日ごろ見たアニメやTV番組の感想など趣味をことを書き綴ったブログです
★新作商品紹介★


★ース騎のハセガワ版がバンダイ版に遅れること3か月後にリリース。バンダイ版とは違いファイター固定。バンダイ版は変形付きのものは立たせにくいという欠点があるのでハセガワ版を購入しようかな?★ ★VF-31Jハヤテ機のスーパーパック装備型が9月に登場。スーパーパック単体も同時リリース★ ★3D格闘ゲーのパイオニア「バーチャファイター」の晶がfigmaに登場。カクカクポリゴンの1仕様で立体化。サラも同時期に発売予定。(晶同様1仕様)ゲーム自体はガードボタンが別個に存在しているため、「鉄拳」よりも遊び辛かったな・・・★ ★第1部を元に実写化されているが、登場人物が全員日本人したりと出来は実写版進撃ばりの酷評を受けてしまった。★

【送料無料】仮面ライダーアギト Blu-ray BOX 1 【Blu-ray】
価格:16893円(税込、送料無料) (2016/9/4時点)



★元祖ワイルド系でギルスのご先祖・アマゾンがBDでリリース。必殺技が手刀で血が噴き出す描写はインパクト大。映像特典としてアマゾン役の岡崎徹とマサヒコ役の松田洋治の新規インタビュー収録。★ ★平成ライダー第二弾のアギトがBDに登場。平成の中では思い入れのある作品の一つで、合成まみれの戦闘シーンは好かんが、ドラマは良かったなぁ★ ★ワルキューレの2ndアルバムが秋にリリース。やはり美雲は小清水さんも歌えたのに他人のJUNNAに歌パートをやらせたのはおかしい。★ ★「レイアース」の主人公の一人・光がfigmaに登場。顔は原作ベースで作中でも印象深い猫耳用前髪パーツ付属。風ちゃん、海ちゃんも企画中★
★さらに新作★




★ギャバンの必殺武器・レーザーブレードが大人のトイとして登場。OPにBGMが流れ、大葉健二のセリフも聞けるがこの玩具用に新録。 ★マクロスΔのメインヒロイン・フレイアがデフォルトのステージ衣装で立体化。パーツの差し替えで「ルンピカ状態」も再現。★ ★原作版をイメージしたセーラームーンのフィギュアーツがリリース。第3部ver.で立体化するが、TVアニメ版とは異なり表情パーツが付かない。★ ★あの変態仮面実写版の第2弾が登場。世界中からパンティが消えるという事件に変態仮面が挑むが・・・鈴木亮平の肉体美、変態仮面の変態技が再びみられる。★

アイアムアヒーロー DVD通常版 [ 大泉洋 ]
価格:3160円(税込、送料無料) (2016/9/5時点)


機動戦士ガンダム THE ORIGIN 4【Blu-ray】 [ 矢立肇 ]
価格:5508円(税込、送料無料) (2016/9/5時点)


S.H.フィギュアーツ デビルマン D.C.[バンダイ]《01月予約》
価格:6550円(税込、送料別) (2016/9/7時点)


牙狼<GARO> Blu-ray BOX【Blu-ray】 [ 小西大樹 ]
価格:28350円(税込、送料無料) (2016/9/7時点)


★同時期公開になったテラフォ実写版の惨さの陰に隠れていたものの、実はかなり好評だった「アイアム ア ヒーロー」がDVD・BDに登場。発売日は11月2日で通常版と豪華版の2種類リリース。ダメ男な主人公がゾンビ病が蔓延する世界で唯一の特技である射撃のスキルを活かしてサバイバルすることに・・という内容。原作は小学館漫画賞受賞作。★ ★シャアとセイラの過去を描いたORIGIN4部作の最終巻はシャアとララァの出会いを描く。主題歌は森口博子が担当するとのこと。来年からルウム編も制作予定とか。★ ★ありそうでなかったデビルマンがTVアニメ版で立体化。付属の鉄骨パーツでED「今日もどこかでデビルマン」の1シーンを再現可能★ ★昨年で10周年を迎えた牙狼の1期がBD化。TV版25話+未放送エピソード、TVSP「白夜の魔獣(DC版)」を収録。新規オーディオコメントなどの特典もあり。★
本日見た展覧会は細見美術館で開催されていた「杉浦非水-モダンデザインの先駆者-」。
明治・大正時代に活躍したグラフィックデザイナーの先駆者とのことで興味があり、行ってきました。

