京旅行で引換券が旅行プランの中にあったんですが、遊びに行く場所の関係で食べ損ねたのでいいチャンスということで購入。ディップは特製マヨネーズをチョイス。ディップなしで一度食べましたが、ポテト自体甘みがあり、ディップは酸味が強め。
他はTV番組で取り上げられていた青りんご・ブラムリーのジャムも購入しました。






【中古】 くまのパディントン パディントンの本 1 福音館文庫 物語S−2/マイケル・ボンド(著者),松岡享子(訳者),ペギーフォートナム(その他) 【中古】afb

【2018/02/28 20:43】 | 美術館・展覧会めぐり
トラックバック(0) |
本日は京都伊勢丹で「ガラスの仮面展」があったので見に行きました。
自分少女漫画が基本読めない体質で・・・という割には高橋真琴、羽海野チカの展覧会と少女漫画家の展覧会には何度か行ってるんですよねぇ。

モノクロ原稿を中心に展示。マヤが「椿姫」のチケット欲しさに出前をこなすシーン、月影先生が(「椿姫」を1度見ただけでセリフをすべて覚えてしまったマヤを見て)「恐ろしい子!」と笑うシーン、マヤのライバル姫川亜弓との演劇対決、マヤが月影からスパルタ式特訓を受けるシーン、母の死を知りショックに陥るマヤ等・・と原作の名場面の原稿を展示。
後はサブキャラ、速水真澄の名場面、白目を剥くキャラの描写、後半は「紅天女」の試演に向けて役作りに没頭するマヤと亜弓、失明の危機に陥った亜弓が母をコーチ役にして感覚を研ぎ澄ます・・と「紅天女」関連は最近の話から名場面を抜粋して展示。
白目を剥くキャラの描写は「嫉妬」「怒り」等の感情を現すためと解説にも載ってたが、一歩間違えたらギャグにしかならない。
最後はガラスの仮面以外の美内すずえの作品の原稿を展示。少女漫画が基本読めない体質なのでガラスの仮面原作は未読ですが、原稿を見てマヤと月影の特訓に嫌がらせをされてもアドリブなどで演技をやり通すマヤの役者根性は原稿を見て圧倒される。


ガラスの仮面ですが THE MOVIE〜女スパイの恋! 紫のバラは危険な香り!?〜【中古】

【2017/12/13 15:54】 | 美術館・展覧会めぐり
トラックバック(0) |
本日は「絵画の愉しみ、画家のたくらみ」を見に行きました。
ウッドワン美術館所蔵の美術品を紹介する内容で明治時代~昭和30年代の絵画を風景画・美人画・裸婦・群像とテーマを分けて展示。
 横山大観・上村松園・黒田清輝・岸田劉生・鏑木清貴・速水御舟・青木繁・安田靭彦など教科書や切手に取り上げられた画家の知らない作品が展示されており、岸田劉生の麗子像は有名なものとは微妙に違うんですが、美人画では日本画と西洋画では手法が全く違うんですが、日本画の方が繊細でした。
 裸婦像は西洋画中心で日本画家が裸婦像に挑戦した作品も存在。
 動物の絵は画家三名による鯉の絵が展示されており、同じお題でどう違うかを考えさせる内容のパネルが展示されていた。他の場所にも同じ風に考えさせるパネルが用意されていて絵の楽しみ方を考えさせてくれる内容の展示会でした。
 

【送料無料】 日本美術全集 (全20巻) 各巻単品売り
価格:16200円(税込、送料無料) (2017/11/23時点)



【2017/11/23 00:05】 | 美術館・展覧会めぐり
トラックバック(0) |
本日は国宝展の4期へ。尾形光琳の「燕子花図屏風」お目当てで行ってきました。
国宝展は本来見に行く予定をしていなかったんですが、タダ券を2枚もらったので行くことに。
今回は待ち時間50分とあったものの、実際は25分待ちで会場に入ることが出来ました。

・書の方は三蹟(小野道風・藤原佐理・藤原行成)の作品が最初に登場。力強さと繊細さが同居した書を、お経の写しは字の美しさを見ることができます。
・古代の遺物は3期と重複するんですが・・・昔歴史関連書籍に載っていた菅原道真使用の硯、藤原道長がお経を入れていた金銅製の筒も見られました。
・3階吹き抜けと2階からの2か所で「燕子花図屏風」を見たのですが・・・シンプルに燕子花だけを描いた絵は綺麗で目を奪われる。
・仏画はつい拝みたくなるほど。中国の絵「十六羅漢像」は皆の表情が異なっている、与謝蕪村の絵画は素朴だが、優美さを感じさせるほど。
・1F:絵巻物ののコーナーでは源氏物語絵巻「竹河」が展示されてましたが、3期にで展示されていた「柏木」同様周辺は人が多く、中々見ることが出来ないほどでなんとか見ることが出来たんですが、全体がうまく見られなかったなぁ。
法華経で仏様が一緒に描かれていたものも展示されたが、仏様が全て表情が違うし顔が素朴。
金細工では徳川の姫が輿入れ時に持参した調度品が展示されており、華やかだったなぁ

【2017/11/15 17:24】 | 美術館・展覧会めぐり
トラックバック(0) |