三越呉服店(今は大丸と合併)の宣伝ポスター、三越のPR誌の絵、地下鉄のご案内、カルピス、ヤマサ醤油のポスターの他に日本画、習作を書いたノート、絵葉書、デザイン帖の原稿を展示。

宣伝ポスターではヤマサ醤油、カルピスの宣伝ポスターが最初に展示されていて、ヤマサ醤油のポスターの一つはロケットに見えてしまった。
カルピスといえば今はペットボトルに入った原液が販売されてますけど、昔は瓶詰で包み紙で包まれていたということで包み紙が展示。
三越のポスター・地下鉄のPRポスターはモダンさが全面に出ている感じ。
内覧会のポスターは当時の日本のお国柄が出ているデザインで奈良時代の婦人の服装をした天女(?)が描かれていた

絵葉書は竹久夢二風で、デザイン帖は幾何学模様をメイン、繰り返しパターンが日本独自。
スポンサーサイト

【2017/04/20 20:08】 | 美術館・展覧会めぐり
トラックバック(0) |
本日は京都高島屋で開催されている「池田理代子展-ベルばらと共に-」へ行ってきました。
池田理代子のデビュー50周年記念の展覧会で髙島屋で開催されたのは2月のバレンタイン催事でベルばらとコラボした縁で?

先週プリーツ・プレイスで買い物をしたところ、店員さんにタダ券をもらったので本日四条に出たついでに行ってきました。

展示内容は貸本時代の作品・商業誌デビュー時~ベルばら前、ベルばら、オルフェウスの窓、女帝エカテリーナ、エロイカ(単行本化にあたり、「栄光のナポレオン-エロイカ」に改題)、聖徳太子、大王四神記などのカラーイラスト・原稿を展示。

「ベルばらコーナー」では名場面の原稿を宝塚版の名場面を比較して紹介。単行本などで使用されたカラーイラストも紹介されていたが、ベルばらは荒木伸吾・姫野美智コンビによるアニメ版のイラストの印象が強いため「コレジャナイ」感はあったものの、カラーイラストではPCイラストを描くにあたっての参考にはなったかな?
宝塚版の写真も一緒に見ていると・・アニメ「るろうに剣心」で剣心の声を担当した涼風真世は​宝塚版ベルばらに出ていたのは驚き。(涼風さんが宝塚出身ってのは知っていたけど)

あと大きく取り上げられたのは「オルフェウスの窓」。ある音楽学校にある「オルフェウスの窓」で巡り合ったカップルは悲恋に終わるジンクスがあった。男として育てられたユリウス、ロシア革命闘士という身分を隠すアレクセイ(クラウス)、ピアニストとしての才を持つイザークの3人の運命を史実を交えて描くというものだが、撮影可能エリアにはオルフェウスの窓を模したオブジェがあり、カラーイラストは軍服のかっこよさに感激・・

少女漫画は読めない体質で(全くってわけじゃないけど)、挙句の果てが女の癖にロボットが出てくるFSS、○○○○漫画読んじゃうほどの変わり者である私が昔行った高橋真琴展同様いいなぁと思った少女漫画の展覧会でした


雪組全国ツアー公演DVD 『ベルサイユのばら-オスカルとアンドレ編-』
​​
【送料無料】ベルサイユのばら Blu-ray BOX 【Blu-ray】

【2017/04/13 19:42】 | 美術館・展覧会めぐり
トラックバック(0) |
本日見た展覧会は「手塚治虫の美男美女展-優艶-」。
手塚治虫のマンガに登場する美男美女をお題に分けてカラーイラスト(雑誌連載時の扉絵)、生原稿で構成した展覧会。
展示されていた作品は
・リボンの騎士(サファイア・フランツ王子・ブラッド・ヘケート)
・火の鳥(火の鳥、タマミ(未来編)、カジカ(ヤマト編)、マリモ(太陽編)
・ブラックジャック(ピノコ・Drキリコ)
・奇子(あやこ):奇子
・陽だまりの樹
・七色いんこ(七色いんこ・千里万里子)
・ミクロイドS
・人間昆虫記
・ミッドナイト
・MU(ムウ)
・どろろ
・バンパイヤ(トッペイ・ロック)
・ジャングル大帝:レオ
・W(ワンダー)3:ボッコ・真一
・どろろ(百鬼丸)
・海のトリトン(トリトン・ピピ子(ピピ)
・プライム・ローズ(エミヤ)
・ふしぎなメルモ
・マグマ大使
・ユニコ
・やけっぱちのマリア
など・・・
サファイヤはかわいいの一言。奇子、人間昆虫記のイラストは妙に色っぽいんだけど、青年漫画で連載されていたから?全体的に丸みのある絵が多い手塚作品だが色気も醸しだすことに成功している所は、さすが漫画の神様。
手塚治虫記念館に数年前に訪れた割には手塚作品をあんまり読んでいなかったり・・

後半はコラボイラストを展示。マクロスシリーズのパッケージアートを担当した天神英貴がマグマ大使と火の鳥を、いのまたむつみがサファイア、美樹元晴彦がアトムを書いているけど、美樹元市のイラストは従来のものとは作風が違う。
picxivで投稿されていたコラボイラストも展示。

展覧会恒例の販売スペースには文庫版の手塚治虫全集、火の鳥、ブッダ、ブラックジャック、小学館版火の鳥などと言った著書が陳列されていましたが、これまた絵の展覧会ではお約束の複製原画も販売。昨年神戸で見かけた天然石を利用したモザイク画も販売されていましたが、天然石をふんだんに使っているためか○十万する作品も。

【2017/03/29 20:28】 | 美術館・展覧会めぐり
トラックバック(0) |
本日は細見美術館で開催された「アール・ヌーヴォーの装飾磁器」へと行ってきました。
アール・ヌーボーはフランス辺りで流行したわけですけど、今回の展覧会はドイツ・デンマーク・オランダ・日本のアール・ヌーボー風陶器の展示がメイン。
1月ににガレ・ドーム展、他にもアール・ヌーボー期のガラスの器の展覧会へ行きましたが、今回の展覧会の展示品もガラスの器同様凝った構造のものが多く、色は淡いものが中心。
 作品の中にはイヤープレートで知られるロイヤル・コペンハーゲンのものも登場。イヤープレート以外のロイヤルコペンハーゲンの商品も見たことがありますが、イヤープレートのような構図のものがあったり、凝った構造の花瓶とバラエティ豊か。
 ドイツのマイセンもアール・ヌーボー期に創立されたブランドとは知らなかった。
花瓶よりもソーサー・ティーセットのデザインが印象深く、いいデザインのティーセットでお茶を飲んでみたいです。
 デザイン的に日本のものと大差がない物も散見されたのですが、色使い、釉薬を使った技法とか見ていて綺麗でした。


ロイヤルコペンハーゲン Royal Copenhagen プラケット ミニプレート2000年

【2017/03/16 21:14】 | 美術館・展覧会めぐり
トラックバック(0) |
本日は大丸京都店で開催された「ムーミン絵本の世界展」へ行きました。
大丸京都店の展覧会へはあんまり行かないんですけど、(大丸に買い物する機会が少ないから)ムーミンの展覧会面白そうということで見に行きました。
実は原作者・トーベ・ヤンソンが書いたムーミン絵本は少なく、展覧会は公式カバー作家の原画展という体。線画原稿と彩色原画を比較して見られる風になっており、ムーミントロールとかミイが可愛いんですよね。
どこの雑貨屋へ行ってもムーミングッズが置いてある、勤め先にもムーミンのTシャツが売られてると人気が高いんですが、どれを見てもかわいい・・(今年のムーミンTシャツはデザインがいまいちだったか?)


【中古】単行本(実用) ≪児童書・絵本≫ ムーミン谷の彗星 / トーベ・ヤンソン【中古】afb

​​​
劇場版 ムーミン 南の海で楽しいバカンス 通常版[DVD](DVD)

【2017/03/15 17:57】 | 美術館・展覧会めぐり
トラックバック(0) |
本日はJR京都伊勢丹で開催されていた「世界の巨匠が子供だったころ」を見に行きました。

高名な画家の子供時代(~20歳)の絵や彫刻を展示。
最初は高村光太郎と夭折した姉の作品が展示。詩人で彫刻家として知られる高村光太郎ですが姉がいたというのは初耳。
ピカソのデッサンは一部欠落している場所はあったが、目の前に本物がある印象。横尾忠則のものは学生時代に描いたポスターからして個性がにじみ出ている。
平山郁夫が描いた日本画は既に大成しているというオーラが出ていたし、山下清の貼り絵は細やかでした。
知らない作家さんのものもありましたが、すべてに言えたのは10代から只者ではないオーラが見える作品でした。

FC2blog テーマ:絵画・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2016/09/08 20:16】 | 美術館・展覧会めぐり
トラックバック(0) |
本日は京都文化博物館で開催されていた「ダリ版画展」へ行ってきた。
以前行った京都市美術館開催のダリ展の半券を持っていたので200円引きの1000円で入場。
主に晩年期に制作された版画がメインでダンテの「神曲」を題材にしたものが最初に登場。「神曲」は「ダリ展」で見られた画風があるが、版画というよりは水彩画にしか見えない。

第2エリアはシュールエアリズム懐古という趣でよく用いているモチーフである蟻、柔らかい時計、異形の人型を並べた版画が展示されており、それに混じって引き出しの付いたビーナス像、キリン+ビーナス像、足の長いカバの彫刻が並べられており、版画と混じって異様さが出ているエリアです

第3エリアは日本民話に題材を取った版画を紹介。こちらのコーナーは絵本に採用されても違和感のないデザインも。

今回の展覧会は最初に「神曲」を題材にした版画を紹介してるところから宗教色の強い展覧会でした。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ダリ私の50の秘伝 [ サルバドール・ダリ ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2016/7/23時点)




商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

【アートポスター】セント・アンソニーの誘惑(281x358mm) -ダリ-
価格:1050円(税込、送料別) (2016/7/23時点)



【2016/07/22 21:58】 | 美術館・展覧会めぐり
トラックバック(0) |
本日有休をもらい、仕事の公休日と併せて高知旅行へ行ってきました。
1日目はひろめ市場~県立美術館へ。
 ひろめ市場ではカツオのたたき丼を食べまして・・見ている所で藁焼きにするので迫力があり、実際食べて見ると出来立てアツアツを食べられるのは最高でした。

 県立美術館はアール・デコ・アール・ヌーボー期のガラスの器の展覧会が開かれていたので見に行きました。アール・デコ・アール・ヌーボー期のガラスの器の展覧会は京都で開催されていたものを2度ほど見に行ってますが、高知でもやっていると聞いて見に行きましたが、これが良かった。
常設展はシャガールの展覧会でお題は「ダニフスとクロエ」。それに混じってお題と関係のない物も展示されていましたが、シャガールの幻想的な絵は見て居て楽しい。

美術館へ行った後は牧野植物園に行こうかなと思いましたが、ルートがわからない、バスは走っていないということで行くことを断念。残念です。

【2016/07/13 19:59】 | 美術館・展覧会めぐり
トラックバック(0) |
本日は京都市美術館で開催されていたダリ展に行ってきました。

仕事場の先輩から割引券をもらっての鑑賞。ダリの美術学校時代~晩年の作品を順を追って紹介されており、美術学校時代のものは比較的まともな画風で、キュビズム、シュールレアリズムに傾倒していたころから奇抜な絵になっていき、舞台装置・衣装のラフ、絵本、宝飾品の展示もされていましたが、有名な「記憶の固執(柔らかい時計)(La persistència de la memòria)」と「燃えるキリン」「目覚めの直前、柘榴のまわりを一匹の蜜蜂が飛んで生じた夢」は展示されておらず。
 日本の原爆投下後にかかれた絵画は原子モデルを一つの作品に見立てたものがあり、よく見ると原子が形を作ってるんですよ。
 シュールレアリズム期に描かれた絵も目の錯覚を利用したものがあり、以前見に行っただまし絵の展覧会同様目が疲れてしまいました。
 


FC2blog テーマ:アートイベント - ジャンル:学問・文化・芸術

【2016/07/06 20:39】 | 美術館・展覧会めぐり
トラックバック(0) |
本日は京都鉄道博物館と伊勢丹のギャラリーで開催された安西水丸展へ行ってきました。

<京都鉄道博物館>
子連れと鉄道好きが好きそうな場所ではあるんですが入り口には初代新幹線の0系、C62-26などが見られる。0系新幹線は神戸海洋博物館「カワサキワールド」で見ていますが、カワサキワールドのものは客席に入れましたが、鉄道博物館は展示スペースとなっている所以外は入れないようになってました。
ナシ-20-24は休憩スペースとなっており、元はブルートレインの食堂車だったとか。
マロネフ59形1号車はお召列車で明治・大正らしいデザイン。
本館の列車展示は・・クハネ581形35号車は写真で見た形でしたし、クハ489形は今のサンダーバードと同じく大阪-金沢を走っていたようで、プレートが掲げられていました。
後は500系と100系新幹線、トワイライトエクスプレスの車両などを展示。100系新幹線は修学旅行の時に乗っていたものだったので懐かしかったなぁ。
列車の他はエンジン、電車の種類(貨物車、電気式、ディーゼル機関車、新幹線、メンテ専用車両など)を解説するコーナー、各パーツの解説、日本における鉄道の歴史、先頭列車に飾るプレートなどを展示。先頭列車用プレートのデザインは個性的でしたね。
 2Fはシュミレーター、貨物車の説明、改札機、予約を行うコンピューターの展示と鉄道業界の裏側をメインに展示。シュミレーターは抽選制で当選した人だけが体験できるというもの。人気が高い企画だからか?
 関西の鉄道コーナーでは阪急電車・京阪電車・阪神電車・近鉄を紹介。番外で京都市電も取り上げられており。切符、PR用広告、制服などの資料が満載。

  • DSC_0002.JPG
  • DSC_0001.JPG
  • DSC_0013.JPG
  • DSC_0016.JPG
  • DSC_0020.JPG
  • DSC_0036.JPG

  • DSC_0014.JPG
  • DSC_0021.JPG
  • DSC_0022.JPG
  • DSC_0023.JPG
  • DSC_0024.JPG
  • DSC_0025.JPG







<安西水丸展>
言い方は失礼ですが、小学生が描いたような絵ではあるものの、懐かしさがこみあげてくる絵でどこかで見た印象の絵も何点か見られました。村上春樹の作品の表紙とか、自分のエッセイ・絵本・小説の表紙絵も展示。絵柄はあれなのにイメージを掻き立てられるものが多かったですね。

【2016/06/27 21:59】 | 美術館・展覧会めぐり
トラックバック(0) |